2006年10月31日

Lamento 攻略完成

Lamento−BEYOND THE VOID−の、正式な攻略ページは→コチラ
仮攻略は削除しました。

ゲームのレビュー自体は→コチラ


各キャラルートの発生条件については→コチラ

フルコンプしてみて、微妙に悪魔関連の選択肢への印象(?)が変わりました。
すべて、ライ・アサト・バルドの、どのルートに入るかに関係しているのではないかと。
 フラウド(喜悦)寄りの選択肢→ライルート
 カルツ(悲哀)寄りの選択肢→アサトルート
 ヴェルグ(快楽)寄りの選択肢→バルドルート

例えば、攻略内共通ルートの選択肢のうち、10番目を「哀しみがこみ上げてきた」にすると、「ライの気配を〜」を選んでいるのにアサトルートに入りました。
(カルツ寄りを2回余分に選んでいるせいっぽい…?)
また、10番目を「奇妙な喜びの感覚が強い」にすると、バルドルートに入れなかったりします。
(共通ルート最後の「〜の顔を見る」が出現せず、ライルートに入ってしまう)

面倒なのできちんとは検証しませんが、多少他の部分も変えてみたところ、どうも微妙に関連があるようです。


posted by 臣 at 00:00| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

Lamento 3周目(バルド)

以下、Lamentoのプレイ日記です。単なるレビュー用の覚え書きとも言えますね。3周目。
ゲームのレビュー自体は→コチラ 攻略は→コチラ

ルート策定除いて8時間かかりました。今回もオートではなく手動での進行。
※システムに関する部分は薄字にしてあります

今さらですが、ロードがクソ重い原因が分かりました。
バックログの保存量が多すぎるんですね。見てみたら全部最初からログがあるんですが…。さすがにそこまではいりません。しかも、バックログのスクロールバー使いにくいから、結局昔のログは読めないし。
ていうか、セーブデータどんだけ膨大なサイズになってるんだか。うーん、でも確かめてみたら、そこまで非常識なくらいは大きくないのか。
バックログの作成に時間がかかってるってだけではないのかなぁ。

うまくバルドルートに入れないなー。セーブからとか横着するからダメなのか…。分岐点は何処だろう。
少なくともライとのHシーンが出てくる時点で、ライルートに入っっちゃてるだろうし。
スキップ、もうちょっと早くならないかなぁ。今のままでも早い方だとは思うのですが、シナリオ量に比べると…。

やっとバルドルートに入れました。こんな早い所で分岐するんだったのか…。今までかなり先まで見てましたよ。
ひとまず攻略作成。バッドは未回収ですが…。
なんかルート策定に1時間くらいかかってる…? スキップの時間も含めて。ていうか、やっぱスキップ遅いよ…。


あー、また既読判別がおかしい。初めて見る会話なのに飛ばしすぎ。しかも、結構大事そうな伏線が…。
今回、ちょっとチェックが甘くないですか? これだけ長いとデバッグ大変でしょうけどね…。

今さらながら思いましたが、ホントに今回細かいミスが多いですね。
セリフがあっても音声がないことが一般と比べて多すぎ。
今回、再生を待ってたのに一向に流れなかったことで、改めてそう思いました。重要なシーンなのに…。
コノエの声が聞きたかったよ…。


とっても子ども扱いされてるコノエが可愛いです。ライの時もそうでしたが。

あー、バルド強っ。あまりのすごさにちょっと笑った。

発情期のコノエが相変わらず可愛いなぁ。毎度毎度、唐突ですが。やっぱ設定っていいですね。
CGのアップ時の粗さに味があります。

どうも、ライ以外のキャラは、痣の浮かぶ理由がちょっと弱い気が…。ほとんど発情期だけのせいになってますし。
ライの時は『深く心を通わせた相手』として十分に納得出来たのですが、アサトとバルドだと、いつのまに…?という感じで。
フィリも痣が浮かんだのがライではないことに驚いていますし、リークスのシナリオ上はライなのですよね。
でも、食堂でのアサトのセリフで、ちょっと納得。
「今はそうじゃなくても、いつかそうなるんだ」「だから、あいつに痣が現れた」
ああ、アサトが可愛そうだ…。
アサトルートやった後なので余計にそう感じます。ごめんね、バルドに流れたよ。
なんか、バルドが現場にいるせいか、ライの時より余計に…。

コノエが格好良いです。男の子で良いですね。
と思ったら翌日いきなり不仲か。バルドのイメチェン(違うけど)には驚きました。

Hシーン、てっきりバルドの私室かと思ったら、客室か…。
戻ってきたライが中の様子に気付き、思いっきり顔をしかめながら立ち去る姿を想像しました。
コノエが弱ツンデレ…(笑)
なんかバルドルートのコノエの顔はやけにエロいですね。かわいーなぁ。

もーホント呪われてんの? なんで右クリックでシステムメニュー出しただけでフリーズするんだよ…。
久々のフリーズです。最近ちょっとは安定してたのに…。

ああ、続きが見たいけどとりあえずキリがついたので、決戦前に終了。
続き…できるかな…。

ちょっと再開。ホントはもう寝ないとなのですが…。


あー、リークスに同意しちゃうなー。
「次から次へと面白いものを見せてくれる」って、まさに考えていたので。意味は違うけど同意(笑)
でも、まさかこう来るとは思いませんでしたよ。異なるパターンは面白いですね。

強制終了は…初めてですよ…。
もうめっさクライマックスですんごい良いシーンだったのに…。
コノエが怒りから復帰して歌い始めた瞬間に落ちました。いや、パターンではありますが、これからって時に…。


「少し前の物語」が新しくセリフ入りになっていました。バグかと思って強制スキップかけそうになりましたよ。危ない危ない。そういえば、フルカラーにもなってますね。
これはバルドルート限定の発生なのかな?? それとも3人目だから?
この変化はかなり嬉しいかも。セリフ入りだと、何だかにやにやできますよ。
そこでやっぱりそういうセリフ吐いてたんだ(笑)とか。
あと、シュイのセリフが微妙に印象と違って面白いです。

さて、これでグッドEND終了。
そして、ここでCONGRATULATIONSが表示されました。これでコンプ扱いなんだ…。
CGもシーンもまだまだ残ってますよー。バッドENDなんてひとつもみてないのに。
「少し前の物語」はCONGRATULATIONS表示の周で出るのかなぁ。


11/23追記
シナリオ差分&バッドEND回収中〜。最後はバルド。
バッド回収は、予想外にさくっと終わりそうだ…。
こんなことならさっさと終わらせておけば良かった。
したら、Laughter Landに行けたのに…。
さすがに初回プレイから間があきすぎて飽きたか?
バルドバッドも特にコメント無し。
posted by 臣 at 16:13| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

Lamento 2周目(アサト)

以下、Lamentoのプレイ日記です。2周目。
相変わらずただの雑感、というか覚え書きです。レビューにはなってません…。
ゲームのレビュー自体は→コチラ 攻略は→コチラ

※システムに関する部分は薄字にしてあります

総プレイ時間7時間くらいなか? もちろんセーブから既読スキップ使用で。
そして、今回はオートは不使用。

既読判別、どうなってるんだ…。
別選択肢選んで、内容が変わってるのに、スキップされたままというのは…。
同シーンで、ライかアサトか違う時に、一緒の判定にされることが多い気がする。
基本的にはかなり細かく判別されてるっぽいのになぁ。

しかし、バルドルートに入るつもりだったのに、無理だったか〜。
楽しようとして、かなり直前のセーブから始めたのですが。
うーん、ライの好感度あげすぎ?

アサトルートは入るの簡単ですね。
やっぱライのが好きかなぁ。あのギャップがよいですよ。
わんこ攻めはそこまでひいきにしていないというのもありますが。

今度はオート使っていません〜。スキップ多用することになるでしょうし。
オートじゃないと早い早い。

いちゃつきぶりに切れるヴェルグが良いです(笑)

うーん、ライの後に見たせいか、なんだか設定がかぶってるような…。
しかし、2周目はホントにさくさく進みますね。スキップですっ飛ばせるのは楽です。

猫、いいですね…。ホント、こんなにいいものだとは。新たな属性…って、実際は前からですが。
発情期やら毛づくろいやらといった設定が最高ですよ!
ああ、あの雑誌で見たバルドのブラシかけCGが見たい〜〜!!
ホントはアレ目当てで、2周目をバルドルートにしようと思っていたのです。

意外にも、ある意味ダークな結末に驚き。
ライルートみたいに、歌うたいが何でもしてくれるのかと思ってました。
てっきり右腕も復活するかと。

前回も思いましたが、後日談のピンクは象徴的なくらい鮮やかで良いですね。綺麗。
しかし、この二匹は…。
ヴェルグだけじゃなくて、カガリにまで言われるか(笑)
良いばかっぷるになりそうです。

相変わらず後日談が長いのが嬉しい…。音楽の盛り上がりからして、そのままエンディングへ行ってもおかしくなさそうなので。
と思ったら今回はそこまで長くもなかったか。まあ、こんなもの?

次はバルドです。その後に細々したBADを拾うかな〜。


11/23追記
シナリオ差分&バッドEND回収中〜。
アサトはあまり選択肢の差分もないですね。ほぼこのバッドENDのみか。
攻略作成時の確認の際、ちらっと読んでいたので、特に感想はなし。
触手はそこまで心惹かれるアイテムではないらしい…。
posted by 臣 at 23:43| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

Lamento 1周目(ライ)

以下、Lamentoのプレイ日記です。ホントに単なる雑感。
思いついたことを適当に書きつづっているだけです。
ゲームのレビュー自体は→コチラ 攻略は→コチラ

※システムに関する部分は薄字にしてあります


長すぎたので、27日プレイ分と本日プレイ分を日付別にわけました。
27日のはシステム感と初期の印象が中心。なんせ昨日の時点では村も出ていなかったので…。

28日プレイの履歴は↓こんな感じ。
最初から延々とオートプレイです。声もすべて。

0:00 続行
2:06 迷いの森
2:45 幽刻の谷
2:51 吉良
4:33 藍閃
5:37 中断

9:30 再開
9:46 祠
11:22 四色の光に満ちた地
16:00 中断

18:25 再開
22:24 カガミ湖
26:58 砦
29:00 ライルート終了!
 1周目総計24時間…。オートとはいえ、すごいですね。

まだ村にいます。
ああ、やっぱりカニバリズムって無理だ。気持ち悪い。

いつになったら村を出るんだろう…。さすがにちょっと飽きてきた。たぶん、あと1日なんだろうとは思うけど。
早くバルドの宿に行きたいよ…。

アサトの爪研ぎがかわいいvv
ライ狙いで行こうかなぁと思っていたのですが、アサトがいろいろかわいそうなので八方美人めに行くことにしました。

やっとバルドの宿に着きました。
うなだれるコノエが…vvv

戦闘シーンは若干飽きてきましたが、シナリオはまだおもしろいかな。
一体、どこからライルートに入るんだろう…。つがいになる時点では決まってないだろうし。
仲良くなってきたのが楽しいです。

しかし、このロードの遅さは致命的…。いくらなんでもひどすぎ。セーブはそれに比べたらまだ早めなのになぁ。なんでだろ。
あと、なんだかえらくフリーズするのですが…。なんなんだろ。そのたびに起動ディスクが必要でかなりめんどくさい。
ていうか、シリアルコードまで入れさせるんだから、起動ディスク無しでいいじゃん…。本当にめんどくさい。フリーズまったく無しで快適に起動し続けてくれるならまだいいけど…。
負荷高すぎ。


ああ、いつになったららぶっぽい感じになるのか…。動物園の猿みたいに毛繕いしあってたら、かわいいだろうにな…。
相変わらず長いです。演出がスゴイとはいえ、さすがに多少飽きてきました。しかもまだ中盤にも入ってない雰囲気あるしなー。

あぁ、ようやく進んできたか。
コノエ方向音痴のくだりは最初笑いましたが、何回もあるとしつこい…。

うわー〜〜!! またフリーズした…。コレ何回目だよ。
しかも、しばらく選択肢なかったから、ずっとセーブしてない…。
どうやらセーブ時に既読情報登録するようで、フリーズで強制終了だと、それまでの既読データも保存されないまま全部消えるのですよね…。
ああ、スキップがめんどくさい…。さすがに、強制スキップのまま放置することもできないし。

前よりはPC軽くなってるハズなんだけどな…。クソ重いNorton2006削除したし。
って、メモリの占有率見てみたら、Lamentoの高さに驚き。こりゃ、負荷かかるわけだ…。


飽きたー。飽きたー。もうさっさとライの過去ぶちまけて解決でもしてくれー。でもって、らぶらぶになってくれー。
もう、フラウドがまわりくどいったらないですよー。飽きた。

Hシーンが好みだ〜vv ホントようやくそれらしくなりました。
と思っていたら、またフリーズ…。地文が多くなってきたので、文字のスピード調整しただけですよ? なんか仕組まれてますか?
ああ、また頑張ってスキップしないとなのか…。前にセーブしたの、1時間半前…。


また飽きたー。停滞して進まないメインシナリオよりも、その他の日常シーンのが読んでて楽しいんですもん。
もうシナリオは超特急で行って欲しいかも。ちょっとくどいですね。
ちゃっちゃと終わらせて欲しいなー。

クライマックス間近だけど、まだ終わらない〜。日付超えちゃいますよ…。

日付変わりました…。

カガミ湖での誓い付近でのコノエがかっこいい…。ていうか、音楽もカッコイイ…。
やっぱ親密になった後のが楽しいです。良いなぁ、猫。

あららー、ここに来て初めて矛盾が。ラストの告白時。今までに触れ合ったことがあるのが娼館とお香の時だと言ってましたが、今回、お香のルートは通ってないですよー。なんか、言うこと聞いた方が良いかと思って。
(やっぱ、見ておけば良かったなぁ。後で見よう)
しかし、お香での選択肢必須という条件はやや厳しいフラグかもなので、調整としては難しいのかなぁ。これだけのために告白シーン2パターン作るのもアレですし。

耳ぺったんこなコノエがめっさかわいいです…。
さらに煽るライもステキ(笑)
ああ、やはり予想通りなくらい良い感じの事後。コノエがかわいいよ…。

やっぱクライマックスはおもしろいや。一気に進むのがよいですね。

あのCGで、一瞬バッドエンドかと思って、ちょっと前からやり直そうかと思いました(笑)
まあ、たぶん白いのがくるんだろうなーとは思いましたが。

決戦後の「少し前の話」、ここでつながるとは思っていませんでした…。あの理由が。


なんだか、すべてにおいて、歌うたいが最強?
あり得ない力をばんばん行使しまくっていますし。というより、なぜそんなことができるのかが不明。
結末はすべて歌うたいありきというか…、いいとこ取り?
もちろん、ハッピーENDなのはものすっごく嬉しいのですが、何か釈然としないというか…。
本来死ぬはずの状態から何度よみがえったことか。しかも、毎回同じ方法で。まあ、王道ですけどね。

ところで、ライは『感情の器』について、いつ知ったんだろう? フラウドとの決戦中は見えていないだろうしなぁ。

エピローグが思いの外長くて嬉しかったですvv
これだけ読めればかなり満足〜〜!
ああ、後日談、ここでおわっちゃうんだろうなぁ…、物足りないなぁ……。あれ、まだ続くのか。というのを何度か繰り返したので(笑)
ライルート萌えた…。ツボ。

グッドエンド終わったので、EXTRAとスタッフコメントが開きました。
またシーン鑑賞がHシーンしかないのか…。エピローグくらい入れてくれよ…。
CG鑑賞は、各ページ開くのにえらい時間かかるし。CG鑑賞のトップ開くのに2秒。各キャラのページ開くのに4秒。
いくらなんでもちょっとおかしいのでは…。PCの相性か?
コレに関しては、咎狗の方がまだマシだった気が…。というか、咎狗の時は普通だった気がします。なんでだろう…。
起動直後に試してみると、以前よりも早くなってました。キャラページに2秒くらいかな? やはり弱もっさり感…。


11/23追記
ようやくバッドENDをプレイしました。
攻略のためにバッドENDの発生を確認しただけで終わらせていたので、きちんと再プレイ中です。
とりあえず、ライルートから逆選択肢を選んでいきますか。できれば全シナリオ読みたいなぁ。

バッドエンド【ラゼル】
サクサク終わりますね。
他のことしながら聞いてました。
結構好きなEND。やっぱ淫蕩Ver.っていいですよ。

バッドエンド【フラウド】
うーん、ラゼルっぽい方が好みだ。ラゼルの時の墜ち方は好きなんだけどなぁ。
そういや、咎狗の時もそうだったか。
まあ、重複パターンが重なるのも嫌ですが。

ああ、痛い、痛いよ。苦手…。生身の肉がぶちっとするのはダメなんです。ああ、背筋に悪寒が…。
しっぽは考えつきませんでした(笑)
そうか、それもありだな…。

バッドエンド【ライ】
って、ああ、また即行で終わった…。
エンディングムービーとばせないのが、いい加減うざくなってきます。
特にこんなバッドEND回収中だとな〜。
posted by 臣 at 23:59| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

Lamento 初プレイ

以下、Lamentoのプレイ日記です。ホントに単なる雑感。レビューにはなってません。特に初回はシステム系のあれこれが多いですね。
ゲームのレビュー自体は→コチラ 攻略は→コチラ

ホントは昨日の20時過ぎに届いていましたが、しばらくは戦国ランスの更新にかかりっきりでした。
まさか、全公開されるなんてー!! 
今川はステキすぎるし、島津のCGは笑えるし。政宗かっこいいよ。
ああ、発売が待ち遠しい…。

22:48、プレイ開始。

さて、Lamento。初っぱなから修正パッチがあるのか。あてましたとも。
しかし、システムがどうも使いにくいなぁ。右クリックでキャンセル出来ないのが一番痛い。
基本的には高性能なのに…。たまにもっさりするけど、動作も以前よりは早めになったし。
キー認識は、もうちょい早めにして欲しい。オートになったのか分からなくて、Aボタン連打してしまうので。
マウスカーソルの追尾機能がないのもツライ要因。ホント、これがあるとかなり便利になるのに…。
バックログでマウススクロール無効なのも面倒。
あとちょっとで快適になるのになぁ…。
オートモード中に他のキー操作も有効だと嬉しかったです。システムメニューの右クリックしか効かないので、バックログ見たい時が不便。クリックでオートのキャンセルできればよかったんですけどね…。

あれ、後で試したら、バックログでマウススクロール出来ました。
さらに右クリックリターンまでできる…。
あ、そうか。やっぱ、オートモードのせいか。オート中は右クリックメニュー以外、ホントに何もできないんですね。
オートモード中のあらゆる操作を有効にして下さい…。
オート時に通常操作ができないのは、仕様としては結構問題ある状態だと思います…。
ついでに、オートのままにしてると、CG鑑賞ページが一瞬しか見られないのですよね。やっぱ、仕様として問題ありですよ…。

Cool-Bでの事前情報で見たとおり、演出は良い感じですね。立ち絵やらテキストの表示やら。Fateを彷彿とさせます。
コノエの立ち絵がかわいい。
ただ、どうやらニトロの3Dはやや受け付けない感の様子。咎狗の時と一緒。
3Dはどうしても違和感感じてしまうのですよ。
でも、慣れてきたかな。むしろ、背景が自在に動くのは、通り一辺倒にならない利点がありますし。

おお、咎狗の時と違って最初から面白いかも! 興味深いのはよいですね。やはり、淡々と一人称で進むより、会話が入っていた方が良いのかもしれません。
あと、演出効果もあるか。テキストや立ち絵が色々な所に出るので飽きが来ない。おもしろいなー。

文章が特徴的ですが、特殊な用語の説明もちゃんと入っているので、違和感なく入っていけます。最初は分からなかったですが。
コノエがアキラに見えて仕方ない今日この頃。声も結構似てる系? でも、うまい方で良かったです。聞いてて違和感がない。
一番違和感あるのは、『コノエ』という名前の発音…。私の脳内では“→→→”だったので…。実際は“↑→→”なんですよね。しばらく慣れないだろうなぁ。

とりあえず、以上が0時までの感想。
ちなみに、まだ村も出ていない状態。
posted by 臣 at 23:59| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

Cool-BとJ.GARDENとゲームと

ついこの前、衝撃的なことが発覚しました。
郎猫儿が乱猫儿に…。思いっきり誤字です。
ただ、指摘があって探してみるも、なかなか見つからない。
各レビューページには郎猫儿と書いてあるしなぁと思ったら、なんとメニューが違っていました。いったい何年前から…。
冤罪のレビュー書いた時に創設してからまったく変更していないので3年間以上?
ここまで気付かなかった自分に驚き。
ご指摘下さった方ありがとうございました。


でもって、Cool-B
ホントは購入してすぐ書こうと思ったのですが、繁忙期はやっぱ無理でしたね。
今月は久々に読んでて楽しかったです。かなりしっかり読めました。最近、惰性的にさらっと流すことが多かったので。
LamentoLaughter Landの特集記事が大きいかな〜。
読んでてかなり楽しみになってきました。
Laughter Landは衝動買いだったので少々心配だったのですが、興味が湧いてきて一安心。

ちなみに10/27は、Lamentoからプレイ予定です〜。
連続で休み取ったので、休みの間に終わらせる!!
本当はLaughter Landも続けてやりたいのだけど、11月中旬までお預けかな…。Lamentoだけでもギリギリ。
あー、解放されたい〜〜!!

今後の希望としては、11月下旬〜12月中旬にもう1〜2本プレイしたい所。
せめて今年買った物は終わらせたいよ…。桜坂SpellDownかな。ぼくらは〜は、たぶんそろそろ買いますが予定には入れません。
年始に今年も10本のレビューアップを目標にしていましたが、なんとかギリギリいけるかな? 1月の怒濤のプレイが効いていますね。
しかし、エロゲで総プレイ時間の半分以上がつぶれてるな。長いのばかりプレイしてるし。
Fateとか総プレイ時間が6日間近くなってますよ。ホロウは70時間くらいかな。


そして、12/15は戦国ランスvv
もう、ものすっごい楽しみですよー!!
キャラ数もスゴイし、デモも音楽も良い!
既存キャラを切望していましたが、これだけ新キャラが魅力的なら、そこまで出張らなくても良いや〜な気分にもなってきましたし。

ちょうど繁忙期も過ぎて暇になっているはずなので、1ヶ月くらい戦国ランスに染まる予定です♪ ああ、暇な時期に来てくれて助かった…。
あ、年末発売のLIVE×EVIL熱砂のプロメテウスは、もちろんランスの後です。


タイトルにJ.GARDENと入れていますが、書きたかったことは一つだけ。
女装と女体化は別物だと思います。
以上。

当日、COREがメサイアパロディ本をイベントで出していたのですが…。
あとがき読んで、女装か〜とわくわくしてたら、むしろ女体化。
たぶんHシーンがあるのがまずいんだろうな。ホント女体化。
拓人は女々しくなくて男の子なのが良かったのに、女の子になってどうするんだよ…。
今回の本の中では、攻め拓人が一番格好良くて良かったです。
拓人は、チャイナも着物も制服も似合うだろうけど、Hシーンがあるなら男性型にして欲しかったです。
混ぜるな危険、ですよ。
posted by 臣 at 00:18| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ショック…

なんとなく王子さまLv2がプレイしたかったのに、箱の中にROMがありません。
なんでー!?
起動毎にROMが必要ですが、ケースに傷つけるのが嫌で、別ケースに入れ替えて手元に置いていたような…?
でも、箱に戻してなかったっけ??
ああ、プレイしたいよ…。
箱を開けた瞬間、かなりの衝撃を受けました。
ホント、どこにいったんだろう。
雑感を見返してみると、去年の11月にプレイしている様子。
その頃なら、もう模様替えも済んでいるはずなので、今の部屋のどこかにあるはず…。
どこにいったんだよぅ…。
posted by 臣 at 07:38| Comment(0) | ◆雑感 (日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa