2009年10月03日

君の中のパラディアーム ヴァンヴェール

PCBLゲーム『君の中のパラディアーム』のプレイ日記・徒然感想です。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

どうあがいてもヴァンヴェールルートに行かないので、もっと初っぱなの選択肢を変えることに。今までいろんな選択肢でゼフィールルートに行けたけど、ここらの選択肢の意味あるのかな…。
でもって、イベントCG的にヴァンヴェールルートの方に重心偏ってる?? ページ数の差が…。まあ、こっちのルートで何が出るかまだ分かりませんが。

ちなみに今作で一番好きな声はヴァンヴェールです。
ベルノワールの一条さんはいつもよりだいぶ重め? そういうキャラなんだろうけどクドくて…。

あ、そういえばパッケージ裏に載ってるゼフィールのイベントCG見てないや。
やっぱ、どっかで見落としてるのかなぁ。あんな選択肢少ないのに。
と思っていたら、こっちのルートで出現。なんだかこっちのが充実?
あっちはあっけなく回答に行き着いた感あったからなぁ。

えー、ホントになんかゼフィールルートとのCG枚数の差が激しいんですが…。
今のところシナリオもこっちのがしっかりしている印象。選択肢の数も全然違うな。

ちょっとゼフィールがかわいそうになってきた。
ここは危険な国だってずっと警告してきたゼフィールをちょっとは思い出してあげて!

今回はヴァンヴェール→エールという感じの心理描写的に自然な流れ。ゼフィールはエールからもだったから流れが急で追いつかなかったし。

あ、できればピアスの立ち絵変化が欲しかった所。はっきり見えてるし。
…えええ、このルートでも出生の秘密が明らかになるのー!? 出生の秘密はゼフィールルート、過去の秘密はヴァンヴェールルートって棲み分けされてるかと思ったのに、ゼフィールルートのシナリオ的優位性がまったくなくなった…。
ゼフィールルートだけでは疑問が残るけど、ヴァンヴェールルートはそれだけで完全に物語完結しちゃう。いや、このルート好きだけど、落差が…。

またまずはバッドENDから。
一応ゼフィールルートのとは文章変わってるのか。
しかし、再ロードしたら選択肢が3つに増えてる!? でも上2つが同じ。なんかのフラグミスだろうか…。

そして、ヴァンベールENDの方へ。なんかエールが急に強気に…。おとなしい性格じゃ…なかったっけ?
マジなキスシーンの時にヴァンベールのふざけ顔があると吹いてしまう。そこは赤らめてる方でいいんじゃないのか。

ヴァンヴェール、ゼフィールとの3Pの時は手慣れてたのに、本来のルートじゃまったくの初心者だったのに笑った。拒否られっぷりもすごい(笑)
…ゼフィールはやっぱりむっつりスケベだったと。
そしてイベントCGでは、相変わらずアップの顔がたまに違う人ややや年上っぽく。Hシーン以外のCGは普通だったんだけどなぁ。
なぜか途中から他のBLゲーム同様、交互の喘ぎになりました。今まで同時音声みたいだったのがいきなり変わったからびっくりした。

ヴァンヴェールEND終了。
ホントにこのルートだけで『君の中のパラディアーム』という話が完結するなぁ。ベルノワールに関しても、ゼフィールルート以上に補完があるし…。
ゼフィールルートの時はどことなく哀愁っぽいのがあったけど、ヴァンヴェールルートははっきり幸せ。
ボイス全部聞いたプレイ時間自体は5時間半とゼフィールの時とそこまで大差があるわけではないのか。この充実感は密度の差?

EXTRA見たらまだCGが大量に残ってるみたい。
またいろいろ試してみます。


posted by 臣 at 15:36| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。