2005年01月09日

たぶん更新休止

たぶんまたしばらくは更新できません。ゴメンナサイ…。
場合によっては3月になるかも…。それは避けたいですが。
しかしこればっかりは運次第になりかねないので断言できないですね。
ゲームはしばらく買いませんが、ゲーム情報誌は買うので
何か叫びたいことがあったら雑感を更新します。
ホント、こんな状態が続いててすみません。


posted by 臣 at 23:00| ◆雑感 (日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

あけましておめでとうございます

今年も当サイトをよろしくお願いいたします。
ずっと2004年の雑感を表示させっぱなしもアレなので、更新させておきます。
しかし、何もゲームをしていないので書く事がないなぁ。
あ、この前久々に過去の雑感を見ていたらBLゲーム業界の経緯についての徒然があったのでそれに昨年度分を付け加えようかと。
本当は31日に更新する予定だったのですが、間に合わなくてそのままにしていたテキストがあるので。
以下、2004年+2005年のBLゲームについての徒然です。

以前の雑感ではそれぞれの年代を
 1999年〜2001年:黎明期
 2002年:成長期
 2003年:やや停滞期
と言っていました。
2004年は…どうだったのでしょうか。正直まだ停滞期かなぁと思います。
新規参入の多さ、中でも兄ブランドの経験を持っているブランドの新規参入は業界の成長に一役買っていると言えるでしょう。
しかしそれ以上に残念なのは実力のあったブランドが次々と開発停止・休止してしまったこと。
少し将来が不安になった瞬間でした。

昨年の既存メーカーにおける大きな変化は、なんと言っても過去にクソゲメーカーとして有名だったマリンハート弄り遊戯から起きた変貌は素晴らしいの一言に尽きます(実際にプレイしてみたらかなりひどいことが判明しましたが…)。
また、参入メーカーが増えたことによるのか、ゲームの内容もバラエティにとんだモノが増えてきましたね。
2003年から増えてきたPSへの移植はこの2004年にピークを迎えた気がします。過去の大作が一通りPS化した勢いですね。PS化することでBLゲームユーザーが増えると考えれば業界に良い影響を与えているのでしょう。

2004年の中で大作(特に規模的に)を上げるとすれば、王子さまLv2帝国千戦記FANATICAの3本でしょうか。
秀作そして僕らは、弄り遊戯学園プリンスあたり…?(ちょっと学プリは微妙かもですが)
 →違いました。<プレイ後のランク訂正Ver.は→コチラ

JACKINラシエル、を入れるかは迷うところですね。中堅ブランドが手がけているため手堅いという意味では秀作に値するゲームだと思います。ただ、特異な部分が多いかな。
今年は後半まったくプレイしていないので自信をもって紹介することができませんね…。


しかし、2004年に発売されたゲームで、最終的に印象に残るゲームは少ないという気がします。ホント、大作にあげたゲームくらいじゃないでしょうか。
成長期に比べると大作の本数の少なさが目に付くかな、と。
発売本数は27本と2002年以上の結果を残しているのに…。
今、二次創作同人誌が作られているゲームは、多くが2002年付近に出ている物です。
実際に先日の冬コミでどのゲームの同人があったのか、恋愛ゲームジャンルのサークルカットで見てみると…、
アポクリ(8)・王子(24)・あがけ(6)・楽園(6)・好きしょ(13)・Angel's Feather(10)・ヘヴン(107)・薔薇(6)・帝国千戦記(8)・冤罪(4)・それ僕(6)・カフェ(3)
という結果になりました。()内はサークル数。2サークル以下は切ってます。
もちろん二次創作されるかどうかだけで判断できるわけではありませんし、特に2004年後半発売のソフトはサークルカットに間に合わないでしょう。しかし、的のはずれた結果ではないように見えますね。見事に大作・秀作並みのソフトばかり。
成長期である2002年前後のゲームが強いです。特にヘヴン。今確認してこんなにあるのかとびっくりしました。
帝国が多めなのは発売年だったというのが大きいでしょう。
コミケのカタログでBLゲーム業界の推移を見ていくとおもしろいかもなぁ。

なんにせよ、あまり芳しくないというのが2004年の私の感想でした。後半あまりゲームがプレイできなかったのも響いてるかもしれませんが。
私的トップがもちろん王子2、次点が…そして僕らは、かな。ていうか、これの他にプレイしたのがラシエルとJACKINしかないのですが。しかも両方とも未コンプ。うう、ひどい状態だ。
なんにしろ、その中でパワーを感じたのが王子だけなのですよね。他も駄作ではまったくないのですが…おもしろいのですが…、なんとも…。たぶん弄り遊戯あたりはパワーがあったんじゃないかなぁと思います。もしプレイしていたら何か感じたんじゃないかな。
(そういえば春頃は薔薇やbirdieもプレイしていましたね。新作ではないのですっかり忘れてました)

とにかく来年は巻き返しを図りたいものです。春は忙しいので夏になってからが勝負ですね。
(…2004年1月の雑感みたらほぼ同じことが書いてあった…。二の舞?)
今のところ2005年で気になるゲームは、咎狗の血絶対服従命令かな。本当はカフェリンのPS版も気になるのですが、本体がないので…。
咎狗の血は原画がやや苦手な部分もありますが、シナリオに期待。
絶対服従命令はふつうにおもしろそうなので、笑いに期待。
ちょっと花町物語も気になるかなぁ。かなり出来が心配ですが。
来年もしマギアミスティカにお目見えできたら幸せです。一体いつプレイできるんだ〜!?
ピヨたんもそろそろかな? SPRAYはなんだかんだで全作購入しているのでこれもまたオフィシャル通販で買ってしまうかも。
2005年はそんな感じで。

今年の目標は10本のレビューを新しくアップする事です。抱負…。
うーん、厳しい…かも? いや、去年でさえ7本アップしていたんだからいけるはず…。

------------------------→訂正Ver.
posted by 臣 at 23:00| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa