2007年07月29日

07 / 29 (Sun) 更新

『鬼畜眼鏡』のレビュー攻略をアップしました。
レビューは7/23にアップした物に加筆・情報修正を行っただけです。

BLゲーム発売予定一覧詳細データ一覧ランキングも更新。


やっぱ攻略ページ作るの好きだー!
面倒なテーブルをちまちま組み立てていくのが楽しい。
プロメテウスのは正直見にくいですが、それでも、あの分岐フローな形式が好きなのです…。
今回の鬼畜眼鏡の攻略は、割と綺麗にまとまったのではないかと。
密かにお気に入り。

ちなみにEND攻略は、1ページに収めるのがこだわりです。
単に自分が何ページもあると見るの面倒になるだけなのですが。
 

ついでに雑感。
少し前に、いつからサイトがあるのかを聞かれました。
自分でも覚えていなかったので、更新記録をさかのぼったら、2001/02/25開設でした。レビューページを現在のフォーマットにしたのは、2002年初頭。カラーリングを中心に大改装したのが、2002年末(それ以降、まったくと言っていい程、いじっていません…)。2003年にブログ形式の雑感開始。攻略ページを作り始めたのが2004年。王子さまLv2で、初めて完全な攻略を作りました。
そして今に至る、と。思えば遠くへ来たものです。

あ、あと、現在声優リストは直リンクが出来ません。
ブックマークする場合は、上記ページをお勧め致します。
当サイトは全ページリンクフリーですが、このように直リンクを弾いているページもありますので、ご了承下さいませ。
 


posted by 臣 at 23:36| Comment(2) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼畜眼鏡 克哉×本多・果実

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

ラスト。本多受けです。
本多攻めの時に見たシーンが続いたので、スキップ続きでした。
苦手だったシーンが飛ばせるのが嬉しい。しかし、短く感じるなぁ。
松浦の眼が細くて笑った。糸目がだんだんかわいく見えてくる。
相変わらず本多ルートは、ノーマル克哉が鬼畜気味。

鬼畜Ver.での本多ルートは爽快で良いですね。相手がくじけない+暑苦しいので、どれだけ責めてもかわいそうになってくることもないし。
しかも、他ルートに比べて理不尽さがない。何よりも本多が怒らせているからなぁ。
本多の鬼畜ルートはどうなるかと思いきや、好みだったノーマルルートと似た感じなのが嬉しいです。

まあ、毎回毎回思うのですが、まったくの前戯なしに突っ込むのはどうかと思うのですよ。
丁寧な描写はなくても良いけど、どう読んでも何もせずに速攻で突っ込んでいるようにしか見えない。
その状態で、どうやって入れているんだ。

慟哭が良いです。その後の重なった回想も。

なんて自然な鬼畜ルート。これも予想外。他キャラに比べて、一番鬼畜ルートでシナリオが自然です。
鬼畜Ver.は恋愛ENDにしようとすると、ムリヤリこじつけになりかねないからな…。
これは良い感じの融合。本多は、ノーマルルートが鬼畜っぽかった分、鬼畜ルートでの鬼畜っぽさは低めでしたが。
ポジティブ相手じゃ仕方ない。
そして、受け攻め論議に吹いた。

しかし、鬼畜度あがりすぎてバッドに行くかと思いました。ギリギリセーフ。というか、選択肢依存のみ?

ある意味、鬼畜ルートでは本多ルートが一番良かったかもなぁ。
何よりも、眼鏡を外しても元に人格に戻らないことに、克哉本人が後悔していない。やはり、元の人格を消した感じがしないからでしょうか。
そして、Mr.Rの引き際の良さ。なんだか今までで一番だったような…。完全体?

エピローグも良いですね。これは良いツンデレ。克哉に過剰なデレは要りません。
その他グッド・バッドENDもどれも好き。


果実も全部見ました〜。

禁忌の果実
初果実。まさかこういう系だとは…。予想外でした。

禁断の果実
おお、これは克哉×克哉! オフィシャルでのなんかの紹介を見て気になっていたカプです。
なんかライフカード思い出しました。どうする?オレ?

腐った果実
なんだか一気にエロゲな世界へ。もしくは成人指定の漫画っぽいかんじ。
醜い中年がいるため、ダメな方は要注意。まあ、好きという人も少ないとは思いますが。
CGもないため、グロテスクな物がダメな人は見なくても良いのでは?

魅惑の果実
なんか心理テストでもやってるのかと思いました。疲れた。

誘惑の果実
くだらなくて大好きです。馬鹿だー!
シーンを開いた瞬間にコレは!と思いました(笑)
直前で暗転するかと思いきや、やっぱり始まるんですね。

記憶の果実
見られるようになりました。克哉がかわいい〜vv
でもって、Mr.Rの話はこれだけ? 単なる不思議ちゃんで終わってしまった…。

真夜中の果実
またもや克哉×克哉。嫌いじゃないけど飽きてきた。

最後の果実
これぞまさに胸焼け。連続で克哉×克哉。
誘惑みたいにアホなのがもう1つくらいあっても良かったかも。
posted by 臣 at 02:21| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

鬼畜眼鏡 克哉×片桐

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

片桐さんはかわいそうなのであまりきついことを言うことができません(笑)
うーん、鬼畜度上がらない方ばかり選んでるけど、まあ、ルートに沿ってればいいか。

片桐のCGはたまに若くなるなぁ。
片桐も須原と同じように短いのかと思っていました。END数も一緒だし。しかし、4〜5週目の時点で、明らかに須原より内容がある気が…。独自シナリオの長さとしてもなんだかんだでかなり長め。
なんで須原は〜。

眼鏡アリの私服を着ているのに、眼鏡なしの顔が付いていると、なんか笑えてきて仕方ありません。
なんという慣れ。
しかし、この展開は…、なんでー!?
片桐サイドが理解できるようなできないような。微妙なライン。

インコ付きの立ち絵が非常にシュールで最高です。何このギャップ。
髪を引っ張られている絵面を想像して萌えました。

でもって何このツンデレ。うーん、克哉にこういうツンデレは求めていない…。デレ分多すぎ。
いきなり意味わかんねーですよ。こうまで説明くさい告白もなぁ。
まあ、こうならないとハッピーENDにはならないでしょうが…。
急すぎてホントに分からん。
今までもそれっぽい描写はあったけど、どれも唐突で納得出来ず…。
まあ好みの問題か。親父受け属性がない以上は仕方がない? かつ乙女なのもひどくNGなのかも。
Hシーンはクリック連打。
御堂の時は徹底的に堕としていたせいか、だいぶ納得感があったのだけれどなぁ。
エピローグの克哉はなんとなく好きでしたが。
もしかしたら、ある意味ではバッドの方が好きかも。

片桐ルートはインコがかわいくて良かったです。
以上。
posted by 臣 at 23:14| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

鬼畜眼鏡 克哉×須原

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

ノーマルルートが終わったので、残りの鬼畜ルートをプレイ。
まずは克哉×秋紀ルート。
うーん、やはり秋紀のだみ声が気になる…。
でも、意外とかわいくて良いです。
だみ声で生意気すぎるとたぶんうざくなる…。

そう思うと、うざそうなのがボーダーで大丈夫なキャラ多いなぁ。めずらしい。
五十嵐もルートで裏が見えたし、本多も意外と良かったし。
もうルート攻略するのも面倒、と思うようなキャラがいません。

かわいーわ、秋紀。しかし名前書くの面倒だな。
四つん這い時の須原がピヨの主人公に見えてしまいました。
この体勢は…と思ったら、来ました。
こういう系も好み〜。まあ、仕方ないけど、軽いですね。

…もしかして終わり?
早く寝るために急いでプレイしたせいでしょうか。
秋紀ルート、ものすごく短くないですか? 
でも、セリフはほとんど全部聞いているのに。
いくら既読はスキップ出来るとはいえ、ENDまで2時間もかかっていないですよ…。

このルートのイベントCG、何か変? 特にHシーンがすごく古い気が。
塗りのせい? なんか顔のアニメ塗りが非常に違和感。厚塗りというかなんというか。
乳首がかなり大きくピンクに塗られているのもかなり気になる。

この終わり方は…、ハッピーEND? まるでバッドENDなのですが。エンディングリストの並び順も他と違うし。
でも、キャラクターメッセージ聞いてると、幸せそうなので、まあいいかとも思えてきました。
しかし、お出かけするくらいのシーンまでは見せて欲しかったかも。

バッドENDもせっかくなのでCGが欲しい。ていうか、須原ルートのCG枚数が少なすぎる気が…。
たった7枚。克哉×御堂は11枚でしたよ…。
ハッピーENDらしきものがないせい? シーン数も少ないし。
しかし、改めてみても、須原ルートのHシーンは塗りがおかしいです。
それ以外は結構普通なのに…、なんでこんなにどぎついアニメ塗り?

ようやく攻略チャートが埋まってきました。
しかし、久々に果実を実行した所、始めて「見る資格がありません」が出ました。
うーん、全然攻略条件とか調べてなかった…。
posted by 臣 at 23:20| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

鬼畜眼鏡 本多×克哉

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

えーと、仕方なく本多。暑苦しいのが苦手ですが、多少でも楽しめることを期待して。
ずっとセリフを聞いてるとだるくなってくるので飛ばし気味。
しかし、この展開は…。やはり暑苦しい系のキャラが受け付けないとダメっぽいな。
せめて、ずっと眼鏡無しでいてくれればよいのに。
というか、本多×克哉だと思いこんでいた所に、攻め克哉っぽいのを見せられるとちょい引く。
私にとって、受け本多には覚悟がいるのです…。

あぁ、暑苦しいよ…。
しかし、ノーマルな黒佐伯はいけるかもしれない。

画面転換がもたつくの、何とかならないかなぁ。鬼畜眼鏡ってキャッチインみたいなのも、遅くなる要因。
画面効果オフにしてるんだから全部飛ばさせてくれ…。
スキップの時でさえ止まってしまうのは少々問題かと。

ラスト前の静かな感じは良いです。二人で飲んでるシーン。
やっぱり熱血がよくないのさ…。青みがかったイベントCGも好き。
なんというか、御堂はずいぶん克哉の本質を掴んでいたのだなと思わされます。

書庫の終わりのシーンもかなり好き(笑)

うーん、今までまったくといって良い程Hシーンがなかったせいか、1回のHシーンでのイベントCG枚数がものすごいな…。
エピローグは超甘々。ここまで甘いと砂糖吐きそう。しかし萌え。甘々は良いですね…。克哉がかわいいのが良いです。クレジットの請求に思わず笑った。さすがだ(笑)

あとはバッドEND回収すれば、ノーマル克哉ルートは終わり!
須原へ行ってきます。

って、本多はグッドっぽいのもあったのか。
こっちも結構好きです。克哉がひどすぎる(笑) 本多はすばらしきポジティブですね。
Mr.Rとのやりとりはこういう系のが好き。対立よりもしっかり対峙してる感じが良いです。
しかし、終わりの克哉自身は微妙なライン。ちょっとずうずうしいというかなんというか。
これも成長というべきなんでしょうが。

バッドENDも終了〜。さくっと終わりました。
あのカットインはCGに登録されないのかな?
posted by 臣 at 22:34| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

鬼畜眼鏡 攻略完成

『鬼畜眼鏡』の正式な攻略ページは→コチラ
仮攻略は削除しました。

ゲームのレビュー自体は→コチラ


 
posted by 臣 at 18:42| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼畜眼鏡 御堂×克哉・五十嵐ルート

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

■御堂×克哉ルート
なんつーか、御堂がノンケに見えないんですが。
エリートのお遊びの一つ?
うーん、攻め克哉も攻め御堂も、お互いに自分を求めて欲しいSタイプか。まあ、さっき見たばかりなので、逆の立場がおもしろいっちゃおもしろいですが。

前言撤回。攻め主人公希望…と思っていましたが、眼鏡なしも良かったです。やはりうじうじしなくなったのが◎。
意外と受け受けしくもなかったし。それなりに頑固で強い主人公でした。
眼鏡無しの元の人格のまま、成長していくのを見ると気持ちいいですね。
眼鏡ルートだと、変化したまま戻らなくなった自分に、若干の後悔が見られたというのもあるし。
プレイ時間はやはり5〜6時間くらい。


声量なんですが、キャラ別音量調節が欲しいなぁ、と。
主人公の声量を抑えたいのです、よく通るので。御堂に合わせると大きいし、主人公に合わせると御堂の声が聞き取りにくい。

なんだかたまに脱字が気になりますね。欠損が多い…。


■五十嵐ルート
うーん、次は五十嵐で良いか。うるさくてあまり好きじゃないんだけども。
意外と裏があってびっくりしました。黒さが良いです。
ちょっと方向性が変かなぁとも思いましたが、やはりハッピーENDではないっぽい…。ノーマルルートには入ったのですが。
かなり前で間違えてしまってるかなぁ。直前の選択肢を変えてみたらバッドEND連発。
と思ったら、ラストのちょい前を試すの忘れてた。無事にハッピーENDにたどり着けました。
こういう設定は結構好き。耐性って(笑)

パッケージのCG、誰かと思った五十嵐だったのか…。顔変わりすぎ。髪も異様に長いような。
五十嵐の声、どうも聞き覚えがあるなぁ。特にイタズラっぽそうなあたり。しかし、わからない。

しかし、エピローグには萎えた。駆け落ち…。例えば待ってるとか後からとかじゃダメだったんでしょうか。
少しは仕事のことを考えて欲しいと思うのですよ。
あと喫茶店でヤるならゴムつけよーよ。
って、本気で駆け落ち…。社会人ならせめてケリつけてから…。超萎え。
そういうことを気にしないタイプなら、それも個性ということで良いのですが、その程度の配慮は持っている主人公だったのでは…。恋は盲目?
結果的に仕事があって良かったとしても、それ前提で行ったのではなかろうに。
プレイ時間は3〜4時間くらい。

システムで、自動カーソル追尾をオフにできないかなぁ。普段は便利なんだけど攻略時は超不便。スキップ直後に間違ってクリックしてしまったりとか…。

五十嵐のバッドENDが一つでない…。まあ、一つ試してないことがあるのでそれやってからか。やってみたら無事出ました。

あとは眼鏡なし本多をやって、眼鏡アリの残り3名をつぶす予定〜。
今回はあまり好きでない方からつぶした形か。
というより、御堂×克哉が見たかっただけとも言う。それで、攻略のついでに、ノーマルの方をつぶしておこうかと。

今回、最初はやや須原が気になっていたのですが、声で萎えたので声の良い&設定が好みな御堂を先にしてしまいました。結果大正解でしたがvvv
御堂ルートは受け攻めどちらも好きだ…。
ノーマル、五十嵐は比較的面白かったけど、あの本多はどうかな…。
posted by 臣 at 18:41| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼畜眼鏡 初回プレイ(克哉×御堂)

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

Amazonなのに発売日に届きましたよ。びっくり。
佐川メール便と知った時はかなりげんなりしましたが…。
あの切っても切っても商品の出てこない封筒はなんとかならんもんか。

パッケージ、出しにくっっ。こういうタイプの紙ケースは傷みやすそうです。
なので、以前アニメイトで貰ったDVDトールサイズ保存用のクリアポケットを着用。かなりギリギリでしたが入りました。
結構出しやすいし、1回入れておくと便利かも。これなら傷むこともないし。
プロメテウス、アニメイトで買っておいて良かった〜。
初回特典冊子はまあ普通。お遊び本みたいな感じで良いのでは。

システムは至極快適。
セーブを消去出来るというのは、もしやBL初では。消したい事、結構あるのですよね…。順番間違えてたり。
細かいオマケがいっぱいありそうなのも楽しい。
最初はオートの速度がなかなかうまく調整出来ませんでしたが…。
音声が終わったら即切り替わって欲しいのに、かなりもたつく。ウェイト0にしたのに…。
どうも、文字表示の0.07秒って意外と長かったんですね。文字表示を0.03秒/ウェイト0.0秒で、比較的スムーズに切り替わるようになりました。
セリフの後の切り替わりをもう少し早くしてくれれば…。ちなみに文字速度は当初からNOWAIT。
というか、すぐに切り替わる文章と微妙に待たされる文章の差は何…?



本多うざい(笑)
主人公の性格もうざかったけど、これは本多のが勝ちだ〜。
主人公なら眼鏡でのギャップも楽しめるし。
しかし、変わりすぎに笑った。周囲が普通なのが余計にシュール。
そういえば、今時はスポドリって略すのでしょうか? 聞いた事なかったですよ。

あの「接待」という返答に笑った。どうやってノンケの御堂をヤれるだけの状況に持ち込むんだろうなぁと思っていたら…。
まさか向こうから飛び込んできてくるとは。個人的には好きな展開なんだけど、超安直。
…あれ? ノンケなの? じゃあ、あのホテル指定は何?

しかし、これは見事な攻めゲー。絶対服従命令は色々ぬるすぎた…。
たぶん眼鏡無しだと受けになってしまうのでしょうが、ありだけで充分なくらい攻めで良いです。
御堂が意外とかわいくて良し。まあ、そりゃ怖いわな。


やっぱおもしろいですよー。
赤くするとバッドEND直行?とも思いましたが、御堂を見たくてそのまま続行。
どうなるか楽しみです。
反対に、眼鏡無しはあまり見る気がしない…。ビバ、年下攻め!
恋愛っぽいENDはあるのでしょうか。そっちが眼鏡なし?

おう、バッドEND。
結構好きです、こういう系の独白。ベタなのが安心出来て良し。
しかし、鬼畜ルートにはハッピーENDはあるのだろうか。
Mr.Rに同感。私も眼鏡を掛けている主人公の方が好きですよー。

って、その後があるのか! これは私の好物なシチュ…。
もう、バランスが非常に好み。好きな子をいじめるレベルで意図的にひどく痛めつけたりするのは単なる暴力みたいで萎えますが、元々がサディスティックで奥底に実は好感情が存在したくらいのなら。そして、その感情もあまりあからさまではないところが良し。
ヘヴンの中嶋はそれもあって萎えたからなぁ…。お前は行きすぎた小学生かと。主人公も流されまくりで何考えてるか分からなかったし。
ちなみに、Sならヤる時はそこそこ徹底して痛めつけるくらいでもOK。痛すぎるとやっぱ萎えますが。
今回気になるのが、御堂の移り変わりがやや急ってくらいかな。まあ、あのときの独白で一気にイったのかもですが。

うん、これは萌えた。久々にゲームで萌えを感じられて嬉しい〜vv
…Laughter Landのヨアンは、予想外の方が強くて、純粋に萌えられなかったからなぁ。
攻め×攻めっぽいのがヒットですよ。さらには年下攻め。御堂が予想外にかわいいです。32歳という年齢もまた良し。さらに御堂は声も良い…。ハッカンも良かったしなぁ。
ラストで急に甘くなったのでギャップ萌えもあるかも。
しかし、ここまでかわいくなくていいよ、御堂。そこまで受け受けしくならなくても…。
あ、でも日常シーンはいつものプライドの高い御堂だ。こういう応酬は大好物vv

バッドENDも好み〜。奉仕するサドは良いですね。

なんだこのオマケの果実(笑)
まさかこういう系でくるとは…。予想外でした。


御堂が気に入ったので、逆カプも試してみたいと思います。御堂なら、御堂×主人公もイける気がする…。
大体システムはわかったので、今度は他キャラにも使い回せるようにしておこう。

しかし、鬼畜ルートの御堂ENDがまだあるようなので模索中…。
通常バッドENDばかりたまっていきます。
あ、御堂のバッドENDも全部出た。これで仕組みはわかりました。
あとは消化するだけだ〜。

1周目はあまりノリ気じゃなくてダラダラやっていたので、正確なプレイ時間が分からない…。5〜6時間くらい?
5〜6時間くらい?
posted by 臣 at 02:25| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

Amazonで購入

Girls-Styleのモニターで落札出来なかったので、鬼畜眼鏡をAmazonで予約した所、7/21-22に発送予定とのこと。
まあ、Amazonだからしょうがないか…と思っていたら、なんと今日発送済みメールが!
これで明日からプレイ出来る〜♪と思ったのもつかの間、佐川メール便での発送だったというオチ。

まあ、最安値(送料込6480円)を選んだ以上仕方ありませんが。
よくよく見たら、最初のは7/21-22配送予定と書いてあったや。
土日にプレイ出来れば御の字かなぁ。

もし、オフィシャル特典がCDだったら、オフィシャル通販したのですが…。
もし、近くにメッセサンオー古川電気があれば、ショップまで買いに行ったのですが…。メディアランドも良いかも。
今さら探してみて、アプロードでも良かったなぁ。割引込みで6000円はスゴイ。送料込みでも6600円。
とはいえ、Amazonのカード作ったので、独自に2000円割引と考えればいいか。

そんなわけで、鬼畜眼鏡プレイ日記のアップは遅くなりそうです。
posted by 臣 at 23:42| Comment(1) | ◆雑感 (日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa