2005年10月16日

花町物語 各務ルートコンプ

(完全攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

やはり、もしかしたら私は巽が好きなのか? 普段の冷酷バージョンではなく、どこか人間くさい巽が。やっと征士郎さんに恩返しができる…とつぶやく巽が好きです。
基本的に鬼畜眼鏡系のキャラはあまり好みではないのですよ。方々で出現しているタイプですが、冷酷無情〜なタイプばかりで。しかし、人間らしさが加わると一気に好みのキャラになります。ちょっと自分でも不思議なライン。
あぁ、ていうかそもそも巽の声が好きなのかもな…。森川さん? 今までどこで声あててる人だったっけなぁ…。

うーん、ちょっと展開がムリヤリ? “酷いこと”を置き去りにしたまま「私に幻滅したかい?」って言われてもなー。面影云々はわかるんだけど…。シナリオの持って行き方がちょっと下手。

各務ルートの朱璃の声はずっとダミ声で嫌だ…。ちょっと前まではそんなこと無かったのに、親子っぽくなってからずっとあの微妙な声だ…。かわいい声、出そうとしなくていいです、マジで。柔らかいテノールくらいで押さえてもらえると、精神衛生上ありがたい…。

シナリオの展開の早さは相変わらず…。もうちょっと前振りみたいなものはないんでしょうか?
あ、もう終わった。征士郎ルート、中身がない…。選択肢も他のルートの比べてえらく少なかったです。五十嵐プレイした後にこれだとなぁ。
たぶんハッピーENDだろうに、過去も全く解明されていないし。これでいいのか? たぶん他のENDで色々わかるんだろうけど、ハッピーENDなんだからもう少し内容を作ってくれ…。
そして、ハッピーENDその2に到達。これは選択肢的にはグッドENDなのかなぁ。でも先ほどのハッピーENDよりもこちらの方が展開として素直でいいと思うのですが。

バッドENDプレイ中。幸也に対しての“酷いこと”はまあ目に見えていたのですが、この設定はハッピーENDではどうなっているんでしょうね〜。性癖なんて変わらないものでしょうに。そう思うとどのルートもダークな気がする…。ハッピーENDでもうちょっと過去を消化させた方が良いと思います。中途半端。


アリスソフトのHP見てたら、大悪司がプレイしたくなってきた…。やはり好きなゲームですね。大悪司の鬼畜っぷりは好みな鬼畜です。どこでどう区別すればいいのかわかりませんが…。エロゲー的無差別、とでもいうのでしょうか。
でも、大悪司は調教シーンとかがハードなだけで、BLで言われているような鬼畜ではない気がするなぁ。
BLで鬼畜とされていそうな、ヘヴンの中嶋・好きしょの水都・花町の巽みたいな鬼畜タイプはどうも好きになれない…。愛着があるかないか見えない位置で痛めつけるのはキライです。中嶋はそこまでひどくないのでボーダー。なので、この中では中嶋が一番好き。
ただし、巽が鬼畜ではなく人間くさいバージョン(巽ルートの時とか)の場合は一気にトップに躍り出ますが。…そしたらもう鬼畜じゃないか?
BLだと必ず鬼畜行為をされるのが受け主人公なのが原因かも? エロゲの鬼畜主人公は好きです。きっとBLでも攻め主人公が鬼畜なら問題ないのでしょう。鬼畜する側の感情もわかりますしね〜。感情がある程度透けて見えた方が好きなのです。


posted by 臣 at 20:12| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。