2006年03月29日

帝国千戦記 千夜の夢 プレイ日記

以下は3/17〜3/28にかけてプレイしていた帝国千戦記千夜の夢のキャラ別コメントです。
3/14にプレイした貴沙烙のみ別枠で記載。
プレイ日記というよりもプレイ中の感想ですね。キャラ名クリックで各キャラへ飛べます。並びはプレイ順です。

『帝国千戦記 千夜の夢』のレビュー自体は→【コチラ】


貴沙烙李琉舜燕旺珂氷霧朱緋真孟元堅バッド史鋭慶


■李琉舜
李琉舜ルート終了。うーん、好きは好きなんですが、やや微妙。あまり深くなかったですね。
大将の青樺が青軍捨ててしまうのがなぁ。どうも責任放棄は好きじゃないのですよー。
あと、李琉舜と李暫嶺が仲たがいしたままなところとか。豪傑での「絆」が好きだったので…。
まあ、青軍捨てるのもオフィシャル同人(日々徒然)のサイドストーリー読むと肯定的にとらえられるようになりますが。

あまりにゲームが進まない…。
うん。陵辱ルートは後回しにしよう!
そうだ。そうすればいいんだ。
とりあえず全員のベストENDとグッドENDを見ることにします。
李琉舜終わったから、次は誰にしようかなぁ〜。
しかし、ゲームプレイ中にタイトル画面へ戻れないのが本当に面倒です。
タイトルに戻って初めからプレイしたかったり、回想録を確認したかったり、タイトルに戻りたいことが多々あるのですが。

すべてのベストENDを終えた後からプレイした李琉舜陵辱ルート。
史鋭慶に引き続き意外と普通でした。むしろベストルートよりもシナリオが自然な気もする。あと、甘える李琉舜が非常にかわいいです。甘々はいいなぁ…。
うーん、やっぱ公開羞恥が入ると微妙らしい。それ以外は別にいいんだけどなぁ…。そんな場面を偶然見かける一般人の立場になってみろと苦言を呈したくなるのですよ…。他人様に迷惑かけるのは良くないです。ヤるんなら、絶対に見られない・見つからない場所でヤれ、と。
でも、やり返しを宣言する李琉舜に萌え(笑)
END自体は好きな終わり方でした。しかし、END単体では回想に登録されないのか…。CGがないとダメみたいですね。


■燕旺珂
というわけで、早速燕旺珂にいってみます。あと、サブキャラで回収していないエピソードも取りつつ。

しかし、校延に引き続き、赭川主の声も微妙だなぁ。隷邪単宇は結構好きな声なので、余計にこの二人の掛け合い聞いているのがちょっとツライです。
あと燕旺珂の声もなんだか落差があるような…。メインキャラなのに…。初回特典CDの燕旺珂の私室編なんかはそれが顕著で。聞けたものじゃないとすら思いました。後半は慣れてきたのか結構普通なんですが。

各キャラルート毎に、青樺の予知能力に対しての解釈が微妙に変化しているんですね。
相手に示唆されて毎回力の意味に気付いているので、相手の考え方で解釈が異なっているのがおもしろいです。

燕旺珂ルート終了しました。
まあまあの萌えルートかな? グッドでは恋愛への移行がよく分かりませんでしたが。あと、ベストルートの中でグッドとの共通ルートが微妙に浮いている感があるのが気になりました。両方で使えるようなシナリオにするのは大変でしょうけどね…。


■氷霧
次は誰にしようか迷いつつ氷霧ルート。まあ、正体を知りたくて優先してプレイしたのですが…。やっぱだめだ。犯罪っぽくてダメだ。なんか子供をだましてHしてるようにしか見えないんですよー。それまでのふれあいはほのぼので別に良かったんですが…。SEXの意味を知らない子供に性行為を強いているのはマジで犯罪くさいです。せめて教えてあげようよ…。
お馬鹿さんってさぁ…。いや、いいんですけどね…。
しかし、なんで氷霧にはこんなにイベントが多いのでしょうか。燕旺珂なんてグッドとベストでバリバリ使い回しだったのに…。あのオマケシナリオをゲーム本編にしっかりと食い込ませて欲しかったなぁ。
ああ、やはり同意は必要ですね。同意があれば良いんです。前回のはもう淫行罪っぽいのがどうも…。
ベストENDのラストの持って行き方が微妙…。安直というか、なら最初からそうしろというか、あれだけ長い間迷っておいて瞬時だなおいだとか。
他キャラのイベントは一切見ず、既読イベントはすべてスキップ、つまり氷霧独自シナリオのみを読んで、1キャラにつき4時間くらいかかりますね。ちなみに全ENDを含めた時間です。キャラ多いからだんだん疲れてくる…。
毎回最初からプレイしているのもその要因なのかもですが。もう武器は買い尽くしたので、次は使い回しできるようなデータを作ろう…。

日々徒然は結構良かったです。氷霧の意志が現れているところとか。


■朱緋真
では、彰欄が気になるので朱緋真ルートへ。もうここまでくると、攻める順番は一定です。11節で燕旺珂へ行く最短ルート。ちなみに毎回主要キャラは仲間にしています。戦力的にもおいしいので。

必須イベントではないかもなのですが、最初の朱緋真イベント「仲良くやろうぜ」の発生条件がやっと分かった…。「花吹雪」>「仲良くやろうぜ」なので、貴沙烙ルートに入っていないこと。だから、辞丹での燕旺珂の好感度アップイベントが必要なんですね。辞丹での「酒盛りでのいざこざ」を好感度アップで通過した時点で、蓮蕎原の「野宿を嫌がる貴沙烙」のイベントマークが消えるので、つまりそこで貴沙烙ルートは途絶えたということ。よって、23日に「花吹雪」が発生せずに「仲良くやろうぜ」が発生する、と。だから燕旺珂を仲間にするのが絶対条件なのか。燕旺珂を仲間にしないと辞丹でのイベントは発生しませんし。
微妙に面倒な条件だなぁ…。その前に好感度分岐でも出しておけばいいのに。

戦闘シーン、右クリックで早送りできたのか…。こんなに早くなるとは…。ものすごく損した気分です。これでだいぶサクサク進められますね。今更ですが。

しかし、朱緋真ルート。彰欄が多少は活躍するのかと思ったら全然なのですね…。大人Ver.の彰欄を期待していたのですが…。
特に思い入れもないままあっけなく終わってしまいました。
最初の3人以降はほぼ萌えもなく一辺倒でちょっと悲しいな…。その3人なら貴沙烙>燕旺珂>李琉舜という萌え具合でした。李琉舜がなぁ、期待していたわりにはなぁ…。


■孟元堅
別に、史鋭慶でも良かったのですが、もう一度豪傑ルートをプレイすることを考え、史鋭慶は後回しに。何故かはわからないのですが、初回プレイ時に安瑞嵐のイベントが途中から起こらなくなってしまったのですよね…。それだけプレイすれば終わりです。それやってから史鋭慶でコンプにしようかな?
ああ、全キャラの陵辱ルートもあるのか。まあ、まとめてとばし読みすればいいや。
でも、もう氷霧の薬も全部そろったので、戦闘は一切していません〜。買うものないし。
楽で良いですね〜。清州に軍団置いたまま出陣繰り返すだけでOKというのは。

元堅ルート微妙だ…。キャラ自体は好きです。でも、カップリングに萌えがないよー。実力行使かよー。展開早っ。
やはりおっさんキャラのカプは苦手らしい。でも、それ差し引いても微妙な行為なんだよなぁ…。
冷たい水の中で良くほぐれるなぁ。潤滑剤もないし、あっても水にさらわれて流れるだろうし。7月の水なら暖かいのでしょうか。
まあ、その後の展開はそれなりに萌えで燃え。
ていうか、元堅ルートだけは作戦会議2で終わるんですね…。どうりで展開が早いわけだ。
なんとなく比較的CGが普通?
と思ったら、やはりエンディングCGはポップでした…。元堅の顔がまったく違いますね。なぜベストEND&グッドENDのCGは他の物に比べて総じてポップなんだろう…。絵柄、違いますよね…。これが製作期間のせいなのか…。
でもって、ベストENDなのにまったく回想&CGが埋まっていない…。なんか、元堅ルートだけ不思議な作りしてるんですね。
グッドルートならまだわかるかなぁ。ベストルートは本当に展開が早すぎた。


■バッドEND・他
ずっと避けて通っていた陳軍捕虜シナリオです。
陵辱はあまり読む気になれなかったので、クリック連打で超とばし読み。
バッドから通常に戻るルートに萌えたー。遭遇→再会の流れに。萌えどころ間違ってます?

豪傑再プレイ中。安瑞嵐のエピソード回収のためです。
2周目以降に豪傑プレイすると、史鋭慶サイドの話が増えているんですね〜。見落とす所だった。
裏側の話は好きです。史鋭慶と李暫嶺のコンビも良いなぁ。


■史鋭慶
ようやく最後に史鋭慶。
ああ、ここでも李暫嶺は死んでしまうのか…。あのコンビは好きなんだけどなぁ…。
しかし、史鋭慶を最後に残しておいたのは大正解でした! 楽しいルートだ〜〜♪
あまり興味を持てなかった3ルートが最後だったら、帝国の印象がややランクダウンしてたかもなぁ。
なんか、史鋭慶ルートの青樺の顔グラフィックがかわいいですvv 上目づかいのヤツとか好きだなぁ。
このルートのみ青樺が前向きでよいですね〜。自分の力の意味にも自分で到達しましたし。
日々徒然をパラ見して、史鋭慶が思いこみの激しいタイプなのは分かっていましたが、実際見ると微妙だなぁ…。なんか危ない人っぽくて。余裕が欲しいです。まあ、でもぎりぎり萌え。

陵辱。まあ、意外と普通でした。普段から危ない人ですし。あと、公開羞恥プレイ(?)みたいなのがないのも良いです。人目のない場所ですからね。
貴沙烙は野外羞恥が多くて微妙でした…。野外は萌えない…。というか、そんな所でするのは周囲の迷惑だから止めろという気分になるのですよ。
初っぱなの陵辱がそれだったし、李琉舜の陵辱もイベントCGの紹介でそれ系なのがわかっていたから、それ以降陵辱ルートプレイする気になれなかったのかもなぁ…。
しかし、身体に傷をつけるのは好きじゃないです…。


posted by 臣 at 10:35| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa