2005年10月13日

花町物語 朔弥プレイ完了

(完全攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

うざい…。朔弥に対して、追い縋る女モードの朱璃がうざい…。気が強そうなのとか、しゃっきりした子の方が好みなんですよねー。だからこのゲームの中では和泉がマイベスト。主人公、もうちょっとしっかりしてくれ。
ちなみに今までで一番好きな受け主人公といえば、王レベのカナンだなぁ(この子は攻めにもなりますが、まあセレカナな人間なので)。強気…というのもまた違って、一本筋が通っているところが非常に好み。ある意味非の打ち所がない良い子ですね。

うーん、そもそもここまで女々しい主人公も今までプレイしてきたBLゲームの中では珍しい方か? 今までのはここまで受け受けしく無かった気がするなぁ。
あ、あった。なよなよ受けがうざい主人公、『シルバーカオス2』
………同じメーカーじゃん。ライター変わっても傾向は同じなのか?
あ、そういえば弄り遊戯もなよ受けだな。苦手ラインだ…。
緑川さーん、今度から受けやるときはもうちょい低めの声でお願いしますー。かわいくしなくていいですー。男前な受けはかっこいいですよ? 和泉は男前だ。
たまに出てくる柔らかいテノールで統一して欲しいなぁ。あの声なら好きなのですが。

エピローグ、朔弥かどうかが判別できないっす。あ、2枚目の顔はまだ朔弥っぽいか? でもって、朱璃は見世に出たことはあるんでしょうか?
なんとなくおもしろい気もするのですが、シナリオの浅さは相変わらずな気がします。薄っぺらいとまではいいませんが、読ませるシナリオにはまだまだ到達できないという感じですね。

バッド回収のため一つ一つさかのぼっていたらフラグミス発見…。先のHに巽は参加していませんよー。他のEDのシナリオなんだろうか。それとも共通? 書き忘れっぽいなぁ。
結局、バッドEND3種類あるけど、2つが同じ結末だからって同じシナリオ使ってるっぽい。しかし違うルートなので内容に齟齬が…。

とりあえず、暫定的に攻略ページをアップしました。
和泉と朔弥の後半部分のみです〜。
2人攻略したことでようやくこのゲームの攻略方法が解りました。うーん、どのキャラを1ルートにまとめて攻略すべきかは、やはり全員終わった後で考えた方がいいのかなぁ。
まず、場所選択で五十嵐・各務・将人の選択肢がかち合うので、最低3ルート。
あとかち合うのが、和泉・朔弥、梶山・朔弥、梶山・和泉、将人・巽、和泉・将人、和泉・巽の6パターン。
なので、大丈夫か解らないけど後はシナリオの組み合わせ的(適当)に、朔弥・各務・巽/和泉・五十嵐/梶山・将人かなぁ?
とりあえず、和泉・五十嵐ルートから検証してみます〜。


posted by 臣 at 11:00| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。