2005年10月18日

花町物語 将人・梶山プレイ中

(完全攻略とレビューは本家の方にアップしています〜)

■二階堂ルート 
将人ルートプレイ中にいきなり緑川さんのあえぎ声が聞こえてびっくりしましたよ〜。Hシーンだったとはいえ、ト書きがずっと続いていた所だったのに…。ボイスの指定ミスなんでしょうが、心臓に悪いです…。

ところで、猫に人間用の薬あげて良いんですか? 下手したら動物愛護団体に虐待だって言われますよ…。いや、もしかしたら問題ないことなのかもしれませんが。うーん、まずいと思うんだけどなぁ。

将人ルートはまあ普通におもしろい、のかなぁ。淡々とそしてたるく進んでいきます。
相変わらず、服装が替わると誰かわからん。眼がほとんど同じだから…。
そしてなぜ将人ルートだけ、エピローグが回想的。
ルートはともかくとして、将人はなんか微妙に好きだ。

やっと最後のENDが見つかりました。しかし、まだ将人のCGが埋まっていない…(埋まったのはむしろ巽だし)。
うーん、あと何があるだろう。まぁ、もしかしたら巽の方でとれるかもしれないので、後回しにしておきます。
このEND、便宜上バッドENDとしましたが、スタッフロールが流れるので名称に困る所です。ハッピーじゃないしなぁ。


ホントは梶山より先に巽プレイしたいんですが、より良いシナリオ展開のためにはしょうがないので梶山から…。
巽ルートでは梶山ルートを思いっきり(バッドの方向で)通る予定なので、だったら先にハッピーEND見ておいた方が良いだろうと。
しかし、さっさと終わらせて次にいきたいです。さすがに何周もしてると飽きてきました…。最後に予定している巽が萌えルートでありますように…(じゃないと救われない)。


■梶山ルート 
梶山ルートの朱璃は別人ですか? まさかとは思ったけど、お礼がコレとは…。こうまで人格変わってどうするよ。
しかし、すごいルートだ。これじゃ朱璃が淫乱だと罵られても仕方ない気がする…。

ところで、天幸の元ネタはちょっと前のテレビでしょうか? 時期が違ったかなぁ。
明治時代の実話ですよね、これ。すごいネタくさいけどマジ話。
明治になってから斬首刑は禁止になって、初めて絞殺刑を用いたものだから、死刑執行の管理官も加減がわからなくて、まだ気絶してるだけの状態で縄をはずしてしまったというヤツ。
そして、墓に運んでいるうちに蘇生してしまってあら大変。
また殺すべきか? いや、一度は死んだんだ。じゃあ、誰の責任だ!? 違う! これは神のお恵みだ! よし、お前は既に死刑は受けたのだから無罪放免だ!
← 
というわけで、天幸。こんなふうに蘇生した人がその時期山ほどいたらしいですよ。
でも、こんなネタ、ちゃんと説明しないと意味不明ですよ…。
朱璃がいるんだから、そんなことがあるんですか?とでも尋ねさせたらいいのに…。

巽の発言が意味不明。初めての客はもう決めてあると発言したその日の夜に、朱璃が朔弥の名代で客の相手をしているってのがなんか変なんですが。朱璃用に上客を見繕ったんじゃなくて、朔弥の代理? それともこれは会話のみHなしとかそういうコース? 遊郭にそんなコース制度があるんでしょうか…。本気でよくわからん。
初めて客の相手を務めたんだろうに、直後の朱璃の態度は至って普通だしなぁ。「疲れた」の一言で片づけられましたよ(例の会話のみコースならまだわかりますが)。
他のルートでは他の人のお相手は怖い…みたいな状態だったのに、このルートの朱璃はかなり慣れてるんでしょうかね? あまりに態度が普通なので、相手をしたという1文を見落とす所でしたよ。

で、朱璃は自動的に相手を好きになっている…というのが一番わからない所ではあるんですけどね。裏設定になるほどな〜とは思ったものの全体的に見て微妙。両親殺されたことすら忘れていたからなぁ。なんともはや。人形はあまりに伏線バリバリだったので嫌でも気づきましたが…。
今までで一番中身のないルートかも? ただただHだけが中心にある…。各務も中身はなかったけど、エロ中心ではなく短いだけまだマシでした。
梶山ルートは中身ないのに長いよ…。いや、中身がないから長く感じられるのか? 

二階堂ルートと同じような回想的エピローグ…、なんだこの共通点?
あ、でもちゃんとエピローグがありました。一安心。
しかし微妙なエピローグだ。結局中身のないまま終わってしまいました。あとはバッド回収で梶山は終わりだ〜。あれ? 行き詰まった。総当たりしたんだけどなぁ。仕方ないから巽ルートからの分岐使うか…。


posted by 臣 at 16:20| Comment(0) | ◆ゲーム (BL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



育児ログ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。