2009年10月26日

花陰 冬吾ルート

PCゲーム『花陰−堕ちた蜜華−』のプレイ日記です〜。
超徒然な雑感なのでとりとめないです。
昨日は結局、買った本読みながら寝落ちしてしまったので、再プレイは今朝から。
ゲームのために有休ですよ。

レビューは→【コチラ】 攻略は→【コチラ】

◆冬吾ルート

他キャラクリア後、はじめからやり直す必要あり?
ふいにはじめから選んでみたら合間合間に冬吾のシナリオが出てきました。
次はヒューにしようかと思ってましたが、ちょっと先が気になるので冬吾からクリアすることにします。

このルートはやはり強情っぱりな伊織。
しかし、巽のお節介焼きには驚いた…。ご同類だから?
冬吾が人間くさくなってるのが良いけど、なんとはなしに見覚えあるような展開な気も。

伊織と蒼がめちゃめちゃ百合くさい…。なんかこのままENDでもいい気がしてきました(笑)

冬吾バッドENDへ。
他キャラの親密度ちょっとでも上げるとNGか?
しかし、ちょっと仲良くなってきてこれはハッピーENDかと思ってたところでバッドENDくらうとダメージくらいますね…。
もしかしたら蒼と寝たのがNGだったろうか。
…案の定でした。新しいシナリオが出てきたー。
ていうか、試してみたら他キャラの親密度の問題じゃなかったや。途中までヒューの好感度上げっぱなしのままでも大丈夫でした。とにかく冬吾以外と寝ちゃ駄目って事か?

たぶん、ですが。共通ルート中の他キャラ好感度はENDの決定には関係していない、かな?
ただ、ここ変則的なことしてくる可能性があるので確定とは言えないかもですが。

無事にバッドEND回避。
伊織が冬吾のことをすんなり許すと言わなくて良かった…。そうなるとあまりにご都合主義で今までの経緯は…って感じになってしまう。

事情聴取にて。
だからさー、ちょっと古めかしく感じる言葉なのはいいのさ。お手数を「おてかず」といっても、自棄を「じき」と言っても。頼むから全キャラ統一させてくれないか。冷める。

そして、冬吾君呼ばわりする聖が笑えて仕方ない。
冬吾ルートの巽はホントえらく目に見えて優しいなぁ。ご同類のため?
最後に巽さんと呼びかける伊織が良い感じでした。

無事にハッピーEND。その後話は嬉しいとはいえもう少し先まで見たかったところ。
しかし、これもHシーンあったってことは、やはり豪ルートで見たのはベストENDじゃなかったんだなぁ。刺青の位置も違うし。また後で試してみよう。
でも、Hシーンで冬吾兄様から冬吾さんに呼び名が変わってしまった…。ちょっと残念。いいじゃないか、兄様で。


初めて共通ルートの冬吾シナリオ読んだのも含めて、5時間くらいかかったかな?
冬吾ルートは画廊の枠が全部埋まったからたぶん終わり。めずらしくバッドが出やすい。
今回はいつもよりは専念していたような。

画廊を確認していたら見たことのない差分まで登録されてました。土手のヤツ。ヒューとはまだ一緒に帰ってないのに…。ネタバレ食らった気分だ。

あ、試しに過去選択肢遡っていったら、見たことのない差分が出てきた…。でもこれ、コンプ条件に入ってない気がする…。
下手したら土手のシーン同様、見てなくても登録されてそうだし。

しかし、ゲーム画面を非アクティブにした時、音楽以外の動作が全て止まるのが本当に痛いな…。こういう感想書きながらというのができないのは思いの外不便。
バッドEND探し中なんかは、昨日のJ.GARDENで買った同人誌読みながらやってます。
PCでの他の作業ができないので…。


posted by 臣 at 12:35| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。