2006年03月31日

3 / 31 (Fri) 更新

『帝国千戦記 千夜の夢』のレビューを新規追加しました。
ギリギリ3月に間に合った…。まあ、別にエイプリルフールの日でも良いのですが、なんとなく。

発売予定一覧声優一覧同人誌一覧も更新。
声優には帝国のサブキャラ分と喰蝶花のキャスト、同人はJ.GARDEN20での購入物他を追加。


posted by 臣 at 22:00| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

帝国千戦記 千夜の夢 プレイ日記

以下は3/17〜3/28にかけてプレイしていた帝国千戦記千夜の夢のキャラ別コメントです。
3/14にプレイした貴沙烙のみ別枠で記載。
プレイ日記というよりもプレイ中の感想ですね。キャラ名クリックで各キャラへ飛べます。並びはプレイ順です。

『帝国千戦記 千夜の夢』のレビュー自体は→【コチラ】


貴沙烙李琉舜燕旺珂氷霧朱緋真孟元堅バッド史鋭慶


■李琉舜
李琉舜ルート終了。うーん、好きは好きなんですが、やや微妙。あまり深くなかったですね。
大将の青樺が青軍捨ててしまうのがなぁ。どうも責任放棄は好きじゃないのですよー。
あと、李琉舜と李暫嶺が仲たがいしたままなところとか。豪傑での「絆」が好きだったので…。
まあ、青軍捨てるのもオフィシャル同人(日々徒然)のサイドストーリー読むと肯定的にとらえられるようになりますが。

あまりにゲームが進まない…。
うん。陵辱ルートは後回しにしよう!
そうだ。そうすればいいんだ。
とりあえず全員のベストENDとグッドENDを見ることにします。
李琉舜終わったから、次は誰にしようかなぁ〜。
しかし、ゲームプレイ中にタイトル画面へ戻れないのが本当に面倒です。
タイトルに戻って初めからプレイしたかったり、回想録を確認したかったり、タイトルに戻りたいことが多々あるのですが。

すべてのベストENDを終えた後からプレイした李琉舜陵辱ルート。
史鋭慶に引き続き意外と普通でした。むしろベストルートよりもシナリオが自然な気もする。あと、甘える李琉舜が非常にかわいいです。甘々はいいなぁ…。
うーん、やっぱ公開羞恥が入ると微妙らしい。それ以外は別にいいんだけどなぁ…。そんな場面を偶然見かける一般人の立場になってみろと苦言を呈したくなるのですよ…。他人様に迷惑かけるのは良くないです。ヤるんなら、絶対に見られない・見つからない場所でヤれ、と。
でも、やり返しを宣言する李琉舜に萌え(笑)
END自体は好きな終わり方でした。しかし、END単体では回想に登録されないのか…。CGがないとダメみたいですね。


■燕旺珂
というわけで、早速燕旺珂にいってみます。あと、サブキャラで回収していないエピソードも取りつつ。

しかし、校延に引き続き、赭川主の声も微妙だなぁ。隷邪単宇は結構好きな声なので、余計にこの二人の掛け合い聞いているのがちょっとツライです。
あと燕旺珂の声もなんだか落差があるような…。メインキャラなのに…。初回特典CDの燕旺珂の私室編なんかはそれが顕著で。聞けたものじゃないとすら思いました。後半は慣れてきたのか結構普通なんですが。

各キャラルート毎に、青樺の予知能力に対しての解釈が微妙に変化しているんですね。
相手に示唆されて毎回力の意味に気付いているので、相手の考え方で解釈が異なっているのがおもしろいです。

燕旺珂ルート終了しました。
まあまあの萌えルートかな? グッドでは恋愛への移行がよく分かりませんでしたが。あと、ベストルートの中でグッドとの共通ルートが微妙に浮いている感があるのが気になりました。両方で使えるようなシナリオにするのは大変でしょうけどね…。


■氷霧
次は誰にしようか迷いつつ氷霧ルート。まあ、正体を知りたくて優先してプレイしたのですが…。やっぱだめだ。犯罪っぽくてダメだ。なんか子供をだましてHしてるようにしか見えないんですよー。それまでのふれあいはほのぼので別に良かったんですが…。SEXの意味を知らない子供に性行為を強いているのはマジで犯罪くさいです。せめて教えてあげようよ…。
お馬鹿さんってさぁ…。いや、いいんですけどね…。
しかし、なんで氷霧にはこんなにイベントが多いのでしょうか。燕旺珂なんてグッドとベストでバリバリ使い回しだったのに…。あのオマケシナリオをゲーム本編にしっかりと食い込ませて欲しかったなぁ。
ああ、やはり同意は必要ですね。同意があれば良いんです。前回のはもう淫行罪っぽいのがどうも…。
ベストENDのラストの持って行き方が微妙…。安直というか、なら最初からそうしろというか、あれだけ長い間迷っておいて瞬時だなおいだとか。
他キャラのイベントは一切見ず、既読イベントはすべてスキップ、つまり氷霧独自シナリオのみを読んで、1キャラにつき4時間くらいかかりますね。ちなみに全ENDを含めた時間です。キャラ多いからだんだん疲れてくる…。
毎回最初からプレイしているのもその要因なのかもですが。もう武器は買い尽くしたので、次は使い回しできるようなデータを作ろう…。

日々徒然は結構良かったです。氷霧の意志が現れているところとか。


■朱緋真
では、彰欄が気になるので朱緋真ルートへ。もうここまでくると、攻める順番は一定です。11節で燕旺珂へ行く最短ルート。ちなみに毎回主要キャラは仲間にしています。戦力的にもおいしいので。

必須イベントではないかもなのですが、最初の朱緋真イベント「仲良くやろうぜ」の発生条件がやっと分かった…。「花吹雪」>「仲良くやろうぜ」なので、貴沙烙ルートに入っていないこと。だから、辞丹での燕旺珂の好感度アップイベントが必要なんですね。辞丹での「酒盛りでのいざこざ」を好感度アップで通過した時点で、蓮蕎原の「野宿を嫌がる貴沙烙」のイベントマークが消えるので、つまりそこで貴沙烙ルートは途絶えたということ。よって、23日に「花吹雪」が発生せずに「仲良くやろうぜ」が発生する、と。だから燕旺珂を仲間にするのが絶対条件なのか。燕旺珂を仲間にしないと辞丹でのイベントは発生しませんし。
微妙に面倒な条件だなぁ…。その前に好感度分岐でも出しておけばいいのに。

戦闘シーン、右クリックで早送りできたのか…。こんなに早くなるとは…。ものすごく損した気分です。これでだいぶサクサク進められますね。今更ですが。

しかし、朱緋真ルート。彰欄が多少は活躍するのかと思ったら全然なのですね…。大人Ver.の彰欄を期待していたのですが…。
特に思い入れもないままあっけなく終わってしまいました。
最初の3人以降はほぼ萌えもなく一辺倒でちょっと悲しいな…。その3人なら貴沙烙>燕旺珂>李琉舜という萌え具合でした。李琉舜がなぁ、期待していたわりにはなぁ…。


■孟元堅
別に、史鋭慶でも良かったのですが、もう一度豪傑ルートをプレイすることを考え、史鋭慶は後回しに。何故かはわからないのですが、初回プレイ時に安瑞嵐のイベントが途中から起こらなくなってしまったのですよね…。それだけプレイすれば終わりです。それやってから史鋭慶でコンプにしようかな?
ああ、全キャラの陵辱ルートもあるのか。まあ、まとめてとばし読みすればいいや。
でも、もう氷霧の薬も全部そろったので、戦闘は一切していません〜。買うものないし。
楽で良いですね〜。清州に軍団置いたまま出陣繰り返すだけでOKというのは。

元堅ルート微妙だ…。キャラ自体は好きです。でも、カップリングに萌えがないよー。実力行使かよー。展開早っ。
やはりおっさんキャラのカプは苦手らしい。でも、それ差し引いても微妙な行為なんだよなぁ…。
冷たい水の中で良くほぐれるなぁ。潤滑剤もないし、あっても水にさらわれて流れるだろうし。7月の水なら暖かいのでしょうか。
まあ、その後の展開はそれなりに萌えで燃え。
ていうか、元堅ルートだけは作戦会議2で終わるんですね…。どうりで展開が早いわけだ。
なんとなく比較的CGが普通?
と思ったら、やはりエンディングCGはポップでした…。元堅の顔がまったく違いますね。なぜベストEND&グッドENDのCGは他の物に比べて総じてポップなんだろう…。絵柄、違いますよね…。これが製作期間のせいなのか…。
でもって、ベストENDなのにまったく回想&CGが埋まっていない…。なんか、元堅ルートだけ不思議な作りしてるんですね。
グッドルートならまだわかるかなぁ。ベストルートは本当に展開が早すぎた。


■バッドEND・他
ずっと避けて通っていた陳軍捕虜シナリオです。
陵辱はあまり読む気になれなかったので、クリック連打で超とばし読み。
バッドから通常に戻るルートに萌えたー。遭遇→再会の流れに。萌えどころ間違ってます?

豪傑再プレイ中。安瑞嵐のエピソード回収のためです。
2周目以降に豪傑プレイすると、史鋭慶サイドの話が増えているんですね〜。見落とす所だった。
裏側の話は好きです。史鋭慶と李暫嶺のコンビも良いなぁ。


■史鋭慶
ようやく最後に史鋭慶。
ああ、ここでも李暫嶺は死んでしまうのか…。あのコンビは好きなんだけどなぁ…。
しかし、史鋭慶を最後に残しておいたのは大正解でした! 楽しいルートだ〜〜♪
あまり興味を持てなかった3ルートが最後だったら、帝国の印象がややランクダウンしてたかもなぁ。
なんか、史鋭慶ルートの青樺の顔グラフィックがかわいいですvv 上目づかいのヤツとか好きだなぁ。
このルートのみ青樺が前向きでよいですね〜。自分の力の意味にも自分で到達しましたし。
日々徒然をパラ見して、史鋭慶が思いこみの激しいタイプなのは分かっていましたが、実際見ると微妙だなぁ…。なんか危ない人っぽくて。余裕が欲しいです。まあ、でもぎりぎり萌え。

陵辱。まあ、意外と普通でした。普段から危ない人ですし。あと、公開羞恥プレイ(?)みたいなのがないのも良いです。人目のない場所ですからね。
貴沙烙は野外羞恥が多くて微妙でした…。野外は萌えない…。というか、そんな所でするのは周囲の迷惑だから止めろという気分になるのですよ。
初っぱなの陵辱がそれだったし、李琉舜の陵辱もイベントCGの紹介でそれ系なのがわかっていたから、それ以降陵辱ルートプレイする気になれなかったのかもなぁ…。
しかし、身体に傷をつけるのは好きじゃないです…。
posted by 臣 at 10:35| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

帝国千戦記〜日々徒然〜

まだ、貴沙烙と李琉舜しかプレイできていませんが、とりあえずオフィシャル同人誌を買ってきました。
「日々徒然」と「日々徒然 第二弾」と「新キャラ18禁追加編」の3冊。
貴沙烙に萌えてしまったんだもの…。李琉舜は期待していた割りには微妙でしたが。
前にもいつかの冬コミかどこかの企業スペースで第一弾のは購入していたのですが、未プレイだったので売り払ってしまったのですよね…。
まさか番外編が気になるゲームになるとは夢にも思わず。

で、次回の夏コミに出るかは不明だし、通販か…と思いましたが、オフィシャル通販だと送料が800円もかかる…。
ちょうど秋葉原の近くまで出向く用があったので、メッセサンオーまで足を伸ばしました。
無事3冊とも手に入ってご満悦vv 消費税分高く付きましたが、いつ手に入るかわからない企業スペースよりは良いでしょう。
でも、このためだけに秋葉原行ったというのもちょっと悲しいですけどね…。
新しくできたドンキに寄ったら、女性店員がメイドばかりでびっくりしました。すげぇ…。
しかし疲れました。メッセ、駅から遠いんですよー。秋葉原、微妙に広くてごちゃごちゃしているので、往復分+α(寄り道)を歩いているとどうも疲れる。

これから1週間は暇なので、帝国千戦記は終わらせたいな〜。
結局、他の積みゲーはまったく崩せませんでした。ゲーム熱がないらしい。Fateに奪い取られたか?
帝国自体も、貴沙烙は萌えたけど、どうもシナリオにばらつきがある気がするなぁ。あまり陵辱は読みたい気分じゃないのも大きいですが。純愛だけでいいですよ。
というか、帝国の陵辱ルートは全体的にあまり好きではない気がする。なんか微妙。

------------------------

とりあえず、未プレイのキャラはまだですが、「日々徒然」&「日々徒然第二弾」読みました。激しく萌え。
こういう小説を書くのは全部ゆうまさん??
ゲームでは微妙だった李琉舜も、後日談では良い感じにらぶらぶで良かったです。
やはり私はゲームよりも小説畑の人間だなぁと思います。もともとの所属位置が創作JUNE小説ですしね。

しかし、あんな短い尺なんですし、必ずしもHシーンを入れる必要はないと思うのですよ。まあ、らぶらぶなんでいいですが。
第二弾の相手視点も良いですね〜vv
第一弾にあった招夜×乾陀羅が嬉しかったです。雷穿基×翡翠も併せ持ってなかなかかわいらしいカプで。やりとりを見ているとほのぼのしますね〜。
しかし、神視点なら神視点で、そうでないのなら視点の切り替えをして下さい…。一行あけるだけでこの違和感はなくなります。視点位置は徹底してほしいなぁ。特に招夜×乾陀羅のがひどかった…。
本編はすべて青樺視点だったので違和感なかったのですが。
第二弾の桜希×校延は多少のムリヤリ感が。展開がどうもなぁ…。まあ、こんなもんなのか。年下攻めという点では良いカプなのですが。

新キャラ追加編はPS2をプレイできないこともあり、まるまる読みました。
ああ、PCでの追加パッチが欲しい…。
要使春はそこまででもないのですが、李暫嶺のなれそめが気になります。

しかし、この番外編集は萌えます。一気にゲームの残りをプレイする気になりました〜!
posted by 臣 at 15:41| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

帝国千戦記 貴沙烙ルート

(ゲームのレビュー自体は本家にアップしました〜)

貴沙烙ルート萌えた〜〜〜〜!!

とりあえず豪傑ルートは終了。
ラストがものすごくあっけなくて驚きました。今までの積み重ねはいったい…?
それと、なんか最後のCG、作風違うような…?

李琉舜と李暫嶺の「絆」に萌え。回想では『幼馴染み』にタイトル変わるんですね。
ていうか、なんでこのゲームは、セーブ時のシーン名と回想に登録されるタイトルが異なるんでしょうか…。

まったく関係ありませんが、私は初めて帝国千戦記をプレイするまで、主人公の名前を「あおかば」だと思っていました。スゴイ名前だ。


そして、期待の貴沙烙ルートへ〜♪
貴沙烙萌えー。
これ、メインキャラ全員分のグッドEND・ハッピーEND・バッドENDがあるっぽいですね…。すごい作業プレイだ…。

そうか! 貴沙烙にえらい萌えていたのは、ぷり・プリのナセルと同属性だったからなんだ! 達観したキャラは良いです。
しかも声まで同じだし。いまさらですが、鈴木千尋さんの声、いいなぁ…。
見事に好きなキャラが多いですよ。こういう時、声優一覧作っておいて良かったなぁと思います。便利。
純愛ルート。萌えー。果てしなく萌えー。脳みそゆるんでます。
青樺の的はずれな答えに対して、若干不満そうな貴沙烙に萌えー。誠実な貴沙烙に萌えー。
いや、もうにやけるしかないですよ。

校延と桜希がいとも簡単にまとまってしまった…。まあ、もともと目当てじゃないから良いですが。校延の声が微妙すぎる。

貴沙烙×青樺萌えー。
でも、43節以降のキャラ個別シナリオが、「回想」に登録されていないのが残念。
アレ、全部登録してもらってもまったく問題ないのですが。
Hシーンではない、あのさりげないやりとりが萌えるのに…。

招夜×乾陀羅萌えー。これ、全年齢版でもあったんでしょうか。すごいですね…。
ていうか、追加ディスクなんだから続きが欲しいよー! おいしいところで途切れた…。

貴沙烙×青樺、裸体が変ですよー。ていうか、CG少ない感が…。別に結合シーンをことさらに描かなくても…。
まあ、CG割り振り少ないのは、キャラ多いから仕方ないのでしょうが。
これまた、エンディング絵が作風違うような…。

千夜の夢のドラマCDも聞きました(貴沙烙だけ)。
ゲームほどではありませんでしたが、萌え。

バッドはこれからプレイしようかどうしようか。迷い所。

微妙だ微妙だと思っていた校延と雷穿基が同じ声優さんだった…。
posted by 臣 at 15:39| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

J.GARDEN 20 購入記録

3/12のJ.GARDEN20覚え書き〜。
ちなみに回った順です。

■企業ブース:CORE
*MESSIAH BACKSTAGE

わーい! 前回に引き続き、また一番乗りですよ〜。今回はちょっと出遅れたのですが、それでもまだ人がいなかった様子。
クイズは…わかりませんでした。
何度か書いていますが、事前情報入れない主義なんです…。
ゲームクリア後に一気読みするのが好きなんですよね〜。
でも、今回のは事前に情報入れていても分からなかった気が。あんな細かいキャラ紹介覚えてないですよー。
まあ、なんとかなりましたが。
コピー誌は相変わらず盛りだくさんな内容で楽しかったです。
主役の3人以外にも登場人物いたんですね〜。とはいえ、当たり前っちゃ当たり前か。なんとなく、一安心です。さすがに3人だけだと、どういうボリュームになるか不安だったので。
CANELIANさんと由摩さんの対談のみ熟読。キャラ紹介は流し読みです。
対談内容にものすっごく共感できます! 感性が近いメーカーさんは安全パイで嬉しいな〜。
一緒に頂いたクリアファイルもシンプルで非常に使い勝手がよいですvv

■染井吉乃FREE(染井吉乃)
*Confiture *Jam jam

相変わらずの虹の入江番外編です〜。
めずらしいニケ視点でした。

■ばかにゃん(佐久間智代)
*CoMet

Dolceと天使×密造の番外編??
なんとなくおもしろかったですが、やっぱDolceの続きが読みたいな〜。

■蔵王組(蔵王大志)
*妄想劇場2

恒例のJ.GARDEN限定小冊子。前回に引き続き、プリンセス・プリンセスの裕史郎×弟〜。本当に実現するとは(笑) しかし、宣言と逆カプな気が…(笑)
 スタッフさんのパロ本がちょっとばかり気になります。

■グラナダ(坂井朱生)
*Mixed Fruits version "A"

相変わらずの分厚いコピー誌。すごいなぁ…。
商業誌番外編。国近×倫弘と桐沢×実友。
本当は全4カプだったそうなのですが、オフ印刷に間に合わず完全オフ版はSCCに持ち越しとのこと。しかし、2カプだけでもコピー誌で作るのがスゴイです。そして、今回コピー誌購入者にはオフ本を無料配布するのもすごいです。
通販会員なので完全版は後日届く模様。ちなみに6年前からの会員です。しかし、先方の都合とはいえ、初年度しか会費払ってないのがちょっと申し訳ない…。
初年度の2000円だか3000円だか、もう通信費でオーバーしてるんじゃないだろうか。
追加料金支払ってもまったく問題ないんだけどなぁ。

■電波猿(金ひかる)
*night light

コピー誌。数少なかったみたいで冊数制限がありました。
オオヒラさんのマンガはなんか好きだー。
でもって、創作JUNEイベントなのに、金さんはなぜかDEATH NOTEパロ。びっくりしました(笑) しかし、規約違反じゃ?
楽しみましたけどね〜。

■IZUMI TANISAKI(谷崎泉)
*セレクション4

並んだから何となく新刊(君好き再録集)買いました。案の定、もう持っている本の再録でした。まあ、バイク便の人の書き下ろしは初めて見たからまだ良いか…。

■PRIMROSE(桜木知沙子)
*happy×happy

相変わらずゲストが多いなぁ。そして、トークばかりな不思議な本。トークは読んでないです。
桜木さんの小説も今回は未読。うーん、若干苦手な方向性?


今回は以上〜。ちょっと少なめ?
あ、そういえば一路平安さん行ってないや。まあ、たぶん新刊ないでしょう。エレカマニアさん、いつ復活するかなぁ。待ち遠しいです。

スタンプラリーやりたかったなぁ。応募するのも参加するのも出来ませんでした。かわいいハンコいっぱいだったみたいで残念。またやって欲しいなぁ。経費かかるから無理かなぁ。

2006年03月11日

帝国千戦記 初回プレイ

(ゲームのレビュー自体は本家にアップしました〜)

システムが酷い…。
FANATICAのかなり高性能システムに慣れた後だとかなりツライ。あと、デザインセンスの差とかも…。
うーん、ホントなんでこんなに使いにくいんだろう。
昔の作品だから仕方ないのかなぁとも思いましたが、同時期には王子2が出ていました。王子は1に比べてもだいぶシステム進化してましたよ…。まあ、王子2もそこまで優秀システムではなかったですが。あと、そのちょっと前のシルバーカオス2なんかはかなり高性能なシステムだったはず。Will系列ってこんなもんだっけ? 絶対服従命令は本当に使いやすかったんだけどなぁ…。
セーブを開くのに2クリック、セーブするのに2クリック必要なのがかなり面倒。
クイックセーブは便利なんですけどね…。
あと、右クリックリターンが全ページで有効なのも良いです。
しかし、履歴はマウススクロール無効だし(まあ、枠内にボタンがあるだけマシですが)、オートの改行速度の設定できないし、メニューで出口間違えて押すと問答無用で強制終了だし。
マウススクロールが全般的に無効なのがかなりイタイです。
バックログがスクロールできないのでものすごく見にくい。メッセージが下スクロールで進められない。仕方なくクリックで進めています。うっかりクリック押しっぱなしにしていると強制スキップに…。危険。

なーんか、表示が変だなぁ。スクリプトのせい? 文と文のあいまに(画面転換の時?)一瞬だけ顔グラフィックが表示されることがあるのが気になります。ちかちかしてうっとうしくて…。
あと、BGMがどうもうるさいです。もうちょっとBGMに徹してくれると嬉しいなぁ。

------------------------

なかなか夢中になりそう。普通におもしろいですね。戦闘がそこまで難しくないので良いです。
まずはノーマルENDっぽいのを目指すかなぁ。
攻略は…どうしよう。自分で作るか否か。まあ、1周目を試してから決めます。

うおー、燕旺珂戦ギリギリ! まあ、突っ走ってきたからなぁ。貴沙烙に燕旺珂の相手させて、死にそうになったら元堅にチェンジでなんとか倒せました。

ああ、やっぱちゃんと攻略作るの止めるかなぁ。はまれないから面倒になってきた。
簡単なのにしよう。

------------------------

あ、23節まで一気にとんで安心。ルート分岐直前まで行けるんですね。他の所も攻めておいた方が良かったのかな?

システムがやっぱ微妙…。
BGMに時々ノイズはいるし…。他のアプリケーションと同時起動なのが悪いんでしょうけどねー。
いや、他アプリ関係ないや。なんか時たま画面の切り替え時に低周波もどきが発生するのはどうにかならないんでしょうか…。セーブしてロードし直せば、クリアな音で始められるのですが…。
たまに音声の出だしがぶっちぎれたようなかんじになるのも気になります。

シナリオの矛盾が…。「皇子自殺未遂」と「鬱になる青樺」は逆じゃないと意味不明だ…。

------------------------

ああ、でもおもしろいや。
1節ごとにかなりのイベント量。なんとなくゲームの進行が把握できてきました。
しかし、Eマークばかり狙ってるから全然陣地が広がっていないけど…。

「考藍との出会い」非常に好きなエピソードなんですが、なぜBGMが一定なんだろう…。内容に合わせて変えるか、一旦演奏を止めるかしてくれよー。

あー早く豪傑クリアして、貴沙烙ルートプレイしたいよ〜!
まずは貴沙烙にいきます。非常に好みなキャラだー!
その次は李琉舜! あとは追々…。
楽しみだ〜♪
posted by 臣 at 22:15| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

EVANGELION再視聴

Yahoo!の新世紀エヴァンゲリオン電脳補完計画で、なんとなくエヴァの第1〜5話を見ていました。
あーやっぱ好きだなー。
と思いつつ、6話以降がなんとなく見たくなって気付きました。
私、ビデオ持ってるじゃん…。
わざわざダウンロードしてPCで見ること無かったのに…。
久々に昔録画したビデオを引っ張り出して鑑賞しました。あー懐かしい。
やっぱ9話が好きだなぁ。今は10話で停止中。確か13話も好きな回だった気がする。
ちなみに初めて深夜一挙放送をやった時の録画です。26話を3倍速でムリヤリテープ2本にぶち込んだ記憶が…。CMカット頑張りましたよ…。
ちなみにエヴァは生でみたことは一度もありません〜。確か放送終わってから、友人宅でLD見た記憶が…。
16話まで視聴終了。これからグダグダしてくるからもういいや〜。

ジャンル、全然“本”じゃないですね。まあ、マンガの辺りに該当させて。
25日に出る漫画版エヴァ10巻は購入予定です。
というか、その日に買う物多すぎだ…。といっても、咎狗の血のビジュアルファンブックあまなっとうのファンブック+花とゆめだけですが。金額がね…。
あと、プリ・プリ5巻も同時に買うのかな?
絶対服従命令のビジュアルファンブックは結局買わないままになってしまったなぁ。FANATICAも買ってないや。どちらも買っても良いとは思っていたのですが。

この前せっかく取得したのでAmazonアソシエイトのリンク貼ってみました。
URLの後ろの方を削ればアソシエイトなしで飛べます。
Amazonはやっぱそれなりに情報そろってるから確認するのに便利ですね。

ついでに最近読んだ本。

2/27
*好きしょ! After Stories つたえゆず(B'sLOG COMICS)
よ、読みにくい…。
こういっちゃなんですが、ちょっと汚いです。
同人の方がちゃんと読めた気がするなぁ。
展開読み取るのも一苦労。しかも、中身はありそうに見えて、あまりなかった気が。
まあ、コレクターグッズ。

*追いつめたい きたざわ尋子(花丸文庫)
9冊目か…、すごいですね。
挿絵がリニューアルして、一部の深里がちょっと違和感…。幼くなりましたよ。
内容はまあ相変わらずなんですが、なんかおもしろい不思議なシリーズ。

*FRESH&BLOOD 9巻 松岡なつき(キャラ文庫)
ひどいよ! なんだこの挿絵は! 1枚もないなんて!!
しかもカラー口絵は表紙を単色にしただけだし…。
1ヶ月延ばして挿絵入れてくれた方が嬉しいです。
あまり期待していなかったのですが、パラパラ読んでいたら意外とおもしろくて最初から読み直しました。

3/2
*まばたきで唇に甘えて きたざわ尋子(パレット文庫)
カメラマン×尚のシリーズ。
それなり。
なんか足りない気も?

*少年☆王子 パリの光、闇の聖母 七海花音
いつもと変わらず。
もういい加減スパっと終わらせても良いのではないか?
つまらなくはないんですけどね。
しかし、何度も未来の話をラストに書いてるから、終わらせ方が二番煎じになりそうだ。
posted by 臣 at 11:44| Comment(0) | ◆本 (マンガ・小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

アニメ版 Fate/stay night

Fateのアニメ見ました〜。なんとか8話から。

うう、前評判はなんとなく聞いていましたが、本当に声が…。
士郎はまだ慣れてきました。
凛もかろうじて…。でも、やっぱ違うけど。なんだろう、たぶん期待していたトーン(?)より高かったのかな? とりあえず、もうちょっとどこかしら頭良さそうな方が良いなぁ…。なんかバタくさい。
私のイメージ上では、エヴァのミサトとかぶってます。だから脳内の声も葛城ミサトやセーラームーンの三石琴乃だったのかも。ミサト声だと若干大人っぽすぎるかもですけどね。だから私の中ではミサト声、プラスややうさぎが入るかなー?
(ちなみにミサトのはわざとはしゃいでいるような声ではなく、シリアスめなのを想定しています)

しかし、セイバーは…。なんといえば良いのやら。まず私の中では若干方向性がずれてます。違う、そっちじゃないんだ…。
うーん、凛とした高すぎない少女の声という感じ? 高すぎないという点では合っていましたが、反対に低すぎる気がするなぁ。低さが尾を引くので毅然とした部分が重くなってしまっている気が。
たぶんやや透き通った声なイメージだったのですよ…。あれだけ朝の光を浴びながら美人美人言われてるから。
ライダーは結構イメージに近いかも。

ちなみにアニメイトで流れていたイリヤもひどかった。ホンのさわりしか聞いていないんですが。
でも…、違うよ! 貴族のお嬢様なんだよ! 子供子供したガキとかじゃないんだよー…。
知性がない。純粋な冷酷さがない。
ここで話しているのはアインツベルンのお嬢様であり、勝者であることを理解している最高ランクの“マスター”なんだ…。絶対的優位に立つ子供ってだけではないハズ。
声が甘すぎ。


思っていたよりオープニングに躍動感が少ないのが意外。
戦闘シーンとかゲームの第2弾ムービーみたいにガンガン切り替わっていく方が好きかも(ネタバレしそうなのでアニメでは難しいかもですが)。第2弾ムービーでのアーチャーが射る直前のタメとか好きだー。
実際は当然アニメの方が動いてるんですけどね。アーチャーVSランサーはなかなかの迫力。
歌もゲームより起伏がないなぁ。合間にはさまるCMでサビだけ聞くと良い感じなのですが。
あ、でも音量を上げたらちょっと良い感じに。
というか繰り替えし見てたら、だんだんOP自体が動いて見えて良い感じになってきました。言峰付近がややタルいですが。
アーチャーのアップがカッコイイっす。ロングは崩れてて微妙。


1話からちゃんと見ました。YouTUBEが便利すぎる…。画質は悪いけど、ストーリーと声を確認したいだけなのでこれで充分。しかし、アレはいいのか?

第1話のイリヤの声は結構良かったのに…。
3話の最後〜4話の声、甘すぎ&幼すぎ。もうちょっとお貴族様でレディーな声を想定していたのですが…。無邪気には見えるけど、考えていることが読めなそうな知性の深さを見せて欲しいところです。頭は良いと思うんだけどなぁ。

あと、初登場時のセイバーの声は、演出も相まって合っていた気がしました。それ以降の通常シーンは相変わらず何か違和感がありますが。
ああ、でもあの初登場では綺麗としか言われてないからいいのかも。あの演出なら綺麗という単語は理解できます。美人という単語はやはり受け付けませんが。

凛は前述の通り、初回から微妙なる違和感…。
アーチャーは…、微妙なライン。まあ、許容範囲?
もうちょっと嫌みを利かせられる感じのが好きだけど。凛との掛け合いがないんだもの…。あの皮肉な会話が良いのになぁ。ウィットに富んでて。
ランサーは絵がひどいけど声はぴったりだ。

9話でようやくキャスター本登場? 今まで声聞いたっけなぁ…、覚えてないや。とりあえず、なんとなくイメージに合いそうな声です。
しかし、ライダーはだんだん…? まあ、まだOK。美人クール系でお願いしたい。
アサシンは8話ラストでは良い感じかと思っていたところ、9話でずっと聞いていると微妙な感じに。なんかあのエロ声でBLの方を思い出してしまい…。
印象としては合っていたのですが、やや重たいので、もう少しだけ軽めのが好きかなぁ。すべてを受け流すひょうひょうとしたイメージ。

あ、ちなみに士郎の声は初回から通して、私のイメージとそうずれていません。慣れやすい声。たまに言い方が気になることはありますが。しかし声は良いとして、性質の書かれ方がなぁ。
慎二は少し予想と違ったけど、アレで良いとも思える。


内容的には…
初っぱなの士郎がゲーム以上にウザい人になってる気もする。まるで慎二に唯々諾々で従っているようにみえて…。
ゲームでは毎回慎二の方が格下でしたからね。
学校での声のかけ方もヘタレ過ぎ。ああいう意味のない行動はしないだろ。言いたいことは、はっきり言うと思うんだけどなー。
アレも慎二の味だと言い切る捉え方の異常(もしくは懐の大きさ・格の違い)とかも表現して欲しい。

あと、桜の笑顔がちょっと気にかかりました。桜の声は別にいいんですが。ああいう笑い方するかなぁ…? オープニングも含めて。
アニメなので設定変わってたらどうしようもないのですが。

25分という制約上難しいのは解りますが、心臓蘇生とか見てるとまるで魔術なら何でも簡単にできるように見えて微妙。
凛の力ではとうてい無理だったというのを見せて欲しかったなぁ。そこらへんの逡巡がないのも残念。

アニメ見て初めてあのセイバーの血まみれCG(VSバーサーカー)の姿勢がわかった(笑)
あれ、小手を押さえているのかと思っていたら、剣を杖にして立っている所だったんですね…。

アーチャーVS士郎の帰り道は、士郎がゲーム通りな正義の味方ですね。アーチャーもなかなか。しかし、こんな序盤で「一度も振り返らす、その理想を追っていけるか」を聞くとは思いませんでした。このシーンで言われると若干ありがたみが減るかも? まあ、意図としては同じか。
ラストを知っていてもさすがにこのシーンの士郎は不快になってしまいますね〜。
うーん、でもやはり初っぱなの慎二に対峙する士郎は筋の通った男の方が良かったなぁ。


アニメでのシナリオは、ゲームのセイバールートと凛ルートを継ぎ接ぎにしていておもしろいです。
なかなかうまく合わせているなぁ、と。
ちょうど今ゲーム再プレイ中なので余計に。
しかし、それこそ継ぎ接ぎなので、凛ルートの内容が採用された場合の処理が若干おかしくなるのは仕方ないのでしょうか…。
弓道場裏・ライダーVS士郎での、ライダーのマスターの扱いとか。
2周目の凛ルートであるゲームの場合、それはプレイヤーは既に知っている事実なのでまったく隠されていませんでしたが、アニメでは初出なんだからもう少しうまく隠して欲しかったかなぁ。それか次回まで引っ張らないで欲しかった。
でも、ゲームプレイ時でさえ、士郎が慎二を見た後に、きっと違うはずだ…というような士郎自身を納得させるシーンがあったのになぁ。そういう処理が欲しかったです。
そもそもゲーム未プレイだとしてもアニメである以上隠せる情報じゃないので(声で容易に推測が付く)、もったいぶるとどうせ慎二だろ?という印象を与えてしまうような…。
あと、葛木の処理も気になりました。ヒント与えすぎはつまらないですよー。あとからびっくりさせる方が楽しいと思うんだけどなぁ。
慎二の時にも思いましたが、ゲームで見たような「魔術師でない以上マスターではありえない」という凛の文句が欲しかった。
うーん、伏線と本筋だけを切り取って継ぎ接ぎしていると、伏線部分が目立つのは仕方ないといえば仕方ないのか…。24話に収めるためにはそうするしかないのかなぁ。
posted by 臣 at 03:03| Comment(0) | ◆ゲーム (エロゲ他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa