2007年07月29日

鬼畜眼鏡 克哉×本多・果実

ゲームのレビュー自体は→コチラ
攻略ページは→コチラ

ラスト。本多受けです。
本多攻めの時に見たシーンが続いたので、スキップ続きでした。
苦手だったシーンが飛ばせるのが嬉しい。しかし、短く感じるなぁ。
松浦の眼が細くて笑った。糸目がだんだんかわいく見えてくる。
相変わらず本多ルートは、ノーマル克哉が鬼畜気味。

鬼畜Ver.での本多ルートは爽快で良いですね。相手がくじけない+暑苦しいので、どれだけ責めてもかわいそうになってくることもないし。
しかも、他ルートに比べて理不尽さがない。何よりも本多が怒らせているからなぁ。
本多の鬼畜ルートはどうなるかと思いきや、好みだったノーマルルートと似た感じなのが嬉しいです。

まあ、毎回毎回思うのですが、まったくの前戯なしに突っ込むのはどうかと思うのですよ。
丁寧な描写はなくても良いけど、どう読んでも何もせずに速攻で突っ込んでいるようにしか見えない。
その状態で、どうやって入れているんだ。

慟哭が良いです。その後の重なった回想も。

なんて自然な鬼畜ルート。これも予想外。他キャラに比べて、一番鬼畜ルートでシナリオが自然です。
鬼畜Ver.は恋愛ENDにしようとすると、ムリヤリこじつけになりかねないからな…。
これは良い感じの融合。本多は、ノーマルルートが鬼畜っぽかった分、鬼畜ルートでの鬼畜っぽさは低めでしたが。
ポジティブ相手じゃ仕方ない。
そして、受け攻め論議に吹いた。

しかし、鬼畜度あがりすぎてバッドに行くかと思いました。ギリギリセーフ。というか、選択肢依存のみ?

ある意味、鬼畜ルートでは本多ルートが一番良かったかもなぁ。
何よりも、眼鏡を外しても元に人格に戻らないことに、克哉本人が後悔していない。やはり、元の人格を消した感じがしないからでしょうか。
そして、Mr.Rの引き際の良さ。なんだか今までで一番だったような…。完全体?

エピローグも良いですね。これは良いツンデレ。克哉に過剰なデレは要りません。
その他グッド・バッドENDもどれも好き。


果実も全部見ました〜。

禁忌の果実
初果実。まさかこういう系だとは…。予想外でした。

禁断の果実
おお、これは克哉×克哉! オフィシャルでのなんかの紹介を見て気になっていたカプです。
なんかライフカード思い出しました。どうする?オレ?

腐った果実
なんだか一気にエロゲな世界へ。もしくは成人指定の漫画っぽいかんじ。
醜い中年がいるため、ダメな方は要注意。まあ、好きという人も少ないとは思いますが。
CGもないため、グロテスクな物がダメな人は見なくても良いのでは?

魅惑の果実
なんか心理テストでもやってるのかと思いました。疲れた。

誘惑の果実
くだらなくて大好きです。馬鹿だー!
シーンを開いた瞬間にコレは!と思いました(笑)
直前で暗転するかと思いきや、やっぱり始まるんですね。

記憶の果実
見られるようになりました。克哉がかわいい〜vv
でもって、Mr.Rの話はこれだけ? 単なる不思議ちゃんで終わってしまった…。

真夜中の果実
またもや克哉×克哉。嫌いじゃないけど飽きてきた。

最後の果実
これぞまさに胸焼け。連続で克哉×克哉。
誘惑みたいにアホなのがもう1つくらいあっても良かったかも。


posted by 臣 at 02:21| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。