2005年08月27日

花町物語プレイ中です〜

(完全攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

00:40
修業旅行も途中なのですが、今日届いたのでついインストールしてしまいました…。
うーん、まあおもしろい、のかなぁ?
相変わらずのシナリオですが、ちょっとだけ進化しているような気がします。説明臭さは変わりませんが、前作までよりもその度合いが結構減ったかな?
(…と思ったら、ライターさん前作までと別の方なんですね。通りで違うはずだ。納得…)
内容的には途中でやめずに一気にプレイしようという気にさせられるくらいの出来にはなっているんじゃないかと。まだ序盤ですが、今のところそこまでひどくはないです。…正直、これからの方がちょっと怖いのですが(特に各キャラと恋愛モードに入るとどうなるかが…)。

相変わらず、システムは素晴らしいです。前作のArtificial Mermaidとまったく同じシステムかな? 文句を付ける部分はほぼ無し。
最近プレイしたゲームは難点のあるシステムばかりだったので非常に快適。

絵はキレイ。でも、今回の立ち絵は若干気になる。顔がややつぶれているのはなぜだろう〜? 朱璃と和泉の顔が…。
あとほんのちょっと面長であるべきなんじゃないかなぁ。パッケージとずいぶん印象が違うんですが。うーん、違和感。立ち絵は重要だな…。

和泉が好きだー。咎狗のリンと同属性? ていうか同じ福山潤さんなので余計にかぶる…。声も好きだー。最近、福山さん好きかも。
無事、朱璃がだんだん緑川さんの声に聞こえなくなってきました〜。最初はかわいい系主人公by緑川には違和感だったんですが。まあ、耳が慣れてきたってことでしょうか。
しかし、緑川主人公に耳が慣れたと思ったら、今度は和泉の声のがなんか違和感っぽく聞こえてきたり。…難しい。
あ、いろいろ納得。朱璃の声が違和感なく聞こえる時はゲームのストーリーに没頭している時、違和感を感じるのはストーリーから逸れて緑川の顔を思い出してしまう時…。あの顔でこのあえぎ声か…と。声優さんには顔を出して欲しくないっすね。
声優には詳しくならない方が楽しめるのかもなぁ。普通に聞く分にはちょっと高すぎるか?くらいで終わる気もする。まあ、うるさいって言えばそれまでですが。

ちなみに修業旅行は半分弱くらいプレイしました〜。瀬永と滝のみプレイ。お手軽ですがちょっと中身は薄かったかな…。


8:33
1週目終了〜。徹夜で9時間くらいかかりましたよ…。途中、ちょっと寝てしまったかも?
和泉狙いで無事たどり着けました。朱璃×和泉なので、次はリバを…。
とりあえず、無難でおもしろいんじゃないでしょうか。
日本語が破綻しているわけでもなく読みにくいわけでもなく。
もともと設定に惹かれて購入したゲームですので、やはり好みですね。
キャラの個別シナリオは言ってしまえば安直ですが、王道な分まあ普通に楽しめるんじゃないかと。
ただ、古めかしい雰囲気に合わせたと思われる単語の数々がちょっと気にかかります。萌芽ってなんですかー。蕾はまだしも菊花ときたか…。
うーん、まぁまだ定価買いでもいいかというかんじかなぁ。
これからどうなるかわかりませんが…。しかし、長いよ。既に飽きそうだ。


12:07
もう和泉の空いてるCG回収するの嫌になってきました。リバエンドはないのか…? それっぽいCGある感じなんだけどなぁ…。
いい加減疲れたので、他キャラに行きます。最初から諦めれば良かった…。
あぁ、でもBLゲームに関しては最近寛大だなぁとおもう今日この頃。
システムの悪さとパターン的作業はハートナーハーツで鍛えられました。あれはシステムクソでしたが、かなりハマりましたよ。
咎狗でモテモテ受けにも慣れました。もう、BLではこれが普通かとさえ思えてくる…。
最近はシステムがいいだけで高得点あげたくなります。それさえあればかなり評価は甘いと思いかも…。
このゲーム、システムが本当に快適。無駄に長いのでスキップでもっと素早くとばせればいいのですが(それでもクソシステムのスキップとは比べものにならないくらいは早めです)。


posted by 臣 at 08:35| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。