2009年10月28日

10 / 28 (Wed) 更新

『花陰−堕ちた蜜華−』のレビュー攻略をアップしました。

詳細データ一覧ランキング偽名声優リストも更新。

次は『STEAL!』かな? もしそれまでに何かプレイできればやってみます。
でも、今一番楽しみなゲームは『アリス2010』ですが。
なんという豪華ソフト。スタッフゲーでひさとさん絵が見られるといいなぁ。


posted by 臣 at 19:25| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

花陰−堕ちた蜜華− 攻略完成

『花陰−堕ちた蜜華−』無事フルコンプです。
完成版攻略チャートは→【コチラ】 レビューは→【コチラ】

共通ルート1本で強制バッド除く全ENDに行けるので、1つ作っておくと便利だと思います。同時攻略好きです。
毎度の如く大好きなテーブル組みでの攻略ですが、環境によっては見にくいかも…。
なので、当雑感の簡易版攻略チャートは、見にくい方用に残しておきます。
 簡易版攻略チャートはコチラ
posted by 臣 at 23:13| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

花陰 ヒュールート

PCゲーム『花陰−堕ちた蜜華−』のプレイ日記です〜。でも中身はただただ徒然の雑感。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

◆ヒュールート

ラストです。久し振りにこのボイス聞くと破壊力でかい…。今まで共通ルート既読スキップしてきたから…。
やばい。このヒューメインのルートに耐えられるだろうか。聞く度に吹いてしまう。
ていうか、気が付くと普通しゃべりになってるけど、もう全部それでいいじゃないか。
なぜ時たま思い出したかのように変な訛りが入るんだ。カタカナ語…。笑い死ぬのでやめてください。

そうだろうとは思ってましたが、豪ルートとまったく展開が同じ。
まあ、これは読めていたことなのでいいや。その後の個別シナリオは何があるんだろ。今のところ他キャラと違って悩みとかもないしなぁ。

なんでいきなり京極? 姑獲鳥に狂骨、魍魎と鉄鼠って…。分かる人には分かるってのを狙ったネタなんでしょうが、なんかちょっと気がそがれる。

このルートの巽もよくしゃべるなー。冬吾ルートの時より当てこすりっぽいのが多いけど。
伊織からヒューに急に視点が変わるのがびびります。その方が何考えてるか説明できて便利ではあるんでしょうが、不自然さを感じることも多いなぁ。なんかもうちょいうまいやり口はないもんか。

ヒュールートの選択肢が分かりづらい。どっちが正解なのやら。
豪、恋愛相談向いてなさそうだなー。意外と頑張ってたけど。

せっかくの告白シーンなんだけど…、カタカナ語に吹く。せっかく真面目に聞いていたというのに。
そしていつでもツッコミ待ちな聖だ。
Hシーンなんですが、布団おいてあるし、せっかくだから使おうよー。

しかし、H後の展開の速さにあ然。展開っていうか、もうホント説明しただけ。ただの事実の羅列。
その後の改名にもあ然。ペンネームだと思ってたのに…。それ呼び名なんだ?
なんだかよくわからないまま終わってしまった…。Hシーン始まる直前だったから、これはグッドEND??
まあ、また選択肢いじってみますが。

今回はプレイ時間4時間半くらいかなぁ。だんだん短くなっていってるけど、聖シナリオだけで8時間というのはやはり他のことしてた時間入れてしまってる気が…。そんなに長かったっけ?


バッドEND回収中ですが…何このEND。「不治の病」??? えーと、これ他のENDでもそうなの? さすがにベストじゃぴんぴんしてるし、多分このルートだけの話なんだろうけど、設定くらい統一させようよ…。
それぞれのENDまでの過程で、気持ちの変化とか、事故に遭う遭わないとかで身体に変化があるというのならわかります。でも、これはそう言うレベルの設定じゃないだろ…。
しかもこのバッドENDにその設定は必須じゃない気が。その上、その後の展開が意味不明。
その設定もこのルート独自? だいぶ前からの借金っぽかったけど。

あ、バッドEND回収してたらヒューの後半の画像枠が埋まってしまった。
じゃあ、あのペンネームみたいな名前のがベストENDで良かったのか…。Hシーン始まりかけで終わったけど。
ヒューのバッドEND収集完了〜。まあ、この展開ならたぶんあるんだろうなと思って探したのに、なかなかヒュー×蒼が出てこなかった…。かなり遡らないと駄目でした。
posted by 臣 at 17:43| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花陰 冬吾ルート

PCゲーム『花陰−堕ちた蜜華−』のプレイ日記です〜。
超徒然な雑感なのでとりとめないです。
昨日は結局、買った本読みながら寝落ちしてしまったので、再プレイは今朝から。
ゲームのために有休ですよ。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

◆冬吾ルート

他キャラクリア後、はじめからやり直す必要あり?
ふいにはじめから選んでみたら合間合間に冬吾のシナリオが出てきました。
次はヒューにしようかと思ってましたが、ちょっと先が気になるので冬吾からクリアすることにします。

このルートはやはり強情っぱりな伊織。
しかし、巽のお節介焼きには驚いた…。ご同類だから?
冬吾が人間くさくなってるのが良いけど、なんとはなしに見覚えあるような展開な気も。

伊織と蒼がめちゃめちゃ百合くさい…。なんかこのままENDでもいい気がしてきました(笑)

冬吾バッドENDへ。
他キャラの親密度ちょっとでも上げるとNGか?
しかし、ちょっと仲良くなってきてこれはハッピーENDかと思ってたところでバッドENDくらうとダメージくらいますね…。
もしかしたら蒼と寝たのがNGだったろうか。
…案の定でした。新しいシナリオが出てきたー。
ていうか、試してみたら他キャラの親密度の問題じゃなかったや。途中までヒューの好感度上げっぱなしのままでも大丈夫でした。とにかく冬吾以外と寝ちゃ駄目って事か?

たぶん、ですが。共通ルート中の他キャラ好感度はENDの決定には関係していない、かな?
ただ、ここ変則的なことしてくる可能性があるので確定とは言えないかもですが。

無事にバッドEND回避。
伊織が冬吾のことをすんなり許すと言わなくて良かった…。そうなるとあまりにご都合主義で今までの経緯は…って感じになってしまう。

事情聴取にて。
だからさー、ちょっと古めかしく感じる言葉なのはいいのさ。お手数を「おてかず」といっても、自棄を「じき」と言っても。頼むから全キャラ統一させてくれないか。冷める。

そして、冬吾君呼ばわりする聖が笑えて仕方ない。
冬吾ルートの巽はホントえらく目に見えて優しいなぁ。ご同類のため?
最後に巽さんと呼びかける伊織が良い感じでした。

無事にハッピーEND。その後話は嬉しいとはいえもう少し先まで見たかったところ。
しかし、これもHシーンあったってことは、やはり豪ルートで見たのはベストENDじゃなかったんだなぁ。刺青の位置も違うし。また後で試してみよう。
でも、Hシーンで冬吾兄様から冬吾さんに呼び名が変わってしまった…。ちょっと残念。いいじゃないか、兄様で。


初めて共通ルートの冬吾シナリオ読んだのも含めて、5時間くらいかかったかな?
冬吾ルートは画廊の枠が全部埋まったからたぶん終わり。めずらしくバッドが出やすい。
今回はいつもよりは専念していたような。

画廊を確認していたら見たことのない差分まで登録されてました。土手のヤツ。ヒューとはまだ一緒に帰ってないのに…。ネタバレ食らった気分だ。

あ、試しに過去選択肢遡っていったら、見たことのない差分が出てきた…。でもこれ、コンプ条件に入ってない気がする…。
下手したら土手のシーン同様、見てなくても登録されてそうだし。

しかし、ゲーム画面を非アクティブにした時、音楽以外の動作が全て止まるのが本当に痛いな…。こういう感想書きながらというのができないのは思いの外不便。
バッドEND探し中なんかは、昨日のJ.GARDENで買った同人誌読みながらやってます。
PCでの他の作業ができないので…。
posted by 臣 at 12:35| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

花陰 聖ルート

『花陰−堕ちた蜜華−』のプレイ日記です〜。というか、徒然雑感。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

◆聖ルート
意外と分岐がわかりやすく、無事に聖ルートに入ったんですが、なんかこっちのがシナリオぐだぐだだな。適当感?
最初に抱いたのは進行上良いとして、2回目が急すぎる。
既読スキップしちゃってるからなのかなぁ。でも、聖ルートに入ってからはほとんど既読なかったハズなんだけど。
なんか陰間と代理とはいえ主人で、ほいほい好きだなんだやってるのが違和感な気分。
豪ルートのツンデレ伊織のがキャラにハマってると感じてしまったせいかなぁ。

終盤でようやく気の強い伊織が出てきたので良かった…。
ずーっと、めろめろでらぶらぶが続いてるだけだったらどうしようかと。

ハッピーENDです。
巽はすぐ側で何度もくどくどしたいちゃいちゃぶりを見せつけられて、さぞかしうんざりだろうな…。
あー、やっぱ全編とおして巽の声が一番好きだー!

なんで離れで抱くんだ(笑) いくら近いからとはいえ巽の部屋…。
もう代行じゃなくなったとはいえ、元の部屋も使えるだろうに。まあ、すぐに巽の部屋じゃなくなるだろうからいいのかしら。汚すなとも言わないとは懐の広い。
でも、豪ルートみたいにその後話で終わった方が好きだなぁ。

この豪ルートもお昼の1:30くらいからプレイしてたんだけどなぁ。
ゲームだけに専念はまったくしてなかったとはいえ…。
既読使ってほぼ聖ルート個別シナリオしか見ていないのに、プレイ時間8時間くらいあった気がするんですが。
今回、ゲームプレイだけに集中できなくて、更に長くて雑事を挟まざるをえなくなるから、正確なプレイ時間がわからないです。

これからJ.GARDENの準備です。うう、さすがに今日も徹夜は厳しいからゲームはまた帰ってきてからだなぁ。
あ、明日は池袋西武のロフトでほぼ日手帳買わなくては…。


やーっと最後のバッドENDが終了。なかなか出なかった…。
というか、出てはいたのよね。途中であ、これ見た事あるわと思って中断しただけで。
なんか、最近もこんなんあったなー。パラディアームか。
スキップが多少遅くてもちゃんと最後まで待たないとなぁ。
どれだけ時間を無駄にした事か。

まさかこのカプ(聖×巽)。というか、何よりも朱璃は…?
伊織より何より、朱璃がかわいそうだよ…。巽の片想いの相手って…。
それともこのEND独自の設定? ヒューの時は独自設定がイヤだったけど、今回だけは独自設定であって欲しい。かわいそすぎる。
片想いの相手にひどいことをした…とか7年前からとかって言ってるし、きっと朱璃だとは思うんだけど…。後味悪いなぁ。
しかし、ホントに寝取られの多いゲームだ。BLでこんなにあったことあったっけ?

ついでに巽×朱璃ルートについて。
どう考えても続きのある巽×朱璃を探索中…。
たぶん他のCGは全部埋まってるのだけど、出てこない…。
と思っていたら、和臣が邪魔してました。
Hしてちゃいけないのかよ! さらに中庭が必須…。
まあ、場所が場所だけど、その選択肢はひどくないか?

でも、単にあのシーンの続きがあるだけだと思ったら、なんか急に朱璃ルートに様変わり。伊織はどこ行ったー?
聖にとって巽は嫌な事まで覚えてる相手だし、巽にとっても然りなんだなぁ。
聖見てると某修造を思い出します。暑苦しい(笑)

巽の変化っぷりがすごいな…。ちょっと笑える。セリフがくさい(笑)
なんかHシーンのねちっこさが花町の時に戻ってるような気がするのは気のせいか?
朱璃の声、多少大人っぽくなってるからまだ良いんですが、たまーにぶり声が出てきそうになるんですよね。やや心臓に悪い。

何気に今作で一番好きなENDかもしれません。
ちょいキャラかと思いきや巽も朱璃もかなり出張って、片想いやら何やら語ってたので、思い入れが…。
posted by 臣 at 00:53| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

花陰 初回プレイ(豪)

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

PCゲーム『花陰〜堕ちた蜜華〜』届きました〜。
しかし、プレイ当初は伊織がどうも肌に合わず、開始早々に他のことし始めて1時間経過。まだOPにもたどり着いてない…。
伊織の思考回路のうじうじ加減がどうにもゲームを進める気にさせず。

でも、もっと早くボイススキップしとけば良かったー!
恨み辛みのセリフやがなり声を延々聞いているのがイヤだったみたい。
めんどくさくなったらスキップにしてからはサクサク進みます。
さらに画面エフェクトオフにしたらものすごく快適になりました。

以下、プレイ日記というかプレイ中の徒然雑感。

相変わらず選択肢多いな…。また攻略めんどいんだろうか。
イベントCGの塗りがそこまでべとべとしてないのが良い感じ。
割合好みな色合いです。

ヒュー、中途半端になまるんなら、いっそ普通にしゃべれば良かったんじゃないだろうか。
でもって、伊織は和臣が毎晩登楼して、その代金は気にならないのだろうか…。
さすがにもうそういう金銭感覚くらいあるだろうに…、と思ったら気にし始めたので一安心。
しかし、和臣に裏があるように見えてしまうのは私が汚れてしまったからだろうか。
ひとつひとつの言葉がどうにもひっかかる。
って、今オフィシャルHP見たら、和臣はサブキャラであって攻略対象じゃないのか…。そしたらやっぱ裏あり?
八方美人にしてたらバッドEND直行でした(笑)

ヒューにだけ冷たくしたらシナリオ進んだー。3人まとめてだと駄目なのか?
ボイスで、伊織は「おてかず」なのに豪は「おてすう」…、別録りなんだろうけど、そこは統一しておいてくれ。

ずいきに吹いた。やばい懐かしいじゃないか(笑)

なんか誰のルートに入ってるんだかわからんなぁ。聖??
どうやら豪ルートに入ったみたい。どこからが分岐だろ。

伊織がとてもツンデレ。意外と真っ当にツンデレで驚いた。
そして意外とおもしろい。もっと文章めちゃくちゃかと思ってました。
心理描写もしっかりあってお互いに好きになるのがよく分かるし。
かなり悪役が弱くて展開早いなぁと思う部分もありますが、あまり強すぎてもうざくなるのでこの辺が個人的にはちょうどいい。

しかし、仕方ないんでしょうが、選択肢の視点は主人公オンリーの方が自然だったかなぁ。
ずっと伊織視点のシナリオだったので少々違和感。

一番良いシーンで…。せっかく専用の立ち絵用意したのに、シナリオと相違が…。
シナリオでは長刀の鞘なのに、どう見ても木刀にしか見えない。
せっかくなのにもったいないなぁ。
ラストHシーンなし。メイドの恐怖を感じるのは気のせいでしょうか。
まあ、バッドEND含めて他キャラも試してみます。

しかし、長かった。
結局まともにプレイし始めたの深夜の1時からで2時間の寝落ちがあったものの、それからずっとプレイ。
八方美人で3PENDになったりもしましたが、さっきようやく豪ルートが終わりました。
他のこともちょくちょくしてたから厳密な時間じゃないのですが、ボイスを結構聞いている状態で、9時間くらいかかってる??
まあ、これからは既読スキップ使えるから楽なのかな…。

バッドEND捜索中…。うっそ、エンディングスキップできないの? 2回目なのに…。
しかもゲームがアクティブじゃないとスキップの動きもエンディングも止まる…。音声は流れ続けるから意味がない。
もうエンディングはどうしようもないので、攻略中はゲーム終了させて起ち上げ直してます。めんどくさい。

ベストENDがようやく見られました。なんであの選択肢が必須なのか…。
posted by 臣 at 12:55| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

10 / 05 (Mon) 更新

『君の中のパラディアーム』のレビュー攻略をアップしました。

詳細データ一覧ランキング偽名声優リストも更新。

次は何プレイしようかなぁ。デビルサバイバーは外だけにして、家ではちゃんとPCゲームやろう。
いい加減、ラブミーテンダープレイして2008年総括書くかな…。遅いけど。
posted by 臣 at 01:30| Comment(0) | ◆更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

君の中のパラディアーム 攻略

完成版攻略チャート作成しました→コチラ レビューは→コチラ


この雑感の簡易版攻略チャートは、一定期間後削除します。
→簡易版攻略チャートへ
posted by 臣 at 00:14| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君の中のパラディアーム その他・特典CD

PCBLゲーム『君の中のパラディアーム』のプレイ日記・徒然感想です。
EXTRAや特典CD・小冊子についてもコメント。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

かなり残ってるCGがあるので、選択肢をまた遡っています。
でも、ヴァンベールルートの選択肢いくらいじってもヴァンベールEND以外は全部バッドに行き着くので行き詰まり…。
そこでふと思いついて公式見てみたら、見てないCGがいろいろ…。すっかりベルノワールとブランセルのルートを忘れていたようです。
そういえば、最初の選択肢変えてないやーと気付いたので、また遡ってきます。

◆ベルノワールEND
無事ベルノワールのイベントが発生。やっぱ最初の選択肢のせいか。
翼の根元で吹いた。ベルノワール様が(笑)

ああ、ベルノワールルート好きかも。ツンデレ?

ブランセルが格好いい。最後の本音の吐露が良い感じ。ああ、もっとこのブランセルが見たい…。ブランセルルートに行けば見られるんでしょうか。
ちなみに二人を繋ぐ鎖ってかなり長いのか? 存在してないかのような扱われ方だったけど。
アンフィニに小言をいうブランセルが良い感じだ。やっぱこのゲームはかけ合いがおもしろいなぁ。

ベルノワールルート、もっと小粒かと思ったけどCGも多いうえに十分中身があってびっくり。ラブくていいです。
エールの人格のこととか、他のルートにはない情報も含まれてたし…。ていうか、黒いよエール。
個人的にはゼフィールよりこのルートの方が納得できたなぁ。今思うとなんてゼフィールのルートは中途半端なんだ。
3時間くらいで終了。好みでした。


◆ブランセルEND
いいなぁ、弟愛。恋愛じゃなくて家族愛。かわいいかわいいしたくなるのも仕方ない。
他ルートじゃなかなかここまで素直に話してくれないから、このルートのブランセルがとても好きです。
アンフィニも難しいキャラだなぁ。基本的にブランセルと対峙してる時が一番自然な印象。ブランセルには最終的に優しいけど、他じゃ悪役だし。
終了〜。完全にブランセル固有ルートだけボイス付きで読んで30分かな。
後に残る良いルートでした。完全ハッピーENDじゃないのに、ここまで気に入るのもめずらしい。


◆消滅END
ヴァンヴェールのバッドENDらしき部分のイベントCGが2つ埋まらない…と悩みながら選択肢むさぼってました。こんな最後の所で差違が出てたのか…。最初からやっとけば良かった。
ベルノワールが切ない。最後のイベントCG好み。
エンディングが流れますし、これはバッドENDという扱いではないですね。ちょっともの悲しいものの、兄弟全員無事だし。
キャラ名が当てはめられないので、適当に消滅ENDにしておきました。


無事フルコンプ。しかし、回想モードが空白のまま…。これはバグだろうな。
大体20時間弱かな? サクサク終わって良いけど、CGとかのボリュームがもうちょい欲しかったかも。
とても笑える良いゲームでした。ギャグがうまいのは貴重。
コンプできたのでオマケやら特典系やらを見ていきます〜。


【Dictionary】
結局ゲーム中はアクセスできなかった用語集を見ています。
ENDクリア毎に情報が追加されるのが面白いですね。
“孤児院・院長先生”を見ましたが、結局エールは殺人犯じゃなかったとは…。あの時、ベルノワールが言おうとしたのはこういうことか。
“神のエキス”はちょっと笑った。“黒猫”の後日談も楽しい。“セックス”には吹いた。“認識番号”…25番目ってこれか! “発電所”もさりげなくネタ置いてあるし(笑)


【コンプ特典・キャラ日記】
ヴァンヴェールの日記が変態すぎる(笑) 最後のは想定してなかったので、思わず吹いてしまった。
ゼフィールの日記での、ベルノワールのお父さんっぷりが…。とにかくエールラブっぷりが伝わってきて楽しい。やっぱ攻め視点のが好きだー。
ブランセルの日記…。全てを通して弟ラブっぷりが伝わってきて切ない。やっぱこのルート好きだ。
アンフィニの日記、短っ。でも、あの消滅ENDを思い出すとちょっと悲しい。
ベルノワールの日記…、結局ゼフィールに見つかったのか(笑) あの淡々とした語調が笑えて仕方ない。兄弟揃って怖いね。


【豪華版 特典冊子】
『エールと黒猫』ベルノワールEND後
エールが黒猫と再開する話。初っぱなから最後まで爆笑してしまった。
混ざってくるゼフィールにも、家出するベルノワールにも。

『ブランセルの弱点』ブランセルルート中
萌えた。最初のエピソードだけで終わるのかと思ってたら、次のがえらい強烈でした。兄弟愛でありますが、萌えシチュがとても詰まっています。そしてオチはやはりちょっと吹く。

『囀るのは籠の中』ゼフィールEND後
ゼフィールの日記にあったのはこれか! バカップルすぎる(笑)
アホだろこいつら(褒め言葉)
そして、ベルノワールはやっぱりお父さん。

『初めての4P』3PEND後
すごいことに。今回も笑いました。裏事情にきゅんときた。ベルノワールが良すぎる。やはりオチには吹く。

やばい、楽しいなぁ。このライターさん、いくらでもネタ作れるんじゃないかってくらい、良いネタが多い。

特典CDはこれから聴くので、視聴後にまた更新します。


【予約特典 エッチなしりとり】
本気で笑いっぱなしです。るあーーーーーー!!!
その後も五月雨式に折り重なる文句がすごいことに。
六角形(笑) 放送禁止(笑)
最後の〆がそれかっていう。

【アニメイト特典 我慢できないヴァンヴェール】
ヴァンベールEND後。
童貞からステップアップ! ちょっと上手くなったんだね。
即拒否られるヴァンヴェールは大変かわいそうだけれど、もっとかわいそうだったのはベルノワールでした。せっかく相談にのってあげてたのに(笑)
ヴァンはやはりアホの子でした、というお話。

【メッセサンオー特典 ベルノワールの扱い方】
ゼフィールEND後?
さすが特典CD。エールが本編以上に突っ走りすぎてて笑える。
効果音のせいでエロい雰囲気がまったくない(笑)
黒エール出現して吹いた。


あと、メディアランドのを友人から借りられる予定なので楽しみ〜♪
ソフマップは自分で買うかも。もし店舗行って残ってたら買ってきます。
posted by 臣 at 00:07| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

君の中のパラディアーム ヴァンヴェール

PCBLゲーム『君の中のパラディアーム』のプレイ日記・徒然感想です。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

どうあがいてもヴァンヴェールルートに行かないので、もっと初っぱなの選択肢を変えることに。今までいろんな選択肢でゼフィールルートに行けたけど、ここらの選択肢の意味あるのかな…。
でもって、イベントCG的にヴァンヴェールルートの方に重心偏ってる?? ページ数の差が…。まあ、こっちのルートで何が出るかまだ分かりませんが。

ちなみに今作で一番好きな声はヴァンヴェールです。
ベルノワールの一条さんはいつもよりだいぶ重め? そういうキャラなんだろうけどクドくて…。

あ、そういえばパッケージ裏に載ってるゼフィールのイベントCG見てないや。
やっぱ、どっかで見落としてるのかなぁ。あんな選択肢少ないのに。
と思っていたら、こっちのルートで出現。なんだかこっちのが充実?
あっちはあっけなく回答に行き着いた感あったからなぁ。

えー、ホントになんかゼフィールルートとのCG枚数の差が激しいんですが…。
今のところシナリオもこっちのがしっかりしている印象。選択肢の数も全然違うな。

ちょっとゼフィールがかわいそうになってきた。
ここは危険な国だってずっと警告してきたゼフィールをちょっとは思い出してあげて!

今回はヴァンヴェール→エールという感じの心理描写的に自然な流れ。ゼフィールはエールからもだったから流れが急で追いつかなかったし。

あ、できればピアスの立ち絵変化が欲しかった所。はっきり見えてるし。
…えええ、このルートでも出生の秘密が明らかになるのー!? 出生の秘密はゼフィールルート、過去の秘密はヴァンヴェールルートって棲み分けされてるかと思ったのに、ゼフィールルートのシナリオ的優位性がまったくなくなった…。
ゼフィールルートだけでは疑問が残るけど、ヴァンヴェールルートはそれだけで完全に物語完結しちゃう。いや、このルート好きだけど、落差が…。

またまずはバッドENDから。
一応ゼフィールルートのとは文章変わってるのか。
しかし、再ロードしたら選択肢が3つに増えてる!? でも上2つが同じ。なんかのフラグミスだろうか…。

そして、ヴァンベールENDの方へ。なんかエールが急に強気に…。おとなしい性格じゃ…なかったっけ?
マジなキスシーンの時にヴァンベールのふざけ顔があると吹いてしまう。そこは赤らめてる方でいいんじゃないのか。

ヴァンヴェール、ゼフィールとの3Pの時は手慣れてたのに、本来のルートじゃまったくの初心者だったのに笑った。拒否られっぷりもすごい(笑)
…ゼフィールはやっぱりむっつりスケベだったと。
そしてイベントCGでは、相変わらずアップの顔がたまに違う人ややや年上っぽく。Hシーン以外のCGは普通だったんだけどなぁ。
なぜか途中から他のBLゲーム同様、交互の喘ぎになりました。今まで同時音声みたいだったのがいきなり変わったからびっくりした。

ヴァンヴェールEND終了。
ホントにこのルートだけで『君の中のパラディアーム』という話が完結するなぁ。ベルノワールに関しても、ゼフィールルート以上に補完があるし…。
ゼフィールルートの時はどことなく哀愁っぽいのがあったけど、ヴァンヴェールルートははっきり幸せ。
ボイス全部聞いたプレイ時間自体は5時間半とゼフィールの時とそこまで大差があるわけではないのか。この充実感は密度の差?

EXTRA見たらまだCGが大量に残ってるみたい。
またいろいろ試してみます。
posted by 臣 at 15:36| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

君の中のパラディアーム ゼフィール

ご無沙汰しております。
以前からずっとDSにハマリ中でした。
チビロボやってチンクルやって、今はデビルサバイバー。おもしろい。
しかし、昨日から『君の中のパラディアーム』プレイ開始。久々のPCゲームです。
もちろん予約済みでしたよー。アニメイトで。特典CDは全部終わってから聴きます。

DSにハマっていたのもあり、まったく集めた事前情報を見ないままのプレイでした。
カウントダウンボイスで初めて全員の声聞いたくらい。
その時は若干イメージと違う…?と思ってましたが、やはりプレイしてると慣れてきますね。テンポが良いせいか、いつもよりも慣れるのが早い気が。


以下、『君の中のパラディアーム』プレイ日記というか徒然です。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

最初起動した時は画面サイズの見慣れ無さに戸惑いました。長い。
霜月さんのOPが良い感じ。雰囲気作るのうまいなぁと思います。

エールの立ち絵、服のふくらみがちょっと胸のふくらみに見えるのが微妙〜。なぜちょうどあの部分が広がってるのか。

オフィシャルサイトの君パラ講座では若干キャラがコミカル仕様になっているとのことだったので、エールと初対面時のベルノワールが本来のキャラかと思って、ちょっとめんどくさくなりかけました。コミカルに戻って良かった。
ところで、ベルノワールはどこまでが角? 後ろの骨も角?? と思ったら羽の残骸なのか。

死ねと言われた本人は喜んでるし…でちょっと吹いた。
呼び名にこだわるヴァンにも一々吹いてしまう。
テンポ良くておもしろいです。

どうやらすんなりゼフィールルートに入った様子。
…展開はやっ。もうですか。
と思ったら、意外な助け。おもしろがってるのかと思いきやマジだし、予想外に優しいベルノワール様。
ヴァンとゼフィ見てると、まさに喧嘩するほど仲が良いですね。さすが双子。
立ちション(笑) 好きだ、このシーン。

なんかたまにブザーみたいな音が鳴るんですが…。前に部屋を出てった時に鳴った音??
イヤホンで小さい音も聞こえるのでものすっごく邪魔。キュイキュイ音がする時もあるし…。

エールの気持ちの移り変わり早すぎる。前に描写があった時にも思ったけど…。
結構パッパッとシーンが移っていくから、内部的には時間経過があるのかなぁ。もうちょっと描写が丁寧だと良かったんだけれど。
今回も結局オチが付いたけど、エールの気持ち的には変わりないし。
今のところ、掛け合いとかのテンポは良いけど、心理描写はないに等しい印象のシナリオです。まあ、楽しいのでいいですが。

アンフィニ登場。声が野太いよぅ…。綺麗系かと思ってたからちょっとびびった。まあ、悪役っぽいキャラには良いのか?
ブランセルが思いの外かわいい。なんで最後に「励むように」なのか(笑)

しかし、これからHシーンかと思っていたらなんという肩すかし感。あまりにアレなので、選択肢的にとりあえずバッドから見てみました。
アンフィニEND? やはりバッドですね。ところでアンフィニの姿形は変わらないんだろうか。てっきりエール身体に入るのかと。

ここまででボイス聞いて4時間。
1回ENDを見たためかEXTRAが開きました。今まで用語集見ても何も反応しないのは、制限かかってたからか…。なら、説明書に用語集は1回クリアしないと使えませんって書いておいてくれ。Dictionary何回押しても作動しないからバグかと思った。
ってあれー。クリアしてからもプレイ中の右クリックメニューのDictionaryが使えない…。なぜだ…。


再度、ゼフィールルートへ。
ブランセルが好きだ。あの固まった顔がたまらない。

なんというか…相変わらず唐突。前の肩すかし感の時も、もうちょい上手い断り方はなかったのか。
そして、Hシーンで吹いてしまった。BGMがエールのエンドレスあえぎ声(笑) 面白い試みだけどループっぷりに笑ってしまいますよ。
イベントCGは裸体がなんか変…。デッサン明らかに狂ってませんかー?

エンディング後のイベントCGでもゼフィールは別人顔。なんかだいぶ野性味あふれてるんですが…。別人なのはエールもだけど。ちょっと女の子みたい。

終了〜。たぶんゼフィールEND。どこでも好き放題キスしてる兄弟でした。兄弟モノ得意じゃなかったけど、意外と大丈夫で安心しました。
いろいろと解明されていない謎があるっぽいので(ていうか、根本的には何も解決してない。そういう話?)、他のシナリオも楽しみ。
ここまでで前のENDから1時間弱くらい?
クリアしたのに、そして色々見たのに、シーン回想にゼフィ関連がまったく登録されていない…。なんか選択肢間違えてたんだろうか。
まあ、選択肢5個と大変少ないので、適当に遡っていくことにします。


ちょっと選択肢を遡ってみました。すると驚きの展開が。
しかし完徹のためここで寝落ち。朝、家族が起きる時間に、なんという画面で寝てしまったんだ…。裸色真っ盛りな3PCG…。誰も部屋に入ってないと良いのだけれど。
二人並んで裸で正座…、想像するとシュールで吹く。楽しそうだな。
あ、これでこのままENDなのか。エンディング後が長くて良いです。
しかし、やっぱHシーンのイベントCGだと若干別人…。全キャラ、立ち絵より明らかに老けてる。まあ、今回の設定としては本編より数年後の時間設定のようですが。
既読スキップ使って1時間半くらい?

途中の選択肢でベルノワールを選んでみました。
ここのイベントCGは立ち絵と質感が近いなぁ。エールの顔もそのまま。
しかし、そのまま進んだらゼフィールルートに行っちゃったけど、フラグ管理甘いのか? エールは少年を知ってるのに知らないことになってる…。

このルートだと結局ゼフィールルートにしか行き着かないので、ヴァンヴェールルートはもっと前の選択肢か。
posted by 臣 at 23:43| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



育児ログ
Powered by Seesaa