2007年09月29日

09 / 29 (Sat) 更新

『スクエアな関係〜ぼくらの恋愛心理学3〜』のレビュー攻略をアップしました。
攻略はまだ作成中。


posted by 臣 at 09:32| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

スクエアな関係 ボーナスイベント

レビューページは→コチラ
攻略ページは→コチラ

フルコンプしたので攻略はちゃんとしたページを作り直しています。上のもまだ作成中〜。
この雑感にある仮Ver.だと発生条件を満たさず、ボーナスイベントに行けない部分があるので。
ちなみにボーナスイベント発生の条件は、『好感度MAX・受攻ポイントMAX』のようです。アンサー機能で“ゲームの進行に関係ない”と記載されている選択肢はほぼ対象外でしょう。



以下、いろいろネタバレのため、一部反転。あまり意味ないですが。
セーブは各カプ、こまめにしておいた方が良いですよ。


これでシーンフルコンプ〜と思って確認してみたら、何かシーンが増えててびっくりしました。各カプ分あるみたいだし、その後話系? それならエンドロール前後を見てみればいいかな??
幸いにも、選択肢はほぼ全カプセーブしてあるので、途中からプレイ。
ていうか、ちょっと不親切な気も…。セーブしてなかったら果てしなくめんどくさいですよね。


プレイ順に見ていきます〜。まあ、セーブした順なので。
以下、超ネタバレです。



まずは小早川&岸本! 細かいやりとりが萌える…。
蒼井と西田も良い感じに育ってて。
こういうのは大好きですvvv
落ち着いた後って良いですよね…。出来たてほやほやではなく、慣れた空気が好き。
イベントCGも超かわいいvv はじっこの岸本の仕方なさげな顔が…。萌えた。
しかし、こんなところでまたゲームが止まりやがってくれたので、再起動。
もういい加減にしてくれよ…。良い感じだったのに…。
再開。
ああ、皮肉やさんはいいなぁ。これが岸本に一番期待してた所だったりします。

あ、CGの空き3枚しかないってことは、同じシーンで4視点。ついでに受け攻め違っても同一シーンか。
んじゃ、次はさっき見たシーンの別視点で、蒼井&西田を見よう〜。
…なかなか発生しない。なんかいろいろ変えたら見られました。どこ変えたっけなぁ。
うーん、蒼井&西田と蒼井&小早川がうまくいかないっぽいか…。
ちょっと共通ルートの組み合わせ変えるかな。今のままの選択肢じゃ見られない。


蒼井&岸本と小早川&西田のおまけシナリオは、ちょっと流れが途切れた感。
最初に、蒼井×岸本からこのシナリオへ行ったのですが、個人的に蒼井×岸本はHシーンからあのまま同居へつながった方がきれいかな、と。


小早川&蒼井、岸本&西田の「うたた寝」もかわいかったです。やはりイベントCGがいい〜。
しかし、男4人が画面いっぱいに並ぶと暑苦しいな。
岸本&西田のは先に発生させていたので、今は小早川視点。
裏設定のようなこういうモノローグは好きだ〜。
“逆にどうしたわけか、こうやって4人で集まって、たあいのない話をしたりすることが増えた”
の部分とか。雰囲気大好き。その状況が容易に想像できるようで。


これで本当にフルコンプ。
やはりその後話は大好きです。安定しているので安心して読めます。
雰囲気で満足するタイプ。
posted by 臣 at 23:02| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

スクエアな関係 プレイ日記

スクエアな関係〜ぼくらの恋愛心理学3〜のプレイ日記です。
プレイ順につらつらと。

レビューページ自体は→コチラ
攻略は→コチラ


岸本&小早川岸本&西田は先日記載済み。


蒼井×岸本 小早川×蒼井 蒼井×小早川 岸本×蒼井 
蒼井×西田 西田×蒼井 小早川×西田 西田×小早川 




蒼井×岸本
蒼井ルートも岸本が性悪だ。しかし、一番迷惑かけない性悪っぷりですね。
もともと気に入っていたからというのがあるのでしょうが。

そういえば、今までずっと岸本だけを追っていましたが、他のカプはどうなるんだろうなぁ。ちょっと楽しみ。
しかし、今まで見たものはどれも各カプの恋愛ルートに入ってしまうと、ほぼ他キャラがシャットアウトされてしまったのは残念。周囲の状況も見たかったなぁ。特に終了間際の甘々になった後。
まあ、このルートはまだ防音とか気にしてる方か。

岸本視点から見ているのですが、たまに入る蒼井のCCがおもしろいです。
何も考えていなそうな顔で…。これもむっつり?

蒼井×岸本、いいかも〜。ほのぼので。こういう空気は好き。
この岸本もかわいいなぁ。膝枕のCGが好きです。
その後のシーンの岸本もかわいい…。
表面に見える熱量の差がvv 慌てる岸本ってのもレアな感じで。
これは蒼井視点で見るのがかなり楽しみです。

ジャスト1時間半。楽しかったです。


蒼井視点で。蒼井の思考もかわいかった…。
告白のシーンで何考えてたんだろうと思ったら、そのままでした(笑)
意外と普通。

岸本&蒼井のルートは結構他キャラの存在があって良い感じでした。
やはり、いるはずの同居人が空気になるのはね…。
目を気にするのは良いこと。やはりテキスト内にも多少の存在感は欲しい。


小早川×蒼井

共通ルートをまたやり直しています。
小早川・岸本視点の共通シナリオは一通り見たので、次は蒼井視点で。
西田の初スロでの“椿恭一ダンス”に笑った。

蒼井視点での共通ルートでは、小早川と西田の同時攻略を試し中。今までと選択肢の内容が違ったけど、無事になんとかなりそう。
ちなみに、岸本視点の共通ルートでは、西田と蒼井を同時攻略しました。小早川は選択肢少なすぎて無理だった。

この小早川×蒼井ルートも他キャラの存在感があって良い感じ。ていうか、初めて気付く人間が現れたー。
全然関係ないですが、生ケーキを生産直売と言っているの初めて見ました〜。製造??

このルートでの岸本が、あの素を考えるとあり得ないくらい親切なのですが、これはやはり蒼井を気に入っているからなのでしょうか。
廊下で声かけるのも少し意外だったのに、追い掛けてまでとは。


蒼井×小早川

うーん、これまでの全ルート通して、小早川がダイブかわいいキャラだったのは意外でした。
もうちょい男前希望〜。照れ方がどうもカマっぽく…。立ち絵のせいもあるかなぁ。赤面顔とか。
別にずっと気をはって男前にしていろ、という意味ではありませんが…。
さみしがりという設定では仕方ないのでしょうか。うさぎさん?
というか、全般的に赤面顔が似合っていないような気も。

もう少し強い人がいても良かったかな。蒼井は比較的安定していましたが。


岸本×蒼井をすっかりプレイするの忘れていました。
また岸本視点から。
頑張ってる岸本が滑稽で滑稽で。だんだんかわいそうな子になってくるよ…。
蒼井視点はどうなるのやら。
エピローグ間近での塁の言葉にちょっと笑った。そうだね、モーションだね。


蒼井×西田。なんか今までで一番平和…。問題起こすのもいないし。
あ、ちなみにプレイ順は適当です。
最初は岸本がみたいと思ってたけど、それも全部終わったので、攻略しやすそうな順。

告白早っと思いましたが、その後が長いのかな?
ある意味長かった…。ちょっとだらだらしすぎかも。
なんというか…ヤるだけ? テーマは逆のハズなのに、まるでヤることだけに意味があるような話でした。
全部終わってからの、甘い日常の方が私は好きですー。
どうせなら「じゃれあっていた」の方を見たかったなぁ、フェラでなく。
個人的に、突然の雨のシーンが結構好きだったので(蒼井が笑い返すルート)、もうちょっとからかうっぽいのも見てみたかったかも。

うーん、西田×蒼井なら良いかと思いきや、もっと微妙…。西田視点見ていますが、西田思いこみ激しすぎてひいた。
ついでに性格変わりすぎだ。
蒼井視点での岸本と蒼井のやりとりは比較的好き。


小早川×西田
次は西田で共通ルートを。小早川×蒼井を西田視点で〜。

しかし、岸本は、なんか意外と話しぃなんですね。
なんだか蒼井とばかり? まあ、他の人間にいちいち言う気にならないだけなのかもですが。
というか、岸本の思考がなんだか優しい…。結構毒されるんだなぁ。案外慣れやすい? 岸本ルートは随分激しかったけど。恋の病?
「殻」の前あたりで、岸本が西田に話しかけるシーンなんかは、結構素が出てますし。もう今さらなのでしょうか。

このルートは全体的にイベントCGが好きかな。中身はもうちょい萌えられるかなぁと思っていましたが、及ばず。

西田視点は終わったので小早川視点で。
キス時にあるCCの蒼井視点が楽しいです。とりあえず事実だけ認識(笑)


西田×小早川も西田視点のみ終了。西田ぐだぐだすぎ。蒼井ルートよりマシですが…。
西田は岸本との組み合わせが一番好みだったかも。どちらかなら西田×岸本かな。


なんとなく、ですが。今作は恋愛心理学シリーズのわりに、あまり心理面が深くないなぁというか、展開早いなぁというか。納得し切れてない部分があり。
多彩なのは嬉しいけど、どうもピンとこないカプが多い。
一種のパワーで押すような人間がいないせいかなぁ。
まあ、ある意味、全員が普通の人ってだけなのかもしれませんが。BL的にステレオタイプではない、ともいえるのか。
もうちょいステレオタイプなのが混じってた方が安心できたかもなぁ。


今回のゲームでは、蒼井×岸本が一番好みかなぁ。
予想とは微妙に外れていましたが。主に岸本が。
あとは小早川×岸本・西田×岸本とか。
別に岸本総受けでなくても良いのですが、適当に選んだらこうなってしまいました…。
岸本、ほぼすべてのエピローグで相手に性格を読まれているのがかわいいです。


カフェリンのような爆発的な萌えがなかったのは残念でしたが、いろいろな会話は面白かったです。全視点見ようとしているくらいには。
ルートも多彩で満足はしています。
微妙に各キャラに期待する性格がずれていたんだ…。あと、展開についていけなかったんだ…。

どのカプに置いても言えることですが、きっと後日談ならかなり萌えられると思います…。
posted by 臣 at 00:33| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

スクエアな関係 攻略完成

レビューページは→コチラ
正式版攻略ページは→コチラ

仮攻略は削除しました〜。以降は正式版へどうぞ。
posted by 臣 at 16:12| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクエアな関係 岸本&西田

レビューページ自体は→コチラ
攻略は→コチラ


まずは前回の続きの岸本×小早川から。
なんだか寝てからが早いなぁ…。
お互いに主導権握ろうとする、みたいなのがなかったのは残念。

確かにこれは、お前ら往来で何やってんだ…が満載ですね。


岸本×西田
暗いなぁと思っていたのですが、爆発のシーン(岸本視点)は好き。
やっぱ回転の速い子はおもしろいですね。しかし、プライド激高。
西田の空気抜けた発言に吹いた。

共通ルートを最初から別キャラでやり直していたので多少時間かかったかな。40分くらい。
恋愛ルートで1時間半強くらいかなぁ。細かい選択肢は一応全部見ています。


次は西田×岸本
今回は西田視点から見ています。
岸本の自覚が早いので、岸本が関わっている割りには多少おとなしめなルート?
結構好きかも。エピローグとかの素で容赦ないところとか。
日常的な会話って良いですよね…。
Sな受けも良いモノです。
プレイ時間は、各視点毎に1時間ずつかな。岸本×西田からの分岐です。


あー、いっぱいあってお腹いっぱいになりそう!
満足満足。
サクサク終わって次にいけるボリュームも良かったかも。

まあ、実はそんなにカプ毎に書きたいことはないかも。激萌えしてないからなぁ。
会話は楽しいのですが。

次は、蒼井・岸本かな? 岸本はコレで終了。


しかし、このゲームプレイしてて、一体何回PCを再起動しただろう…。
これだけは本当に不便。今までアインのゲームでこんな風になることなかったのになぁ。
何の前触れもなく、急に一切の入力を受け付けなくなります。それまで何の問題もなく操作出来ていたのに。
クリックしてもシナリオは進まないし、履歴も読めない。そのクリックは、ゲームを非アクティブにすると有効になるらしく…。
例えば、スキップボタンをクリックしただけでは何の動作もせず、メモ帳等他のアプリケーションを開いてゲームが非アクティブになると、ようやくスキップが認識されます。
なんだこの状態は…。
ツールバーにあるセーブ等のボタンはいつでも押せますが、その後の画面操作は上記同様。
この状態になったら、Windowsを再起動する以外方法がありません。このエラーが起きてから何をしようと無駄。ああ、めんどくさい…。

さらに馬鹿な子ほどかわいいVAIOちゃんは、タイマーのせいかWindows起動後にローマ字変換が出来なくなることが頻発。
あいうえおの母音が正常に打てなくなるため、まともに文章が書けません。
例えば、「あいうえお」と打つと「uuoee」や「。。。、、」になったり…。「か」と打つと「ku」となり変換されず…。
ちなみにATOKですが、ちゃんとローマ字漢字入力モードにもなっています。
この状態も再起動するまで治りません。まれに1回再起動しただけでは、元に戻っていないことも…。

これらの複合技で散々再起動させられました。10回はくだらないなぁ。
Excelとメモ帳をゲームの横と下に配置して、プレイしながら雑感と攻略を並行して書いているので、文字入力は必須です…。
posted by 臣 at 15:17| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

スクエアな関係 小早川×岸本

レビューページ自体は→コチラ
攻略は→コチラ


9/20の早朝にはヤマトの配送センターに届いていたようですが、配達日指定のため発送されず…。やはり届いたのは9/21でした。

早速インストール&プレイ。
システム、いろいろ備わってるけど、ユーザビリティがイマイチ…。
慣れの問題でもありますが。今までにない操作性だ…。
右クリックでシステム設定メニューを開きたい。
諸々の操作後にオートが途切れるのは何とかして欲しい所。

セーブ&ロード、小さくて押しにくい&カーソル移動面倒。結構距離あるんですよね…。左上と右下。1周もたてば、慣れましたが。
ウィンドウ枠に一緒に、セーブ・ロード・設定ボタンは付けて欲しかったなぁ。
それに加えて、今のようにツールバーにもあると便利だったでしょうが。どちらも使えるというのはポイント高い。

あと、セーブファイルを勝手にマイドキュメントに作るの、やめて欲しかったかも。
マイドキュメントにフォルダを増やしたくない。


シナリオは最初からすんなり読めます。これはもう安心していました。
小説好きというのもありますが、さくさく読み進めています。オートで読みやすい作品。やっぱ雰囲気が好きだー。
CGも相変わらず好みです。血色はそんなに悪くありません。
声は今までの同シリーズと比べて一変しましたが、違和感はなし。ハマっているかと。
OP、歌唱力が…。


…何事もなく終わりました。共通ノーマルEND? 次は答え機能使います〜。
ここまで音声スキップせず&たまにCCで他視点をみて、2時間半弱くらい。短め? 恋愛ルートに入れば違うのかな。
しかし、エンディングに見ていないCG使うのは止めて欲しい。
しかもHシーン…。


2周目以降は、当然の如く答え機能使用です。
小早川と、ツンっぷりが気になった岸本のカプが見たくて、とりあえずこの二人の好感度上がる選択肢のみ選んでみました。

やっと恋愛ルートに入ったー。無事、狙い通りに小早川×岸本。
他キャラの好感度あげちゃダメっぽいですね。

岸本ちょっとかわいーじゃないか。これじゃツンデレ(笑)
かわいいのでずっと岸本視点。たまにCCも見てみたり。やはり視点選択はいいな…。なんだかんだで攻め視点好きだ。
かわいいな、岸本。にやける。

もうちょっとかけひきっぽいのが見たかった…。展開、早っ。
岸本がうだうだしてるのがかわいかったのに…。

なんというか、恋愛ルートのボリュームが…?
共通に比べて、ちょっとアンバランスかも。もう?という気分になります。
初回、まったくスキップしなかった状態で、共通ルートは2時間程度。恋愛ルートは発生からENDまで1時間半ちょっと。
…CC見てたのも含めるとそこまでの差違ってわけでもないのか。
うーん、でも、もう少しのばして欲しかった所かも。まあ、総当たりだし、仕方ないのかな。

おもしろくはありましたが、そこまで萌えていません。岸本かわいかったんだけどな…。もう少しあの状態を見せて欲しかった。
『認めたくない』は萌えたんだけどなぁ。もう少し意地っ張りが見たかったですよ。


ところで、小早川×岸本になった状態の時、他キャラはどうしているのでしょうか。
たとえ防音完備だったとしても…。
ノーマルENDの時のように、家を出て行ったというような記述はあったかなぁ? 読み飛ばしはしていないつもりなのだけど。

エンディングは飛ばしたいよ…。


まあ、この分なら攻略は楽そう。
このルートはベストとグッド2つの合計3ENDでした。グッドなのかは微妙ですが。バッドはなし。
今回、小早川×岸本の岸本視点をずっと見てきたので、次は同ルートの小早川視点で行ってみます。


小早川視点も良かったです。別視点はやっぱいいなぁ。
あ、CCも既読に入るようになってる! これは便利。カフェリンの時にサブ視点使うと、同じ文章を何度も読まないといけなかったからなぁ。

やはりもっとラブラブ後の日常シーンが欲しかったかも。Hシーンばかりでなく。ラブラブ後もきっとツンデレ…。
既読は飛ばして、だいたい1時間くらいかな。

次は岸本×小早川。
posted by 臣 at 15:21| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ヤシマ作戦、かっこよかった!!&レス

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、見る気はありませんでした。
今さら映画化かよ! しかも四部作かよ! 庵野はどこまで堕ちれば済むんだ…。
と、初めて情報を目にした時は思ったので。

でも、なんだか周りの反応が良くて…。
何?ラミエルがそんなにかっこいいの??
ヤシマ作戦そんなにすごいの?
やっぱ気になる…。


というわけで、見てきたわけですよ。レイトショーで。
1500円出す気はない!と思っていたので若干お安めに。
いやー、すごいものですね。
ホントにラミエルカッコイイし。超変形。
ヤシマ作戦はしびれた…。
もう会議のシーンから完全新カット。ああ、格好いい…。

全部書き直していると聞いていたのですが、見た感じ同じっぽいのも混ざってましたね。ていうか、旧版と新版の顔の差が…。
別にすべて新作カットというわけではなく、あくまでTVと同じセルは使ってないってだけなのかな? 劇場版用にリマスタするのも含めてる?

今回の劇場版はシンジが今までより図太くて良かったです。新カットも格好良くなってまぁ。そして、段ボール…。
ちなみに、そのあたりのシーンはかなーり飛ばしていて、え?もう?な気分でした。2〜4話が速いこと速いこと。
しかし、ヤシマ作戦の会議からはもう燃えました。顔が良すぎる…。
全体的にコメディ色が薄めですね。削られています。


帰宅して、ついついTVシリーズを見直してしまいました。7話〜13話まで。
13話までは楽しい。14話以降は暗くて、もう一度見ようとはあまり思いません。
昔アスカが大好きだったのに、今はちょっとウザい子と感じてしまってなんだか残念な気分。
かわいいのですけどね…。でも、頭の良い所は相変わらず好きです。


今回、同い年の女4人組で行ってきたのですが、周囲の状況に笑いました。
ほぼ満席・男ばっか・同年代ばっか。これがエヴァ世代か。
友人曰く、入った時にものすごく周囲の視線を感じたそうです。
カップルくらいしか女性がいないって…。かろうじて1組だけ女性グループを見つけましたが。
なんというか、象徴的ですね。

今回一緒に見に行った4人のうち1人は、エヴァをあまり見ていなかった子でした。
曰く、途中からなにか熱気を感じた(おそらくラミエルの変形シーン)、
きょろきょろしているのが自分だけ、みんな超真剣でスクリーンしか見ていないのがおもしろかった、とか。
1話にあった全裸シンジのペンペン遭遇シーンに吹いていたのが新鮮でした。そうか、初見か。
でも、カヲル君の全裸で吹くのはいかんと思うよ。ふいを付かれたとはいえ。


パンフは買おうかどうか迷い中。今回行った映画館は完売でした。
J.GARDENの帰りにでも、ダメもとでシネマサンシャインに寄ってみようかなぁ。

 私信レスはコチラ
posted by 臣 at 23:29| Comment(0) | ◆雑感 (日常) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa