2005年06月24日

怪盗ジェイド 秀一郎・ジェイド

(攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

■秀一郎
このゲーム、かなり初期段階から各キャラルートに別れるんですね〜。それもまた短いんですが。
そのせいもあるのかも、イベントCGが少なく感じるの。
「共通ルートから最後に分岐」という方法の方が、長時間を個別よりも少ない枚数のCGでまかなえるし、余剰分をキャラルートに回せるから、お得な気がするんだけどなぁ。
秀ルートに入ったら魔法のカケラもなくなってびっくり。
全体のイメージは統一されてた方が好きかも。

塗りがたまにマリンハート風になるのはなんでだろうなー。
ちょっと問題なゲームかもしれない…。声優だけが無駄に豪華(そして、使い切れていない気が)。
これ、新品で買って損したかも…。中古で充分だわ。
まだ2人目ですが、残りもこういうふうに安直に進んでいくのかなぁ、と思うと…。
声優好きな人にお勧めなゲームなのかもしれません。反対に、ごくたまにしか声優に興味持たない私のようなプレイヤーは…。
シナリオがひどいせいでキャラ萌えもしにくいし。

なんで話をはしょるんだろう。わざとか?と言いたくなります。こうも必要であろうシーンを飛ばされると。いつの間にか恋人同士に。
秀ルートは紺野ルートより長いかも(それでも最初スキップして2時間弱程度ですが)。イベントCGも若干多いような…。
キスシーンにCGがあるだけでだいぶ違うと思うのですよ。

怪盗登場のムービーはスキップさせて欲しいなぁ。
秀にもリバがあるんですね〜。でもこっちのが納得。秀が譲ってくれて良かったね〜。
紺野ルートよりは真が男前になっていてよかったのですが、やはりいかにもな受けが攻めにまわるのは苦手らしい。リバOKなのは対等なカプの時ばかりなので。薔薇薔薇は良かったなぁ〜。

ところで、グッドエンドは笑いどころで良いんですよね?


■ジェイド
3週目はジェイド狙いで。
どうも秀ルートだけ特殊だった様子。ジェイドは紺野との共通ルート多かったので。
ユキルートと共通なのかな。
笑いどころなのか真面目なのかわからない、ジェイドがなんか好きです。
登場するたびになんか笑ってしまうので。

おお、ジェイドルートは長いですよ。ということは、ユキルートも長いのか??
今までと比べて、しっかりした中身があります。後半結構おもしろい。
想像していた怪盗モノに近いからかな?
まあ、さすがにパッケージに載っている二人ということか…。
いわゆる真相ルートがこのジェイド・ユキで、あとのキャラはオマケという感じなのかも。

すごくどうでもいいんですが、ノックの音が素早く4回というのがせわしなくて嫌。素早い2回くらいがいいです…。

ユキとジェイドの2者択一がちょっとツライ…。
ジェイド狙いでずっと来ていたんですが、ユキがかわいくて…。振り切るのが可愛そうですよ。

ユキの喘ぎ声が…。いつものテノールのままのがいいんですが。なんだ、あのかん高い声は…。
あらー、ノーマルEDだ。選択肢が多いからどれのせいかわからないや。とりあえずさかのぼることにします。どうやら泥棒はやめさせないのが正しいみたいだけど…。

かなり序盤が間違っていた様子。窓を見なければいけなかったようで。まあ、ユキに優しくしてたのも問題なのですが。
ようやくハッピーEDに到達できそうです。

またもや即答したら真が攻めになっちまった(笑)
でもこの展開なら違和感なく笑えるからOKです。紺野ルート時の攻めだけは受け受けしくて…。このルートは声も低いままでなおさらgood。やはり男前でないと。

終了〜。ジェイドは長かったなぁ。3〜4時間くらい? 途中で寝ちゃったからわからないや。
たぶんEDは回収し終わったので、ユキにでも行ってみるか。
posted by 臣 at 21:52| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。