2005年06月29日

怪盗ジェイド ユキ・御崎・True

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

久々にプレイ開始。週末がつぶれるのはイタイなぁ。
ここ数日、半徹しまくりです。

■ユキ
ユキルート〜。
これは…コナン? いや、事件の真相とかは筋道だってておもしろいっちゃおもしろいんですが、なんかこう微妙な気分。
中身がやや薄めだから、こういう壮大な展開にされると安直に見えてしまうのですよね〜。どんどん少年漫画のような展開に…。

ジェイドが理事長宅に盗みに入る理由がジェイドルートとは異なるんですね。こういうところは統一して欲しいところかな〜。それだけが理由というわけではないだとか、他ルートへの配慮があると好印象。ルートごとに別キャラになるのは好きくないのです。

Hシーン。即答したので真攻め。
相変わらずユキの喘ぎ声は高いっすね〜。ぼそぼそしゃべりのが好きだ。
でもって、CGが表情変化あるのは良いけど、ずっと笑ってばかりでちょっと違和感。まゆひそめるとか、不満顔とかそういう変化にした方が良いんじゃ…。セリフと合ってないんですよね〜。
ユキ攻めもこれならOK。かわええ。というか、結局、真×紺野以外はリバでも全然問題なかったな…。やはり攻め側の姿勢は大事だと思うのです。

ユキもBad,Good,Happyを見終わったので終了〜。
ユキとジェイドだけBestEndではなく、HappyEndなのですね〜。さすがはメインキャラ…。というか、それ以外が全部脇役なんだろうな。


■御崎
初めて先輩の存在価値が…。と思ったら微妙なところ。
というか、ここまで設定が変わるのはどうなんだ?
今までのルートで使われた魔法全部が「マジック」で済むとは思えないし。こういう根本的な設定は変えないで欲しいところ。
ユキルートの「全員眠らせる」はちょっとその設定キツイだろう…。

あれー、バッドに行っちゃった。どこで間違えたかなぁ。

終了〜。
御崎×真はいわゆる鬼畜系でしたが、コレなら問題なし。
私の許容範囲の鬼畜ラインがわかってきた…。素直じゃない・性格がひねくれている人間の愛情表現による鬼畜ならOKなんだ。さらに本人の自覚が必要。このタイプの鬼畜シチュなら非常に萌え。
しかし、ひねているどころではなく、異常者・変質者の域に入っていたらアウトなんだろうな〜。ただの鬼畜には萌えられませんよ。

そして! 真×御崎が非常に男前ですよ! 全ルートとおして真が一番男前だった…。しかも、今後もリバっぽい雰囲気漂わせているのが非常にGood。どちらかというと、ルートによって受け攻めが変わるという形よりも、1ルートの中でリバっぽい方が好きなのかも。
まあ、真×御崎に違和感はぬぐえないのですけどね。どうも御崎が親父受けに見えてしまって…。もうちょい若ければ良かったんだろうか?

最後はジェイドの抜けCG回収かな〜。たぶん、ベストエンドがあるっぽい?


■True
True End終了〜。
結局、設定はアレが基本なのか…。じゃあ、ユキルートで客を眠らせたのは誰? 薬?
コレさえなければなぁ…。

なかなかおもしろかったです。ジェイド・ユキ・御崎ルートは。
たぶん、紺野と秀ルートを一番最初にプレイしたのが間違いだったんだろうなぁ。
ジェイドを一番最初に攻略していたら、もうちょっと好印象だったと思います。
しかし紺野と秀ルートは、真相にまったく絡まないから内容が薄くて…。こんなのがこれからも続くのかと飽き飽きしてしまいましたよ。
予想に反して、残りのジェイド・ユキ・御崎は、ちゃんと中身がありました。

「24時、君のハートは盗まれる〜怪盗ジェイド〜」はこれにて終了!
次は「HEARTNER HEARTS」です〜〜vv
ようやく買えました。しかし、いつ届くんだ…。
とりあえず、2004年発売ゲームの更新強化月間は今月で終了。
来月からは2005年発売ゲームの更新強化月間にすることにします〜。

でも「HEARTNER HEARTS」が届かなかったら、2004年の続きに行くかも。届いてくれ、頼む。


posted by 臣 at 19:32| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

怪盗ジェイド 秀一郎・ジェイド

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

■秀一郎
このゲーム、かなり初期段階から各キャラルートに別れるんですね〜。それもまた短いんですが。
そのせいもあるのかも、イベントCGが少なく感じるの。
「共通ルートから最後に分岐」という方法の方が、長時間を個別よりも少ない枚数のCGでまかなえるし、余剰分をキャラルートに回せるから、お得な気がするんだけどなぁ。
秀ルートに入ったら魔法のカケラもなくなってびっくり。
全体のイメージは統一されてた方が好きかも。

塗りがたまにマリンハート風になるのはなんでだろうなー。
ちょっと問題なゲームかもしれない…。声優だけが無駄に豪華(そして、使い切れていない気が)。
これ、新品で買って損したかも…。中古で充分だわ。
まだ2人目ですが、残りもこういうふうに安直に進んでいくのかなぁ、と思うと…。
声優好きな人にお勧めなゲームなのかもしれません。反対に、ごくたまにしか声優に興味持たない私のようなプレイヤーは…。
シナリオがひどいせいでキャラ萌えもしにくいし。

なんで話をはしょるんだろう。わざとか?と言いたくなります。こうも必要であろうシーンを飛ばされると。いつの間にか恋人同士に。
秀ルートは紺野ルートより長いかも(それでも最初スキップして2時間弱程度ですが)。イベントCGも若干多いような…。
キスシーンにCGがあるだけでだいぶ違うと思うのですよ。

怪盗登場のムービーはスキップさせて欲しいなぁ。
秀にもリバがあるんですね〜。でもこっちのが納得。秀が譲ってくれて良かったね〜。
紺野ルートよりは真が男前になっていてよかったのですが、やはりいかにもな受けが攻めにまわるのは苦手らしい。リバOKなのは対等なカプの時ばかりなので。薔薇薔薇は良かったなぁ〜。

ところで、グッドエンドは笑いどころで良いんですよね?


■ジェイド
3週目はジェイド狙いで。
どうも秀ルートだけ特殊だった様子。ジェイドは紺野との共通ルート多かったので。
ユキルートと共通なのかな。
笑いどころなのか真面目なのかわからない、ジェイドがなんか好きです。
登場するたびになんか笑ってしまうので。

おお、ジェイドルートは長いですよ。ということは、ユキルートも長いのか??
今までと比べて、しっかりした中身があります。後半結構おもしろい。
想像していた怪盗モノに近いからかな?
まあ、さすがにパッケージに載っている二人ということか…。
いわゆる真相ルートがこのジェイド・ユキで、あとのキャラはオマケという感じなのかも。

すごくどうでもいいんですが、ノックの音が素早く4回というのがせわしなくて嫌。素早い2回くらいがいいです…。

ユキとジェイドの2者択一がちょっとツライ…。
ジェイド狙いでずっと来ていたんですが、ユキがかわいくて…。振り切るのが可愛そうですよ。

ユキの喘ぎ声が…。いつものテノールのままのがいいんですが。なんだ、あのかん高い声は…。
あらー、ノーマルEDだ。選択肢が多いからどれのせいかわからないや。とりあえずさかのぼることにします。どうやら泥棒はやめさせないのが正しいみたいだけど…。

かなり序盤が間違っていた様子。窓を見なければいけなかったようで。まあ、ユキに優しくしてたのも問題なのですが。
ようやくハッピーEDに到達できそうです。

またもや即答したら真が攻めになっちまった(笑)
でもこの展開なら違和感なく笑えるからOKです。紺野ルート時の攻めだけは受け受けしくて…。このルートは声も低いままでなおさらgood。やはり男前でないと。

終了〜。ジェイドは長かったなぁ。3〜4時間くらい? 途中で寝ちゃったからわからないや。
たぶんEDは回収し終わったので、ユキにでも行ってみるか。
posted by 臣 at 21:52| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怪盗ジェイド 紺野

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

紺野ルートの続きからです。
このゲーム心理描写とか色々な間の描写がまったくない…。いつの間にユキは優しくなったの? 理由はわかるけど、そういう心理描写を入れようよ…。
極めつけは、オレはどうしようもなく紺野に惹かれてしまっているんだーっていきなり何言い出すんだ。唐突にも程がある…。
まあ、そもそも勝手に人の過去を言いふらす主人公自体に違和感なんですが。
シナリオにシルバーカオスと似た臭いを感じます。
鹿住さん好きだったのに…。いや、問題はライターか。

うーん、最初の魔法設定には驚いたものの、展開的には好きな部分もあるんだよなぁ。ああ、ツメが甘いとイライラする〜〜!
いつの間に、カミングアウトできるくらい恋愛感情が強くなったんですか? 行間をもうちょっと詰めてくれ…。ていうか、将来を誓うんですか、そうですか。過程がないから薄っぺらすぎる…。

うへぇ、逆カプかよ。まさかそう来るとは…。
しかも、喘ぐのが攻めだけってのはどうなんだろう。攻めるなら漢であってくれ。
逆カプ自体は問題ないけど、受けが攻めをやるのは…。なんだか男女ではなく受け攻めという性別がつけられてるような。性別:受けという感じで。攻める以上は受けの立場を忘れてくれー。
真にはもう少し男前なところを見せて欲しかった。受け身の紺野はしっかり男前のまま。受けが男前なのは大好きですが、だからといって攻めが男前じゃないのは問題です。

またもやここで中断。あと少しなのに…。

もう次の日だけど、ここでいいやー。
中断したものの、速攻で終わりました〜。…中身薄いなぁ。というか、エロも薄めですね。最近は濃いのばかり見てたからなぁ。
しかし、エンドロール…。怪盗ジェイドの声優名が思いっきり出ているんですが。そりゃ、声聞いて何となくはわかりましたけどね。むしろ該当人物が他にいないし。でも、もうちょっと配慮があると未プレイな人間にとっては嬉しいなぁ、と。

たぶん最後の選択次第で受けにもまわるのでしょう。もう1回行ってみます。
おお出た出た。
やっぱり性別:受けにはこっちのが似合いますね。こっちの方が若干エロめです。
とりあえず終了。なんかCGが1カ所空いてますが。
全体的にイベントCGが少ない気がする…。画面小さいから作業量減るんじゃないかとも思うのだけどなぁ。
posted by 臣 at 00:08| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

怪盗ジェイド プレイ開始

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

とりあえず始めてみました〜、『24時、君のハートは盗まれる』。
CD必要なのがめんどくさい…。
雑誌でも紹介は眺める程度で、ほとんど予備知識無しでプレイしていたためか、イメージと大きな齟齬が。
魔法って何? すごくナチュラルに魔法魔法連呼してるけど…。
オフィシャル見たらちゃんと載ってました。そんな特殊設定があったとは…。
ちょっとばかり想像と違ってびっくり。普通の学園ものかと。

絵が綺麗なんだか何だかわからないなぁ。どうも何かが崩れているように見える。
塗りか? 線か? そもそもデッサン?
イマイチ原因がわかりにくい。

システムもちょっとわかりにくい。まあ、普通の選択肢と同じだと思えばいいのか。
設定画面の動作が若干遅いのはなんでだろう。カーソルがもたつく。
このゲームも画面が小さめなのですね。600×500前後。

とりあえず、紺野を途中から狙ってみました。
そうしたら急に紺野バッドED。何が何だかわからん。
でも、タイトルバーにED名が表示されるのは便利ですね。
2時間半弱くらいかなぁ。意外と短かった。グッドEDだと違うのかしら? バッドでは謎が何一つ解明されず不完全燃焼。
ちなみにボイスは面倒なので飛ばし気味。かわいい系の緑川主人公が違和感なのかも? だんだん慣れてきましたが。

初回プレイの感想としては(バッドだけど)、イマイチ中身がないかもしれん…。ものすごーく軽い気がします。すかすかー。


2週目〜。今度も紺野ルートで。
おお、紺野の過去を知らなきゃいけなかったのね。バッドには突入しませんでした。
しかし、秀がもともと持ってる情報を聞きに行ったのかと思ったら…、そんなインターネットで調べるくらいのこと自分でしようよ。安易っぷりが目立ってきました。
紺野ルート突入というところで一旦終了〜。
2徹なので今日こそは普通の時間に寝ます…。
posted by 臣 at 23:56| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷり・プリ買いました。

※当方、ぷり・プリ未プレイです。プレイ開始予定は7月末かな…。

あー、特典につられて買っちゃったー。しかも複数買い。まあ、別に未開封の本体は売っ払えるから良いんですが。
特典も1回聞いたら適当に売っ払うかもなぁ。ゲームプレイしてないせいか、執着がない。当然プレイまでは取っておきますけどね〜。今聞いても楽しめないだろうし。
なんだろう、すごく何か潮流に乗せられているような気がする。
未開封品が鎮座しています。
たぶん、しばらくはプレイしないかなぁ。もうちょっと過去に没頭します。
もしくは、今度ようやくハートナーを買うかもなので、2005年発売のゲームを順にプレイしていくか。
ハートナーが手に入ったら2005年のを順にプレイすると決めているのです。ファンディスク系は飛ばすしかないですけどね。

うーん、最近ことさら出費が激しい…。
面倒なので大規模のしか書いてませんが、裏でちょこちょこ未プレイゲームが増えています。秋葉原に行くとつい…。まあ、ゲーム名掲げて中古で買ったと公言するのもアレなので。中身がなさそうなゲームは新品で買う気にはなれませんよ。
なんかもうコレクターじみてるなぁ。
発売済ゲーム一覧を太字で埋めたい欲望の方が勝ってる気がする。
中身なさそうなヤツはプレイ後に全部消し去ってすべて売り払ったら爽快だろうなぁ。手元に残るゲームはいくつあるんだろう。

…でも、それが実行できるのはいつになることやら。
posted by 臣 at 09:23| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

6 / 19 (Sun) 更新

『ドーリィナイト』のレビューを新規追加しました。
同時に、攻略チャート(というか、フローチャート)もアップ。

メインページのゲームリスト、コンプしたゲームだけ太字にしてみました。

スタイルシートを微調整。文章が見やすくなっていると良いのですが…。
posted by 臣 at 19:26| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

ドーリィナイト ハルヒ・ユガ・アルスタット・セレン

ドーリィナイトのキャラ別プレイ日記です。大いにネタバレ、かつプレイ済みでないと意味不明だと思います。タスク・タガミ分は一昨日の雑感に記載。
ゲームのレビュー自体は本家にアップしてあります。
攻略チャートもアップしました。


■ハルヒ
たぶん、ハルヒルートかなぁ。
スキップが低速スキップです。でも今回ばかりはありがたいかも…。分岐からプレイし直すと、共通ルートの中のどの位置にいるのかさっぱりだから…。
一つ一つのルートが長すぎて分岐前後のストーリーを覚えていられないのですよ。低速スキップで流れていく文字列をある程度追えば、ああ、まだこの辺りなのか!と気づく。

キサラがかわいい〜〜vv
めっさ好み。こんだけしゃべるのに声がないんですね〜。
ハルヒルートはヒナが洋館に案内する理由がちゃんとあるんですね。でも、だったら他ルートは…?

このルートでもタスクパパ大活躍(笑)
「いったぁぁぁっ! ナンで殴るンスかっ!?」「……黙って殴らせろ」
パパ大好きだー!!
もうマジで笑える。すんごいツボ(笑)
なんか知らないけど、このライターさん、笑いのツボがものすごい合うんですよね。もう何度笑ったことか…。笑うシーンじゃなくても笑える。これはいかんのか?
まあ、主にタスクパパ絡みなんですが。一緒にお風呂とかダイレクトな性教育とか。
普段は、笑うシーンでも笑わせようとしているんだろうなぁとやや冷める方なのですが、ドーリィナイトでは笑うシーンで素直に笑える。めずらしい…。波長が合うのか??
王子やあがけでも非常に笑いましたけど、あれはギャグですしね〜。とりあえずめずらしいパターンです。

ハルヒが一番マトモなのかしら(笑)
「オレは変態かっ! 堪えろっ!堪えろっ! これは試練だっ!!」…って。
偉いなー、大人二人とは大違いだなー。大人二人はただ突っ走っただけだったのに。
エライ子だ。タスクパパの教えは強大なんだね。
しかし、えらく簡単に入ったなぁ。ドールならこれが普通なのかしら? だったら大人二人の痛がりっぷりは何? 大きさの違い?

只今AM2:36。ハルヒルートは何一つ謎が解明されなかったな…。
ドーリィナイト、かなりはまってます。おもしろいです。めずらし〜。


■ユガ
分岐をまたさかのぼって今度はユガです。スキップがきくからけっこう速くいけますね。
しかし、イベントCGがひどい…。おっさん描くの下手だなぁ。

いっそバッドEDに突入しても良いんじゃないかと思いましたが。
むしろ不自然だよなぁ。そりゃバッドになったらなったで物足りないって言うに決まっているんですが。
うーん、タスク萌えの私としてはその後のタスクの方が気になるわけですが。
とりあえず、このルートでほぼ全ての謎が解けました。タスク→タガミ→ユガと来て、ようやく1本につながった感じ。ユガが裏筋を補強しているっぽく細かい設定まで見事に説明してくださいました。マジで説明だったけど。
たぶん、アルスタットを見れば全部終わるのかな。アルスタットはマジで意外でした。びっくりした。確かに一人だけ趣向が違うなーとは思っていましたが…。
でも、こんな重要な真相をユガルートで知りたくなかった…。アルスタットルートで知るべき内容だと思う…。
やっぱりドールは性具なんですね。最初の大人2人とのHはなんだったんだろう…。

終了までに2時間強かな。スキップ使えるようになってからだいぶ短くなったなぁ。
あー、眠い。只今AM4:54。またもや徹夜です。寝よう。


■アルスタット
13:12再開。
また分岐まで戻ったらアルスタットに行きました。てっきりツワブキに行くかと。うーん、ユガより先にこちらを見るべきだったか…。いや、ユガで真相知ってからの方がおもしろいのかも。きっとこのルートですべての伏線が拾われるはずだし。

ジュンナは裏と表で声の使い分けまあまあできているんですが、アルスタットがわからん。ジュンナも変えてるんだから、アルスタットも聞いてわかるくらいには変えてくれ…。

16:01終了。3時間弱か、意外と短かったな。
アルスタットルートには選択肢が5個もありました〜。”も”?
どこかからセレンに分岐しているのかなぁ。
一番恋愛が自然だったかも。なんせ何十年越しですからね。エピローグが短めで少し残念。まぁ、ハルヒもユガも長かったからなぁ。
ところで、タスクとなんで知り合いなんでしょうか。わざわざ伏線を残して欲しくないのですが。


■セレン
16:58終了。1時間弱で終わった…。短い割には他ルートと同じくらいCGがあったので、むしろ多い印象に。
不完全燃焼。何一つ解決していません。なのに情報だけ放り出されたままだから…。なんだかものすごく蛇足ルートというかオマケルートというか、そういう印象がひしひしと…。
ミカゲの改心にも??だったし。
小さい子同士は見ててかわいいですね。個人的にはミカゲも混ざった3Pが見てみたかったのですが。
とりあえず、一番ヒナが幸せなルートだった気がします。このルート独自設定はそれだけかなー。
あとはツワブキで終わりかなー。


■ツワブキ
猟奇ってきくからどんなものかと思ったら…。拍子抜け。
愛のない鬼畜は好みじゃないから飛ばしまくったけど、そこまでスゴイ内容じゃなかったですね。たぶん。
22:06コンプ終了です。最後にツワブキの所にCGが1枚残りましたが、「お願いする」選べば出てきましたね。
うーん、最初の選択肢の「このまま仕事を見ている」を結局一度も使わないままコンプしてしまった…。この選択肢にどれだけ意味があるんだろう。
一応、最初の選択肢も見ておきます〜。

最初の選択肢変えてみました。変わらねー。「このまま仕事を見ている」なんて選択肢必要ないんじゃないか? 無駄なことを…。
攻略がむしろフローチャートになりそうだ。ていうか、なった。
あー、しかし低速スキップが辛かった…。最初の頃は良いけど、もう穴を探すだけのコンプ前後は一気にとばせるスキップが欲しい…。

ドーリィナイト終了です!
終わったあとは何も残ってないかなぁ。「あーおもしろかった、終わり!」で完全に終わるタイプのゲームだ。こういうタイプもめずらしいなぁ。
最近だと咎狗とか絶対服従とかはキャラ萌え・シーン回想がまだ印象に残ってたりもするのですが。ドーリィはプレイ中におもしろいおもしろいってハマって、終わった後は特に印象には残ってないかも。
posted by 臣 at 22:47| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

今日はプレイ無理だ…

今朝と今日の夜と、ドーリィナイトをプレイしようかどうか迷ったのですが、絶対終わらないのでやめておきました。眠い。
今から5時間はちょっと無理かなー。
ドーリィナイトがいつ終わるのかさっぱりわかりませんが(結構ハイペースでやってるのに…)、ドーリィの次は怪盗ジェイドです。正しくは「24時、君のハートは盗まれる」ですね。うーん、たぶん来週中には始められると思うのですが…。
その後が発売日順に、花蝕の罠・空の森と続きます〜。帝国千戦記で時間くいそうだなぁ。

2005年発売のゲームに達するのはいつ…?
コンプするタイプな人間なのも困難の原因。
HEARTNER HEARTSが買えたら、そちらに移ろうかとも思っているのですが、なかなか安く買えないですね…。投げ売りを待っているのですが。
ファナティカも待ち中。なんか株を見ているようだ。上がったり下がったり。
ぷり×ぷりはレビュー待ち。よっぽどじゃないと買いません。でもいつかはプレイしたいので値崩れ待ち。

というか、今後発売日買いしたいゲームがひとつもないよ…。
今のところ、マギア・ミスティカくらい? いつ出るかわからないけど。
まあ、だからこそ安心して過去のゲームに没頭できます。
今まで発売日までにオフィシャルで定価買いしたゲームといえば、好きしょ1〜4・Lしたいね!・カフェリン・楽園行・そして僕らは、・ラシエル・JACKIN。全部特典目当てですね。
単なる発売日買いは、王子1〜2・セラフィム・アポクリFANBOX・あがけ・恋愛心理学ファンディスク・絶対服従命令くらいかな。birdieはいつ買ったか覚えてない。
それ以外は全部発売後入手です。ヘヴンとかもオフィ通だけど、発売日後だしなぁ。

今、不思議な夢を見ました。
咎狗の関連本が同時に2冊発行されるという記事が、新聞広告か何かに載っていました。オフィシャルなコミックス(ただし18禁指定で流通)と、なぜかエヴァの庵野監督による解説本みたいなもの。
なんだコレ。よくわからん夢だ。一気に目が覚めた。
私は夢の中で冷静に、なんであの程度でコミックスが18禁になるんだろう、と考えていたようです。コミックスはバリバリ買うつもりでした。
posted by 臣 at 23:57| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6 / 16 (Thu) 更新

今日、本家とこのブログの文字サイズを1段階小さくしました。
文字が大きいとただでさえ長文なのに余計長く見えて読みにくいかなぁと思って。
実際、どちらの方が見やすいでしょうか?
まあ、スタイルシートで%指定しているだけなので、ブラウザの文字サイズからユーザー側で変えられますが。
ご意見等あればメールフォームからでもお聞かせ下さい。
posted by 臣 at 23:56| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

ドーリィナイト タスク・タガミ

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

■タスク
初回プレイでタスク×ジュンナにそこはかとなく萌え。あー、なんかツボだ…。むしろタスクが。ということでまずはタスクED攻略に決定♪
惜しむらくはシナリオとかセリフ回しがちょっと安直なんだよなぁ。だから先が読める部分もあり。これでシナリオが素晴らしかったらかなりのヒットなんですが…。

ようやくイベントCGが出てきた。ずーっとノベル読んでるみたいだったからなぁ…。冗長だけど、やはりおもしろい…のかな?
もうちょっとコンパクトにまとめて欲しいかも。

展開に?? タスク置いてけぼり? もうちょい徐々に出して欲しいところ。
あー、一気に佳境でした。納得はするけどちょっと強引かなー。
イベントCGの崩れがひどいっす。タスクがおっさんにしか見えない…。

初回プレイは7時間半でした〜。選択肢が3つしかないのにこんなに長いなんて…。その他のルートでどれだけ時間がかかるんだか。本当にビジュアルノベルだな。
この長さに対してCGが少ない気がする。前半まったくで、後半も後半の終盤になってから一気にCG展開。もうちょっと前にも振り分けて欲しいなぁ。
タスクEDは萌えかも。好きだー。
ちょっとHシーンの辺りは安直っぷりが目立ちましたけどね〜。しかし、ひどいデッサンだった。塗りも白すぎ。

別に見たいのはHシーンじゃないんですよね〜。私が萌えるのは大抵ベタベタしているシーンだから…。というか、タスク×ジュンナにはそれを求めていた。Hシーン自体もないよりはある方が良いけど、甘々がもっと見たかったです。
8:08終了。徹夜です…。これから寝ます。

■タガミ
タスクルートからの分岐。というか、選択肢が極端に少ないから総当たりでぶち当たったEDに行くことにします。
長い。なげーよ。もうちょっとコンパクトにならないものかなぁ。
これが人数分あるかと思うとちょっとうんざりかも。
しかも、特に動きがあるわけでもなく、イベントCGも出ないまま延々と続いていくから…。
ストーリー的には結構おもしろいのですが、とにかく長すぎ。
選択肢もないから一本道ですし。

超過保護なタスクがスゴイ。マジで嫁入り前の父親(笑)
かなり笑いました。タガミもタジタジだな…。しかもBGMまで緊迫したのが流れているからすごい(笑)

タスクルートではわからなかった情報が表に出てきて、なかなかおもしろくはあるのですが、基本的にヒナが何をしたいのかわからないんだよなぁ。タスクルートで一番最終の目的はわかったとして、それまでにジュンナに何をさせたいのか。危ないならなんで洋館に行かせるの? コンプすればわかるのか?

タガミはいつの間にジュンナに恋愛感情抱いてたんだろう。経緯がさっぱりわからない。やや気になってきた程度が一足飛びですね。もうちょい、タガミ側の心理描写が欲しかったところ。直情型っていうのはわかるんですが…。
しかし、タガミ自身には萌えていないせいか、タガミ×ジュンナはHシーンのが萌えかもなぁ。この二人にはそこまでベタベタを求めていないらしい。
というか、キスシーンに萌えなのかな? タスクにはなかったからなぁ。

ようやくエピローグ。ちょっと笑った。うーん、5時間くらいだったかなぁ。選択肢もなく延々と。
共通ルートをスキップでとばせるからか、途中でポンポンとCGが出てきたりしましたね。
もしかして、どのルートを通っても必ず情報漏れがあるんだろうか…。すべてが一気に解決するルートはないのか?
でも、すべての事件は未解決のまま終わったタスクルートよりは、タガミルートの方がいいかも。
18:26終了〜。やっと風呂に入れます…。
posted by 臣 at 18:26| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

ドーリィナイト プレイ開始

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

更新強化月間5本目、パペットのドーリィナイト・プレイ開始です〜。
…画面小さっ。小さいせいで数々のアイコンも見にくい。800×600は欲しいなぁ。スクリーンモードにはしたくないし。

序盤はおもしろそうかも?
しかし、絵がヘタレてる…。線画がなんとも。
システムはまったくもって高機能ではありませんが、右クリックの機能が選べるのと、右クリックリターンができるのは便利。
右クリックでバックログが開けるように設定しておけば、バックログからゲームに戻る時も右クリックでOKなので、そこそこ快適にプレイできます。
オートモードがないのはちょっと面倒だなぁ。最近はずっとオートだったので。あ、弄り遊戯は違うか。
非アクティブ時の動作はやっぱあった方がいいかな。BGMや音声を再生させっぱなしにできるようにしてほしいです。

プレイ中、なんだかローゼンメイデン思い出しました。外面は全然違うけど雛とか。声の雰囲気も似てるし。ドールだからだろうけど、漂う世界観もどこか似た感じ。
主人公自体も、たぶんジュンナが現実世界の人間という設定だったらうざそうだけど、ドールなら問題なし。おかしな所も、まあドールだし、と脳内で片づけられる。…たぶんドール、なんですよね??
こういう世界観好きだったのかなぁ。かなりさくさくと、おもしろく読んでいます。
ただ、セリフ長くてうっとうしいと飛ばしてしまいますが。
のんびり目なジュンナとヒナのセリフを中心に。
…タスク萌えっぽいかも。


深夜になったのでヘッドフォン付けているのですが、いろいろ弊害が…。
効果音・BGMやタスクの声が深く聞こえるのはすばらしいのですが、ヒナのかん高い声が直接耳に入ってきて響き渡る…。女性声は耳障りになりやすいので小さめにして欲しい…。
しかし、タスクの声いいなぁ。栗山浩一さんって誰だろ。実名みたいだけど、あまり有名どころには出演されてないみたいですね。他作品は見たことないや。

セリフ回しがなーんだか微妙っぽいのがだんだん気になってきたかな。
立ち絵も出れば出るほどやばくなっていく。
でも、結構はまってます。おもしろい。うーん、好みなのか?
突っ込むところは結構ある気がしますが、おもしろいから気にならない。
やっぱり違和感を回避できる設定があると便利ですよ!

しかし、この不自然な改行は何なんだろうな。コメントウィンドウ1画面に収まりそうなのに、わざわざ改ページさせる必要があるのか?
posted by 臣 at 23:00| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6 / 14 (Tue) 更新

『Artificial Mermaid〜シルバーカオス2〜』のレビューを新規追加しました。
同時に、攻略チャートもアップ。

王子さまLv2の攻略チャート回想モード一覧もちょっと訂正。少しだけわかりやすいように文章を変更。

メインページもちょっと変更。少しは見やすくなったかな??

次はドーリィナイトです〜。
posted by 臣 at 15:31| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

Artificial Mermaid キャラ別プレイ日記

以下は6/8〜6/12までプレイしていたArtificial Mermaid〜シルバーカオス2〜のキャラ別プレイ日記+各ルートの感想です。
ゲームのレビュー自体は本家にアップしてあります。
ほぼ好みの順番でプレイ。
イブキ→リオン→ジェイル→ツカサ→マオ→ロイ→ブラッド→オマケ 
攻略チャートもアップしました。


■イブキ
…ちょっと危ない人なのか? 恋愛感情芽生えるの早っ。
てっきりずっと一緒にいるうちにだんだんと…、なのかと思っていました。
せっかく萌えカプになるかと思ったのに…残念です。ちょっと期待している物と違った様子。

うーん、相変わらずHシーンは寒い。セリフも地文も。
商業小説でよくある系統のを読んでいる気分になる。小説ならうんざりしながらも読み飛ばせますが、ゲームだと一回に表示される文章が少ないから…。
今までの恋愛イベントはそこそこいい感じだったのに、告白以降はガタガタ。

CGが少なく見えてしまうなぁ。総枚数は多いのでしょうが、シナリオの長さ×キャラ数の多さで少なめに見えます。
パーツ替えがあればもう少し多めにも見えるのでしょうが…。
このルートは1つのイベントにつきCG1枚、さらにパーツ替えなしなので、ちょっと物足りない感。

エピローグで一気にCG使われましたね〜。あんな短いシーンに一気に3枚。全部のイベントでこういう風にポンポンCGが出てきたらすごかっただろうな。神業。
というか、エピローグを1〜2枚で終わらせて、他に分散させても良いのでは。

終了〜。スキップ使って2時間弱かな? 新規で医者のシーンがあるからちょっと長め。
ちょっと疑問なのが、郊外にある森は既になくなり灰色の世界ではなかったのかな? というか、地球上に
ラグシエルの力によって大きな森まで一瞬にして復活したの?
その力が空の雲を取り払い、身体の異常も取り去ったのはいいと思うのですよ。そういうものは神の力しか及ばない部分という感じもしますし。
でも、植物は人間の手でこれから育てていくものではないのかなぁ…。ものすごい些末なことだけど、違和感。
神様がするのは、土壌を豊かにして芽を生やさせるところまで、というイメージがあります。
人間ができる部分を甘やかしちゃいけませんよ。復興は人間の仕事。
枯れ木をよみがえらせる、ならわかるんですけどね。それは神様にしかできない範疇に入ると思うので。
郊外だから枯れ木が残っていたのか? そういうことでいいや。


■リオン
一番のお目当て。このキャラ単体で本来なら萌えタイプなんだけど…。
たしか、前作のヴェルナーもやや微妙だったんだよなぁ…。
でも前作より好きです。子供より大人のが好きだ。
さらにこういうのが攻めだとポイントアップ。
ただし、相手が体力・身体的に同レベルかやや上くらいの場合。
あまりに相手の方が強すぎると違和感が出てきてしまうから…。

しかし、いつの間に恋愛態勢に? 最初のキスは不意打ちで良いとして、それ以降もうそれが自然になってるの??
と思ったら、告白してたのか、あそこで。ていうかそれまで告白してなかったのか。うーん、どうなってるのか読み取れなかった…。まあ、それならまだ納得できなくもないかなぁ。
もう少し“破綻”じゃなくて伏線・設定なんだって、プレイヤーにわかるように書いてほしい…。回想シーンでようやく何のことかわかった。
告白の返事を迫るシーンはちょっと萌え。好きなんですよ、この子。

ネコ同士っぽいのは好きなのですが、私的希望としては受け身に徹して欲しくなかったなぁ。ヤリ合うのを希望。リバって意味じゃなくてね。
マグロじゃ萌え要素半減。
やっぱリオンが受けなら良かったのか? この場合は。強気受けに該当するし。


■ジェイル
これも比較的萌えタイプのキャラですね。
ユーリにちょっかい出してる時とか結構萌えなんですが、ほんのちょっと好みとずれる。少しセリフの流れがしつこいというか何というか。あー、ライターさんと感性が合わないよー。
でも今まででは一番好みの路線に近いので楽しみ。

ユーリが早く落ちすぎるのが問題か…。いつ恋愛感情抱いたの? ただ、ジェイルのフェロモンにヤられただけ??
それまでに恋愛感情抱くようなシーンなかったと思うんだけどなぁ。もうちょっと徐々に感じさせて欲しいところ。“徐々に”に見せようとしているシーンが既にわざとらしいので、その前段階が必要かと。
結構ストーリー的にも良いんですが、テンプレなんとかならんかなぁ。パターンが同じだ。
このルートは告白前後もしっかりしてましたが、中身はテンプレ。
でも他ルートより萌えてる気がする。

終了〜。やはり2時間弱くらい?
ジェイルルートはおもしろかったかも。好み。やっぱ強気受けはいいですよね…。萌え。
…そうですね、ユーリの性格の問題かも。
他ルートだとなよなよしてるところが嫌なんだろうなぁ、たぶん。
思い返してみれば、私の好きなゲームは健気受けじゃないものばかり。こんな所に好みが出ていたのか…。王子しかり、好きしょしかり、あがけ、カフェリン、薔薇薔薇…。
強気受けバンザイ。


■ツカサ
しかし、ユーリ内心で“苦笑”浮かべすぎ。
苦笑ってちょっと笑うことじゃないですよー。「にがにがしく思いながら、しかたなく笑うこと」ですよー。微笑ましいという意味はこめられていませんよー。…浮かべるのは“微笑”でいいと思う。
ライターさんにはちゃんとした日本語を使って欲しいな…。ちょっとした崩れや揺れなら問題ありませんが、そこに含められる意味が正反対じゃ大問題。

もう、セリフ全部聞くの面倒になってきたので、オートモードで音声再生を待たないにチェック入れてしまいました。ああ、さくさく進んで便利。速度もちょっと上げましたし。
しかし、なんでHシーンまでパターンなんだろうなぁ。毎回毎回「ユーリ…、綺麗だよ」系のが入るのがどうにもこうにも。


■マオ
微妙キャラその1。ショタ属性がゼロなので。いや、ゼロというわけでもないのか? 神無ノ鳥とかは激しく萌えた。ただしレンジャクに。
この子相手にどうHシーンを展開するんだろう…。知性がない子を手籠めにするというのがなんともはや。
あー、普通にしゃべってもらいたいよぅ…。前作のパムは普通に話す分まだ良かったんだけど…。アレは将来が期待株だし。

やはり話が安直なんだよなぁ。キャラにハマれない分、それが目立ちます。
もう6回目ともなると、展開にも飽きてくるんですよね…。同じようなところをいっそ共通にルートにしてもらいたいくらい。そうすればスキップできるのに…。
それこそパターン化がさらに進むんでしょうが。
うー、ダメだ。何も知らない小さい子に、なんでそこまで一足飛びにあれこれできるんだ? ちょっと異常者の域に入っちゃいますよー。
ショタにしろ、もうちょい色々分かってる子ならいいんですが…。これは拒否反応だ。疲れる。後半すっ飛ばしまくりました。


■ロイ
マッチョタイプも苦手なため、さらに早く終わらせたかったので、かなりの斜め読みでした…。オートモードを使わず、マウスのホイールボタン転がしまくって。
なので感想がない…。ジェイルとの絡みがいい感じでした。


■ブラッド
最後に鬼畜医師を。このタイプあまり好きじゃないみたいだなぁ。
好きしょの水都タイプ。
偏執的な愛は好きなんですが、いかにもな鬼畜っぽいキャラはNGらしい。
てっきり鬼畜好きだと今まで思ってましたのですが…。
重要なのは愛ですね、愛。
ヘブンの中嶋はたぶんギリギリ。中嶋は鬼畜度合いがそこまで強くなかったし、主人公への愛が多少は見えたから大丈夫だったのかも。普段も良い性格してますし、キャラ的にも好みだったのでNGまでいかなかったのでしょう。
鬼畜自体は好きですが、単なる鬼畜行為には萌えられませんよ。
「パターン的な鬼畜+心の奥底には偏執的な愛」というのが嫌らしい。
ある程度見えるくらいのラブが欲しい…。

ところで、前立腺どこにあるんすか?
そんな簡単に触れるところにあるんですか?
穴に指突っ込んでるようには見えませんが。不思議。

ちなみに幇助は「ほうじょ」と読みます。ロイ役誰だっけなぁ…。

ブラッドED終了〜。
このEDが今までで一番好きかも。すごく自然で。その後、メンバーが何してるかという後日談がいい感じでしたね。冤罪でも同じようなこと思ったっけなぁ。
大人版ユーリも好印象。やっぱ大人のが好きだー。


■ボーリング大会
ラグシエルが終わってシーン回想を全部埋めたことで、おまけシナリオが発生しました。
なかなかにキャラが壊れてます。イブキが変態街道まっしぐらだ…。
やべー、笑った。こんなオチになるとは…(笑)
途中まではさらっと流せるパターンでしたが、最後にこんな単純明快な仕掛けがあるとは思っていませんでしたよ。盲点。
posted by 臣 at 23:36| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

Artificial Mermaid 初回プレイ終了。

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

シルバーカオス2と銘打たれてましたが、全く別にしても良いんじゃ…と思ったゲームでした。共通はラグシエルだけで良いよ、たぶん。

いやー、ツッコミどころ盛りだくさん。
もう今さら状態ですが。これだけガンガン出てくると、いっそすっ飛ばしちまえ!な気分に。

ライターさんとは本当に趣味が合わない…。
優等生ぶった正義感な発言はそのキャラ的にどうよ? もう少し表現変えられないかなぁ。
地文の入れ方がどうも下手なんですよね。仰々しいというか大袈裟というか。
それがユーリの視点で描かれてるから、主人公がどんどんうさんくさくなる…。
ふと思ったことですが、主人公に好感が持てるor悪感情を覚えないゲームは、大抵おもしろいと思えるゲームな気がする。ゲームの進行視点が主人公オンリーだとしたら、余計に主人公は大事ですね。

…あぁ、そうか。おキレイすぎるんだ、主人公サイドの人間が。そのセリフが。
警察で危険な任務に当たっているのなら最悪な事態も想定できるだろうに、これが人間の手で行われた物なのか…ってなんだそりゃ。
しかも、凄惨という程ひどい状態でもなく、十分想定の範囲内では?
もともと遺伝子操作が行われているというレポートがあって、それを悪用している組織があるとすれば、その答えなんか明白だと思うんだけどなぁ。
価値観・考え方の違う世界らしい。現代と同じに考えるとダメなんでしょうね。
あれか? 良いことを信じる宗教のせい? そういう理由ならまだ納得できる…。
まあ、警察は汚い裏取引があるものという私的前提もアレなんですが。
さらに私個人としても、ゲームでは裏のあるキャラのが好きだからなぁ。
というか、誰しも裏は持ってるのが普通っちゃ普通ですが。


佳境です。すべての謎が解き明かされていきます。
おお、なかなかうまい! 予想外な展開でした。破綻部分のつじつまが合ってきましたね。
テンポもなかなか良いです。一気にどシリアスな感じになりました。
しかしユーリが一人かわいそうだな。ここまで全否定された主人公って…。
立ち直り方にもうちょい何か欲しかったかなぁ。まあ、あれ以上引っ張られてもウザイだけになるのかもしれないけど。
「〜であった」をいちいち文末につけるのはヤメテ…。せっかくなのに一気に冷める。「〜だ」または体言止めなら自然なのになんで毎回…。
あと「〜!」の多用もほどほどに。

悪役を定めるのならもうちょっと段階ふんで欲しいかも。一気にあの人が悪役に祭り上げられたよ…。まさかもう確定状態とは。まだグレーゾーンかと思ってました。もうちょい後で十分だっただろうに。失敗作捕獲後とか。
ラグシエルがなぁ、どうにも。この神様好かんのですよね。
ちなみに“かぶりを振る”は頭を左右に振ることですよー。否定形ですよー。

ブラッドのいうことも確かに正しいよな〜。結局ツカサの傲慢には違いないし。
宗教がからむと面倒ですね。邪教徒ではないからといって、ツカサ自身が己の行いを間違っていないとしているのが微妙なり。
悪役がかっちょ悪いなぁ、能弁しかたれないし。カッコイイ悪役が見たい…。
戦闘シーンは相変わらず微妙なところだ。

やっぱり、邪教が滅んだから世界が救われたってところがネックかなぁ。
犯罪組織を壊滅させたから街が救われたの方が私的に自然なのですよね。規模と宗教の問題?
光がある以上闇が生まれるのは当然だと思うから、完全に滅ぶというのもおかしな感じだし。まあ、また復活するのか? それっぽいことも言ってたし。

終わりました。意外性のある佳境はいい感じでしたが、終わりが若干スピードダウンかな。
言ってしまえば読める展開。なのにテンポは悪い。
あー、しかし長かった〜。ボイス聞いて9時間弱かな? たぶん。
posted by 臣 at 19:49| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

Artificial Mermaid プレイ中

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

シルバーカオスの続編です。
システムは素晴らしいですね! 前作からさらにパワーアップしてます。
主人公の声プログレスか…。ちょっとやる気なくす要因かも。攻め声はいいんだけどね…。

口パクはすごいのですが、それがセリフにあってないと余計にミスマッチ。
口パクよりも表情変化を付けるべきじゃないかなぁ。そちらの方が大変だとは思いますが。
能面のような顔で口だけ小刻みに動くのはちょっとホラー。
立ち絵は相変わらず、要改善、ですね。
アポクリはキャラ的にも口パクに違和感ないキャラ+原画だったけど、シルバーカオスには向かない気がする…。
(結局、絵柄ではなく角度の問題だったけど)
立ち絵、全員が真っ正面向いてるのがミスマッチの原因だと思う。眼もまっすぐ。
やはり立ち絵は無難に使い回しが聞くタイプにして、コメントウィンドウに顔グラフィックを入れるのが、一番だと思うなぁ。立ち絵変化は大変そうだし。
…ていうか、立ち絵オンリーでも困った顔のパーツがあるんなら使おうよ…。無いのかと思ってた。
イブキの立ち絵はちょっと傾いてるからか、けっこう自然な気がする。
うん、ちょっとでも角度つければいいんだよな〜。そうすれば他のキャラも普通になるかも。


しかし相変わらずだな〜、この紋切りシナリオ(笑)
〜なのだ。〜だった。〜なのである。
設定はうまいと思いますし、その設定の説明もそこまで不自然にならない程度にされているとは思いますが、その説明時の文章が延々と紋切り(笑)
変わらないなぁ。

そして微妙な破綻っぷりも相変わらず。
ユーリの心中で、ロイに対して「目の前にいる男は知らないが…」と書いておきながら、その直後に「噂ではリーダー的存在らしいけど…」って、言ってること違うじゃんか! 知らない人じゃなかったのかよ!
ユーリ視点でもの語りが進むのなら、いくら地文が神視点でもユーリの知らない情報を説明するのはヤメテ欲しい。ユーリがその情報を知った上で説明があるならいいんだけど…。
なーんか、喉に魚の小骨がチクチクするかのような、そういう違和感をすでに何度も味わいました。
ホント、変わらないなぁ。

違和感が気になってなかなかゲームに集中できないのですが、それでも弄り遊戯の時より集中している気がする。そこまで投げやりにならずに文章を追えてる。視線がななめだけど。
やはりシステムは大事だと思うのですよ。オートモードはラクチン。読むに徹することができるからでしょうね。
弄り遊戯にも機能自体はありましたけど、やはり速さも微調整できないとね〜。声があるのもちがうのかなぁ。弄り遊戯に声があったら良かったのかもなぁ。
こんなこと思うのは初めてだ。普段声なし派なのに。


ああ、だんだん微妙になってきた。違和感がどんどん積み重なってきて…。
ライターさんと嗜好も思考もあわないんだな…。
そこでなんでそう考えるよ!?とか、いちいち大袈裟なんだよ…とか。
posted by 臣 at 20:07| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6 / 8 (Wed) 更新

『弄り遊戯』を更新しました。
メッセサンオーの通販特典『特別編〜あいつに執着する理由〜』のレビューを追加。
穂高萌え。裏辰巳萌え。二宮編がおもしろかった。マリンハートなのにすごいよ!
posted by 臣 at 18:08| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

Cool-B、他新刊

Cool-B VOL.2買いました。
だんだん、BLゲーム情報誌を買っても読むページが少なくなってきた…。
楽しみなゲームが今のところないのですよね。花町物語もギリギリ。
今回、新しい作品が2つ載っていましたが、イマイチ琴線に触れませんし。
熱心に読むのが書き下ろしSSだけ…。
あぁ、最近は声優さんの記事も結構しっかり読んでますね。
ちょうど今号は福山潤インタビューだったので。
咎狗の血での福山さんの演技には惚れた…。あのリンはマジですごいっす。
咎狗の血の特典CDではかなりあっぱらぱーでしたが、インタビューは真面目(笑)
のっけから「どーも!リン役の鬼龍院隼人です。改名しました。 前に出た時はジュンジュンでしたー。…あ、声聞けばわかりますか、はい、すみません。あ、次に〜」だったし。自らバラすのか!とちょっと笑いました。
濡れ場、ちゃんとエロかったですよ〜。ってここで言っても意味ないですが。

今回一番おもしろかったのは、絶対服従命令のSSかな。やっぱ由良さんの絵好きかも。
咎狗の血SSはちょっと微妙? ほのぼのかラブが見たいっす。リン〜〜〜!
最後はちょいラブで萌えそうになったけど、不完全燃焼のまま流されてしまった…。
そして僕らは、も結構好きでした。薔薇薔薇とbirdieはちょい微妙。なんともコメントしがたい。薔薇のあずさはかわいかったけど。
SS以外だと、上にも書いた福山さんのインタビューが興味深かったかなぁ。あと花町物語の紹介ページとか。
他は全体的にイマイチというかちゃんと見てないというか。
アインの新作買わないかもな…。絵がどうにも好みでなくて…。今後の情報に期待。
マギア・ミスティカの情報が何かあれば嬉しかったんだけどなぁ。


ルビー文庫の崎谷さんの新刊「耳をすませばかすかな海」を買いましたー。
萌え…。マジで何度も読み返すくらい萌え。
思いっきりツボにはまりました。
今回は年下攻めなのですが、受けがなよなよして従順なだけの弱いタイプでないのがいいですね。むしろ遊びまくっててすれてる受けが主導権握ってる。崎谷さんのお話は受けにリードがある方が萌えやすいのかも。
俺様受けというだけでなく、強気攻めなのもポイント。受けにただ翻弄されるだけの攻めだと喝いれたくなるので。
崎谷さんはHシーンで受けが白痴化しやすいのがアレなのですが、この作品は受けが強気なためほぼそのようなこともなく、安心して読めました。
受けが堕ちた後も比較的安定してたし。心を許したショーイが非常に萌え。
今回、帯がフェア用の帯になっていましたが、もし通常の帯だったらこのセリフが煽り文句に入る気がします。
「思うんだけど……、あんたじつはけっこう、俺のこと好きだよな」
このセリフが特にツボにはまりました。それに反応する強気受け萌え。
ちなみにオマケの大智×瀬里はイマイチ。Hシーン、もっと短くさらっとした感じで十分です。このカプにエロは求めてないんですよ。ほのぼのに萌えたいんだよなぁ…。

ゲームの方は明日からまた再開します〜。予告通りシルバーカオス2から。

HEARTNER HEARTSが購入できたら、2005年発売のゲームを先に片づけようかとも思いましたが、結局買えなかったので、HEARTNER HEARTSも修業旅行も後回し〜〜。
2004年発売リストをまずは制覇だ!
posted by 臣 at 23:14| Comment(0) | ◆本 (マンガ・小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

6 / 5 (Sun) 更新

『弄り遊戯』のレビューを新規追加しました。
posted by 臣 at 19:02| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弄り遊戯 プレイ日記

上からプレイ順です〜。
各EDの感想のみ。レビューは本家にアップしてあります。
6/4 17時からプレイして、6/5 4時に終了。1日もかからずフルコンプか…。中身薄っ。萌えたは萌えましたが。

■二宮
プレイ時間2時間くらいだったか?
確かに萌えました。
ここまでシナリオがひどいのに、萌えたり泣けたりするのはある意味すごいと思います。
ストーリーはひどい。展開早すぎて何じゃそりゃ状態。
ご都合主義がものすごい勢いで横行しまくってて、それをプレイヤーにありありと気づかせてしまう、とてもプロとは言えない文章。
Hシーンひどいよ。ろくに慣らさないし、タイルの上はケガしそうで気になった。
でも、Hシーンの前後に萌え、喧嘩別れにパターンだなぁと思いながらも泣きそうになり、その後にまた萌えたのがすごい。
ツボを押さえているんでしょうね。

■大沢
中身薄いけど展開的にはおもしろかったです。結構好きなED。襲い受けバンザイ。小悪魔大好き。
てっきり選択肢で、あの3人と4Pするのかと思いきや…。
大沢はなんとなく好きだ。一番突き抜けてる。

■奴隷
上からの分岐。
こっちであの3人と4Pかと思いきや、結局大沢だったか。
このライターさん、Hがエロイなぁ…。中身無しのオカズ用エロゲに近い部分があり。
バリエーション豊富。

■4P
あ、やっと4Pだ。呼び出し受けなきゃ良かったのか。
今までの中では一番読めたかも。比較的嘘くさくなくて。
女装やらバニーやら変わったシチュが多いなぁ。

あれー、辰巳狙おうと思ってたらまた4Pにいっちゃった。ルート制限あるのかな?
んじゃ、香坂と穂高いってからにするか…。

■香坂
バッドでした。
なんというか、こういう情の全くない方がストーリーがない分自然かも。
女の色気に堕落しただけというか何というか。
香坂が優しいだけでちょっと気味悪かったけど、キャラ的には萌え。
クールビューティーは好きですよ〜。
これからグッドにいきますが、優しいままじゃ終わらないんだろうなぁ…。せっかくの萌えキャラなのに。

グッド終了。
やはり萌えキャラだ。本性出ててもさりげなく優しいのがポイント。
本性のところは定番っぽくてなんか微妙でしたが。
でもEDには萌え。そこまで奴隷奴隷してなかったし。
情があれば被虐もOK。

■穂高
うぉ、初めて2次会行くか行かないかの選択肢が出てきた。
穂高ルートでなんかルート制限はずれるのか? 香坂クリアしたから?
中途半端な選択肢選びまくってたら、よくわからないEDになってしまった…。
辰巳ED?? 穂高はアメリカいっちゃったし…。
とりあえずバッドへ。
このルートが一番唐突だな…。今まで穂高にそんな素振りカケラもなかったのに、急に陸にメロメロなんすか? 単なる対抗意識かと思いきや、ゾッコンみたいな事言うし。

ベストは結構好きかも。このゲーム今まで全部そうだけど、「大団円」というわけでもなくて。
金子ED終了〜。なんだこりゃ(笑) いいなぁ、このゲーム気にいった。こういうわけわからないノリ大好きv
ルート全部見て2時間くらいで終わったかな。既読スキップが使えりゃもっと速いし楽なんだけど…。

■辰巳
さていよいよ本命。どうやらルート制限云々ではなく一番最初の選択肢から間違っていた様子…。CGがあるのとないのじゃ大違いだわな。
萌えー。
辰巳萌え。ベストEDの最後のやりとりが微妙だけど、それ以外は萌えー。
普通のHもなぜかエロイなぁ、このライターさん。

穂高も恐れる裏辰巳って言うからどんなもんかと思いきや…。拍子抜け。大沢みたいなバックがあるのかと。
うーん、やっぱラブい方が好きっすね〜。

炬燵と兄ちゃんも終わったので弄り遊戯終了〜。
兄ちゃんのをもうちょっと見てみたかったかなぁ。
年取ると許容範囲広くなるものですね〜。昔、近親モノは苦手だったんですが。

コンプ終了!
次はシルバーカオス2です。
posted by 臣 at 04:06| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

弄り遊戯 プレイ開始

あー、絶対服従命令・咎狗の血の後にこれを選んだのはかわいそうだったかな…。
作り込みのレベルの差が歴然です。
ちなみにどれからプレイするか悩むので、2004年から発売日順にプレイすることに。プレイできなくなったのこの辺からですし。
そして僕らは、はプレイ済みなので、弄り遊戯にしました。
プレイし始めたばかりで内容はまったくわかっていませんが、初見の感想。

まず、システムがひどい。右クリックリターンは可能ですが、反応が遅い。というか、反応はシステムすべてにおいて遅い。スキップものろのろ。さらに既読判別不可。
何よりも…、頼むから非アクティブの時くらいおとなしくしててくれ。
ブラウザ起ち上げてこのレビュー書いてる時に、なんでブラウザ上のマウス操作を拾うんだよ…。
タブブラウザ使っているので、マウスジェスチャーを多用しているのですが、
 (右クリックしながら、↓→の順にマウスを動かすと見ていたサイトを閉じることができたりします。便利)
ブラウザ上で右クリックするたびにゲームでは設定画面が開くし、左クリックすればゲームのシナリオも勝手に進んでいきます。いつの間にかスキップになっていてはるか先まで進んでいたり…。
バックログすらないんじゃ、ゲーム中はプレイだけに熱中しろということか?
あ、バックログあった。不確実な物言いはダメですね。しかし、使いにくいな…。

あと、画面設計が雑。システムアイコン・全体の配色など、レイアウトが非常にちゃちいです。
立ち絵が白浮きしています。線画の処理くらいしてください。塗りのレベルもひどい。

でも、これマリンハートなんですよね…。それを忘れてはいけない。求めてはいけないものもある…かもしれない。
確か評判良いのはシナリオでしたっけ?
今の時点では読んでて冗長なだけですが、きっとこれから…。


6/5 本家に『弄り遊戯』レビューアップしました。
posted by 臣 at 17:22| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

模様替えがしたい

私事がようやく落ち着いたため、神さまHELP!の完全復活も確定し、ゲーム三昧の日々を送りたい今日この頃なのですが、今最も大きな願望は別にあります。
模様替え。模様替えがしたいです。
私専用の部屋に作り替えたいです。
ロフトベッド置いて、天井まであるでっかい扉付きの本棚置いて、ゲームが収納できる扉付きラックを買って、専用PC置いて…。
もう構想は完璧です。
すでに本棚は買いました。一目惚れしたこの本棚です。
本棚を購入するにあたり必要要件として…
・ホコリよけのため扉付きであること
・大量に収納できること
・可動棚であること。
上のはすべてを兼ね備えた素晴らしい一品vv アウトレットで送料込み24800円でした。
もう一つ言えば、真ん中のガラス扉はスライド式の横開きの方が良かったかな…。滅多に見ないけど。

今の部屋はもう収納がいっぱいいっぱい。特に本とゲーム+服を置く場所がもうない…。
どのくらいの大きさの本棚が必要なのか調べたくて、背表紙を並べた時に何cmの本を所有していることになるのかを計ったことがあります。(冊数は意味ありません。厚さ違いますから)
 文庫:399cm、コミックス:317cm、大判コミックス:79cm、
 新書(BLノベル):157cm、A5同人誌:221cm、B5同人誌:107cm
合計12.8m
たしか、2005年2月時点の数値だったと思います。当然現在増殖中。
これらがなるべく全部入るヤツ…。最初のでっかい本棚でも全部は無理そうだしなぁ。

ゲームはもっと小振りな見えない扉付き本棚に詰め込みたいですね。こっそりと。
何cmあるかは数えてませんが…。100cmくらい??
ゲームを収納できる本棚がなかなかないのですよね。B5よりちょい大きいくらいのサイズがちょうど入るようなヤツで、かつ扉付き。
この辺りいいかなぁ、と思いましたが、セルビデオがギリギリじゃちょっとツライかな…。

しかし、大幅に家具を移動させなければならないので、なんでも屋とかを頼もうかと悩み中。
男手が全くないので。
ああいう人たちってどこまでやってくれるんだろうなぁ?

本がびしっと本棚に並んだら、手持ちのBL本リストを作りたい…。特に同人誌。
今は無理です。取り出しにくい所に同人誌が詰まっているので。山積みのもあるし。
どれにどのカプの話が入っているかわからんのですよ。
商業の番外編なのかオリジナルなのか。いつ発売されたのか。
自分用リストですがサイトのどこかにアップするとは思います。このブログにかな?
余力があれば商業の方のリストも。
posted by 臣 at 17:46| Comment(0) | ◆雑感 (日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6 / 2 (Thu) 更新 完全復活

『咎狗の血』のレビューを新規追加しました。
5/30からプレイしてようやくコンプです。雑感でのプレイ日記も終了。

完全復活が確定しました。
これからガンガン新しいゲームに突撃したいと思います。
目指せ10本!
posted by 臣 at 15:06| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咎狗の血 n(ようやくコンプです)

これですべての真相が完全に明らかになりました。
はー、すっきりした。
nのラストのCGがいい感じでしたね〜。変わり具合がステキ。
nルートは“萌え”というのとはまた違いますが、純粋におもしろかったです。
スキップ使って2時間半くらいかな?
nの名前は普通にニコル(だったっけ?)だと解釈しましたが、違うんでしょうか。

分岐回収しにいきましたが、まったくないのですね。
むしろリンルートに直行というか何というか。
コレじゃリンルートがバッドルートみたいでちょっと微妙。
まあ、真相がまったくわからないルートという意味ではバッドなのかもしれませんが。

なんだか非常に心の奥底に残るゲームだったような気がします。特に絵が。
nルート終了直後は“すっきり”でしたが、今はなんかずっしり来ているというか何というか。
CG一覧で今までのCGを見返してきたのもあるかもしれませんね。
好きなCGがこれだけあるのもめずらしい。ホントこの絵師さんすごいっす。
なかなか内容的にボリュームのあるゲームでした。
あー、おもしろかった。
粗は当然ありますが、それを補えるくらいのクオリティを持っている気がします。


6/2 本家にレビューアップしました。
posted by 臣 at 02:04| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

咎狗の血 ケイスケ・源泉

■源泉
愛すべき親父。リードする親父がステキです。人生経験積んでるって感じで。
恋愛への移行が比較的自然で一番なじんでいたような気がする。
このルートのアキラはかわいい。萌え。
アキラをかき抱くCGが大好きです。

18:16
源泉ルート終了。4時間半てところか。
これですべての謎が解明されました。あとはnルート見て終わりですね。
やはり、真相から少し離れるからか、グッドEDしかないのですね…。
まあ、源泉の場合はバッドEDは特に見たいとも思っていないので良いですが。
リンは見たかったなぁ。
源泉ルートはかなり恋愛面が表に出ていましたね〜。
お互いの気持ちが見えてるからか、他ルートよりもさりげないやりとりに萌え。照れるアキラにからかう親父〜vv
シキの時も見え隠れするチラリズム的な所に萌えたっけなぁ。お互いへの感情をはっきりとはわかっていない状態、でも気になっている〜的なやりとりに萌え。

16:40
源泉×アキラのCGに萌え…。アキラの驚いてる顔+源泉のせっぱ詰まってる顔。アキラの顔が源泉よりも高い位置にあって驚きのまま見下ろしてる感がすばらしいですよ。
なんでこうも萌えツボばかり押さえてくれるのか…。
顔がにやけてたまりません。
せっぱつまった親父に気づかないアキラ萌え。
若干唐突でしたけどね〜。まあ、親父がせっぱ詰まってるからどうしようもないか。
HシーンのCGは微妙。アキラの顔が怖いっす。
途中までは今までで一番萌えたHシーンでしたが。
怖い顔のアキラになる前までがいい感じで。リードする親父が素敵。
しかし、モトミじゃ変換できないのがめんどくさいなぁ。


■ケイスケ
ヘタレわんこ攻め。アキラ至上主義。
反して、裏ケイスケの激しさがすごいっす。裏ケイスケのしゃべりはたるくて超エロイ。
看病されてるシーンとソリド食べてるシーンが好きv
でも、ケイスケは元のケイスケでいてほしかったかな。「弱かろうがなんだろうが、あるがままのケイスケで良い」というメッセージがあるのなら、強さが残っちゃダメじゃん!
願わくばもうちょっと違うバッドEDが見たかったです。nルートで見たようなヤツとか。
とりあえず臓物は勘弁。

13:30
分岐回収終了〜。
イカレてるケイスケは見ててたるいです。しゃべりもゆっくりだし。さっさと進めー!という気分に。
うひー、だから猟奇は苦手だってのに。まあ、ビトロとはちょい嗜好が違いますが。
さすがにスタッフもわかっていたのか、アノCGの表示は一瞬でしたね。
うう、気色悪い。
これでケイスケ終了ですが、ケイスケもちゃんとバッドEDあるのに、なんでリンはないんだろうなぁ。
まあ、真相に近いかどうかの差か…。
しかし、ケイスケのバッドはシキと違って本当にバッドEDだった…。
あれ? CG一覧見たら、ケイスケが1枚埋まってない…。最後の一枚。どこだろうなぁ。

13:02
一眠りしたのでプレイ再開。分岐回収へ…。

5:54
ケイスケルート終了。これまた長かった…。
2時からだから全体で4時間くらいかな? もうちょい短いかと。
正気に戻るまでの話は正直読んでてだるかったですが(今までも似たような場面読んでたし)それ以降は普通に読めました。こちら側のルートもなかなか興味深い。
ただ真相解明のシーンはもう3回目なのでちょっと飽きた…。
あと、やはりへたれ攻めは苦手なので、Hシーンは微妙だったかなぁ。
その前の正気に戻るまでのシーンは好きでしたが。
分岐の取り残しは後でいいや〜。久々に徹夜しました。寝ます。

3:41
アルビトロEDにいってしまった…。こんなはずでは…。
うー、猟奇はダメだ…。
SM自体は良いのですが、双方に愛がないと無理っす。ついでに肉体損傷・四肢切断まで行くと愛があってもNGだわ…。
(※ちなみにこのゲームに四肢切断があるわけではないです。念のため)

2:56
いやー、あんまへたれ攻めって好きくなくて…。
途中からのケイスケはへたれじゃないけど、あれもちょっと微妙だし。
というわけで、今のところケイスケルートはイマイチ。
さっさとおもしろいところまで飛んでくれ。


6/2 本家にレビューアップしました。
posted by 臣 at 18:16| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa