2006年10月29日

Lamento 2周目(アサト)

以下、Lamentoのプレイ日記です。2周目。
相変わらずただの雑感、というか覚え書きです。レビューにはなってません…。
ゲームのレビュー自体は→コチラ 攻略は→コチラ

※システムに関する部分は薄字にしてあります

総プレイ時間7時間くらいなか? もちろんセーブから既読スキップ使用で。
そして、今回はオートは不使用。

既読判別、どうなってるんだ…。
別選択肢選んで、内容が変わってるのに、スキップされたままというのは…。
同シーンで、ライかアサトか違う時に、一緒の判定にされることが多い気がする。
基本的にはかなり細かく判別されてるっぽいのになぁ。

しかし、バルドルートに入るつもりだったのに、無理だったか〜。
楽しようとして、かなり直前のセーブから始めたのですが。
うーん、ライの好感度あげすぎ?

アサトルートは入るの簡単ですね。
やっぱライのが好きかなぁ。あのギャップがよいですよ。
わんこ攻めはそこまでひいきにしていないというのもありますが。

今度はオート使っていません〜。スキップ多用することになるでしょうし。
オートじゃないと早い早い。

いちゃつきぶりに切れるヴェルグが良いです(笑)

うーん、ライの後に見たせいか、なんだか設定がかぶってるような…。
しかし、2周目はホントにさくさく進みますね。スキップですっ飛ばせるのは楽です。

猫、いいですね…。ホント、こんなにいいものだとは。新たな属性…って、実際は前からですが。
発情期やら毛づくろいやらといった設定が最高ですよ!
ああ、あの雑誌で見たバルドのブラシかけCGが見たい〜〜!!
ホントはアレ目当てで、2周目をバルドルートにしようと思っていたのです。

意外にも、ある意味ダークな結末に驚き。
ライルートみたいに、歌うたいが何でもしてくれるのかと思ってました。
てっきり右腕も復活するかと。

前回も思いましたが、後日談のピンクは象徴的なくらい鮮やかで良いですね。綺麗。
しかし、この二匹は…。
ヴェルグだけじゃなくて、カガリにまで言われるか(笑)
良いばかっぷるになりそうです。

相変わらず後日談が長いのが嬉しい…。音楽の盛り上がりからして、そのままエンディングへ行ってもおかしくなさそうなので。
と思ったら今回はそこまで長くもなかったか。まあ、こんなもの?

次はバルドです。その後に細々したBADを拾うかな〜。


11/23追記
シナリオ差分&バッドEND回収中〜。
アサトはあまり選択肢の差分もないですね。ほぼこのバッドENDのみか。
攻略作成時の確認の際、ちらっと読んでいたので、特に感想はなし。
触手はそこまで心惹かれるアイテムではないらしい…。


posted by 臣 at 23:43| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。