2007年12月31日

メイド★はじめました プレイ日記+攻略

メイドはじめました、プレイ日記です。
途中でやる気が減退したのもありますが、結局2007年度中にコンプは出来ませんでした。
攻略ページ作成したので、追記消しました→レビュー攻略
(※コンプしました/残っていたのはエピローグでした…)

瑪瑙×律ルート、まだ残ってたので選択肢を色々変えてみています。
一応の条件判定のために、バッドは残しておこうかと。
あ、前回のEND、そういえばHシーン無かったな…。見たのはグッドENDだったようです。
しかし、Hシーンの効果音が微妙すぎる。

こっちのルートはちゃんとエピローグがあるのか。ベストEND?
なんか変なルート通ってしまったせいで、ものすごいすっ飛ばし感だったんだなぁ。まあ、チープなことに変わりはないんですけどね。
ていうか、誰ともお別れの挨拶とかしないんですか。
あんだけ世話になっておいて…。


んで、最初から。
翡翠×琥珀ルートです。

初っぱなから誤字脱字…。#が出てきたのにはビビりました。
回想シーン、イベントCGでは翡翠も若いのに、声が渋いままで…。

ちなみに2日ぶりのプレイ。いやー、前2作が週末だけでコンプできたのは、熱意とそれを支える内容があったからこそだったんですね。中身って大事ー。
なんかたるくなってきたので、オートモードやめてメッセージ最速にして音声全部は聞かずに進めています。はやいはやい。


石榴×珊瑚ルート
今まで主人公が通ってきたシナリオを別主人公の視点から見られる、視点選択っぽい感じは面白いです。
クロスオーバーとかも好き。

いまさらながら、主人公の私服立ち絵はどうにかならんものか。ひどい格好だ。

珊瑚ルート、最初は良い感じかもと思っていたのに、珊瑚が予想外にうざかった。残念。
終わってみればかわいいんですけどね。

あいっかわらず、展開はやいなぁ…。なんでいきなり…。
なんだか昔よく見たあほあほ系のBL小説みたいだ…。
心理描写とか過程とかをもう少し…。それかもっと突き抜けた方のがまだマシ。
森本あきさん、こういう感じだったっけ?
昔、読んだことあった気がしたのだけど。
まあ、最近よく読む人とは傾向違う作家さんではありますが…。

健太郎×圭一ルートはノーコメント。急に出てきてビビリました…。
もう少し本シナリオ内で関わっても良かったなぁ。
でも、一番受け側のキャラで良かったのは圭一。最もしっかりしてましたよ。天然が多すぎてもちょっと…。

水晶×北斗ルート、個人的にはパセリのシーンが北斗視点で見られるかと思っていたのですが、とってもすっ飛ばされて残念。
回想であったのはちょっとうれしかったですが、あの場を見たかったなぁ。

そういう手法なんだろうけど、伏線とかではなく、ゲームでネタ晴らしを後にされるの好きじゃないです。
効果的なものとそうでないものがあると思うのですよ。今回のは本当に後回しにしただけの意味のない構成に思えて…。すっきりさせてからHシーンに行ってくれ。
しかもそういうの確か2〜3回目な気が。

最後の津田の惚けた顔が良い感じ。でも、秘書な北斗の方がやっぱ好きだったよ…。緑川さんの声的にもぶり入っちゃったし。ぶり声やめてー。

プレイ時間は初回の瑪瑙×律で4時間半(オート&ほぼフルボイス)、2周目以降は途中からメッセージ最速で、4時間半くらい。
合計9時間のお手軽ゲームでした。
買うんじゃなかった…。
これは久々の★3つゲームかなぁ。うん、その辺で良い感じかも。


posted by 臣 at 23:58| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa