2007年12月23日

新婚さん プレイ日記 脇カプ

『新婚さん〜Sweet Sweet honeymoon〜』のプレイ日記です。
2周目サブカップル攻略中な感じ。
1周目メインカプのみはコチラ→第一章第二章
レビューページは→コチラ
攻略ページは→コチラ


プレイ順にダラダラと。


■太一×修平

第一章最後の選択肢を変えたら、颯太郎が男前に!
こっちの皐月のが良いです〜!
選択肢が少ないせいか、少し変えただけでシナリオががらっと変わってるなぁ。
なんだかお得な印象。

『認めてやってもいい』…、かわいいいいい。
はるがかわいいですよ。
と思ったら、颯太郎があくどい…。
個人的には、『夜空に咲く花』よりもこっちの方がアリ。夜空〜はキスで終わっても良かったかなぁ、と。展開早すぎて。

今回、プレイ日記が多いですが、やはりそういうゲームだからかと。区切り区切りがはっきりしてるから、思ったことを書き留めておきやすい。基本は萌えと突っ込み。
ついコメントしたくなる萌えの種類ってありますよね…。
シナリオ重視のゲームだとシナリオ追う方に夢中になって、プレイ日記をなかなか書き留めておけないタイプです。
なので、その場合、大抵は甘々なシーンかエピローグ後にまとめて書く感じになってしまいます。
そのため、細かい部分は忘れてしまうし、共通ルートが長いマルチENDタイプだと、2周目以降の感想がかなり短い…。


なんか太一シナリオに入ったみたい?
犬がかわいくねぇ…! なんというぶさいく。

『お勉強会』での、ノート類が小さすぎる気が…。
え? チョッキはダメですか?? 私、てっきり今もある子供言葉かと…。
拒否反応は起こしませんでしたが、お子様攻めはやはりそんな得意じゃないかも。

『友情の形』ENDへ。なんでこんな展開に…。
いや、だからってなんでマジでヤるんですか。

あ、おたのしみがオープンしてた。太一×修平のみ。
でも、全カプそろってから一気に見ることにします〜。


■斎×円佳

あ、綾瀬シナリオ開けたかも。最初の選択肢で、文化祭どうするか含めて、どちらに転ぶか分岐するんですね。
ようやく斎に対して冷たい円佳というシナリオが読めました。
このシナリオ開いてないと、文化祭での地文が変になりますね。
あれ?ルート的に、向こうのがおかしくないか?

こっちのルートの皐月は良識的。そして、颯太郎がアホ。
斎のダメ親父っぷりも顕著。

サイコーだ! タチだったか! やっほーいな気分〜vv
ああ、ステキすぎます、円佳さん…。最高に萌え。
服装は単なる美意識とか。

イベントCG、入った後に微妙に変化したっぽいんですが、全然根本まで入ってるように見えないです…。
変える必要なかったのでは。

で、七年前のはただの逃げだったってことで良いんでしょうか。
そこら辺も補完して欲しかったなぁ。
『不器用な大人達』のシナリオだと、斎が応えただけって感じなのがなぁ…。設定としては理解出来ますが、もう少し傾いている感が欲しかったところ。まあ、綾瀬が良いならいいんですが。

選択肢によって颯太郎×はるのHシーンがガラっと変わるのですね〜。おもしろいです。
ていうかかわいいよ、はる。逆ギレ逆ギレ。

『七年越しの恋』END。
最後の最後で、円佳のギャップに吹いた。
方言は卑怯だ!(笑)


■颯太郎×はる

『好きということ』のイベントCGのはるがかわいい…。
でもってその後が…vv 教授からの歩みより…にしては最低の声かけですが。
七年越しの恋ルートの時は、円佳が一方的に歩み寄った感があったので嬉しいです。
ツンデレツンデレvvv

犬の表情が豊かでホント楽しいですね。
「なんやの、自分ら。いちゃいちゃしおってからに」の時の嫌そうな顔が…。

恋愛を知らないはるで、うまく心理描写したなぁという感じ。
たまにすっぽ抜けますが、基本的に丁寧に書かれているので、その推移もちゃんと分かります。
第一章での颯太郎×はるは4パターンあるので、それを全部見るとさらに好感度アップ。

もう一つの文化祭シーン。斎×円佳ENDの時は見られなかったので最初にして最後です。
ピンクのクマが超シュール(笑)
ああ、文化祭はこっちのシナリオの方が好きだー!
斎と円佳は仲直りしてるし、カフェでの話は楽しいし。皐月は良い子だし。
『夕陽色のキス』は、ホントに百合みてるみたいでした。


最後に第二章から、『新たなスタート』END。
エピローグでの太一の成長っぷりが良い感じ。小田切は急に老けたな…というより、ちょっと顔の輪郭変ですよ。
バッドENDかと思ってたら違った〜、というより基本的にバッドENDはないんですね、このゲーム。
『友情の形』も未来がありそうな終わり方だったし。


■etc

これで「おたのしみ」を全部開いたら終了です〜。

斎に吹いた。まさに「バッカじゃない?」ですよ。しかも、すごい自慢げだし(笑)
もちろんどっちもどっちですが。

あー、楽しかった!
あ、そういえばオフィシャル特典の『ちょこちょこっとはにーむーん』があるんだった。見てきます!

うーん、至って普通な内容でした。
ホントに颯太郎の日常って感じの。面白くはありましたが、短め。
ちなみに専用のイベントCGは1枚のみ。

ここまでの総プレイ時間は25時間くらいかなぁ。一部のHシーンや皐月のがなり声など、タルくなった部分以外はすべてボイスを聞いています。
ああ、評価に迷う…。★4.5にしようかしまいか。

それにしても、やれば出来るものですね。1週間に1ゲーム攻略。
もちろん、熱中できる内容かどうかにもよるのでしょうが…。
2日間PCの前座りっぱなしのせいか、腿が痛くなってきました。
こうなったら、メイド★はじめましたも、今年中にコンプしてやる!
……一番の問題はちゃんと今年中に届くかなんですが。Amazonじゃ…。
 


posted by 臣 at 20:46| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa